保育士試験実技の造形表現―豊かな表現のコツ

造形表現の練習はどうやる?

造形表現の練習、進んでいますか? しばらく練習してみると様々な疑問が出てくることと思います。どうしたら「いきいきとした動きのある表現」をすることができるのでしょうか?

ポイントは、顔の向きや表情、そして関節の動き。全員が異なる表情、動きをしていると、いきいきとした表現になります。それに、背景によっても、まったく印象が変わってきます。平成23年度に48点で合格した受験者さんの、練習作品を見ながら考えていきましょう。

こどもの さまざまな表情

  • 10作目 おにごっこ

にぎやかに逃げ回る子、追いかける子、それぞれが違う方向を向き、異なる表情をしています。風になびく髪も、スピード感が出ていますね。

onigokko

10作目『おにごっこ』

  • 12作目 着替え

保育者に服を脱がせてもらうとき、たしかにこんな顔になったりします。

kigae

12作目『着替え』

  • 14作目 お昼寝

寝顔にも、さまざまな向き・表情がありますよね。3人のこどもを描く場合、仰向け・横向き・うつ伏せと、異なる体勢を描くと良いと思います。

ohirune

14作目『お昼寝』

  • 32作目 おりがみ

「どうやるの~?」「こうやるんだよ!」「せんせい、やってー!」と、こどもたちのかわいい声が聞こえてくるようですね!

origami

32作目『おりがみ』

  • 41作目 かけっこ

「やったー!1等賞!」の笑顔と、2番目のこどもでは、たしかに表情は異なりますね。

undoukai

41作目『運動会』

さまざまな関節の動き

  • 1作目 ボール遊び

ひじ・ひざの関節がなく、直線になっているため、ボールを投げる・キャッチする・追いかける等の躍動感が感じられないですね。

ball

1作目『ボールあそび』

  • 10作目 おにごっこ

1作目と比較すると、こちらはひじ・ひざ・手首・足首の関節が描かれています。また、全員がちがう動き・表情をしていて、にぎやかで活発な遊びの瞬間をとらえた表現になっています。

onigokko

10作目『おにごっこ』

次のページでは、背景による印象のちがいを見てみましょう。

保育士試験実技の音楽表現…ピアノ伴奏の練習法

piano

ピアノに夢中になるとキケンです!

保育士試験における「音楽表現に関する技術」とは、具体的にどのような技術を求められているのでしょうか?

今回は、音楽受験者が陥りやすい間違った解釈について例を挙げて解説します。「保育の技術としての音楽」について正しく理解して、的確な練習をしましょう!

「歌が苦手だから伴奏を頑張ります!」は危険

歌に苦手意識がある、または音楽初心者である人ほど、伴奏は簡単なものにしなくてはなりません。

「なぜ? 歌もピアノも下手では不合格になってしまうのでは? 歌は苦手だからせめてピアノ伴奏を頑張れば、ピアノの部分点くらいはもらえるのでは?」と思うかもしれませんが、この考え方は試験の目的からすると、完全に逆でま。

この試験は、保育園の幼児に「歌を聴かせる」試験なのです。何があってもこの目的から外れてはいけません。試験の目的から外れるほど、演奏の評価は低くなります。

具体的に考えてみましょう。

歌に苦手意識のある人が、複雑なピアノ伴奏を選んでしまうとどうなるでしょうか? もともと苦手な歌が、ピアノに気をとられて、ますます歌えなくなります。すると、ピアノ伴奏ばかりが目立つ演奏になり、「あれ? 歌は? 歌がちっとも聴こえません」という評価になるわけです。

これで合格!自分の歌唱力に合ったシンプルな伴奏

では、どんな伴奏が評価されるのでしょうか?

それは、「歌が最前面に聴こえ、その背景でピアノやギターがささやかにサポートしている」、そんな風に聴こえる伴奏です。出しゃばらず控えめな伴奏が、聴き手に心地よく、シンプルでセンスの良い演奏として評価されます。

歌に苦手意識のある人ほど、歌に気持ちを集中させないと歌えないのでですから、歌に集中しても弾ける簡単な伴奏にしたほうがよいのです。

つまり、大切なのは「バランス」です。ここで言う「バランス」とは、歌唱力と伴奏力のバランスでもあり、歌唱と伴奏の音量バランスでもあります。「バランスを大切に」という考え方でいくと、高度な伴奏を選びたい人は、その伴奏レベルと同等かそれ以上の歌唱力を求められることが、これで理解できると思います。

保育士試験 実技 言語表現―試験本番の流れ

story telling

2名の採点委員の前で話します。

言語の試験直前期には、実際に本番をシミュレーションしながら、流れを確認してみましょう。試験室に入ってからの受験の流れを解説しますので、ぜひご自宅での練習でも、一通り実践してみてください。また、試験直前期になると必ずと言っていいほど質問される『おはなしする時の視線』についても解説します。

なお、試験当日の1日全体の流れについては、保育士試験 実技(8)をご覧ください。

受験の流れ

試験室に入ってからの流れは、このようになります。

  • はじめに手荷物を置き、2枚の受験番号シールを2名の採点委員に1枚ずつ渡す。
  • 椅子の横に立ち、受験番号と氏名を言う。
  • 着席し、開始の指示があったら、必ず最初に題名を言い、つづいて話を始める。
  • 立って話しても、座ったままでもよい。立って話す場合は、氏名を言ったあと、いったん着席し、開始の合図を聞いてから、立ち上がって話す。
  • タイムキーパーが3分後にベルを鳴らす。この時点で話が途中だった場合、話を続けず、そこで終了して立ち上がり、挨拶をして退室する。
  • 終了のベルが鳴る前に話が終わった場合は、ベルが鳴るまで着席したままで待つ。終了のベルが聞こえてから立ち上がり、挨拶をして退室する。

これは、当日の朝、ガイダンスで説明があるのですが、いざ本番となり試験室に入ると、「あれ?荷物をおくんだっけ?シールが先?名前が先?終わったらどうするんだっけ?」と、意外と戸惑うものです。そこで戸惑うと緊張が高まり、お話で気を付けようと思っていたあれこれをすっかり忘れてしまった、ということになりかねません。試験は、やり直しのできない一発勝負です。ぜひ、入室→あいさつ→実技→退室の流れをしっかりと身に付けておきましょう。

次のページでは、誰もが気になる『視線』について解説します。

保育士試験実技の造形表現―平成24年から29年の過去問

実技試験「造形表現に関する技術」では、どのような作品を求められているのでしょう? 以前に筆者の講座受講者さんより提供していただいた作品を紹介します。平成23年に48点(50点満点中)という高得点で合格した作品です。年月は経過しても、絵画の基礎的な技術についての評価基準は変わらないと思いますので、ぜひ参考にしてください。

造形表現で高得点合格した作品

こちらが、高得点で合格した作品です(試験での作品を後日再現したものです)。

2011test

『3匹のこぶた』の劇を練習している場面を描いた作品

造形表現の過去問題文

この年の問題文を振り返ってみましょう(平成23年度の試験当日に発表された問題文です)。

<問題>

保育所(園)での子どもたちと保育士との活動の一場面を、次の4つの条件をすべて満たして、解答用紙の枠内に表現しなさい。

<条件>

  • 室内において、「劇発表」の準備や練習でのやりとりの一場面を表現すること。
  • お面や衣装を描くこと。
  • 子ども3名以上、保育士1名以上を表現すること。
  • 色鉛筆で色をつけること。

造形表現の問題分析

写実的に描くことは求められないようですが、マンガやイラストのような、癖の強すぎる絵は、避けた方がよいと言えそうです。また『造形表現に関する技術』という分野名のとおり、何について描かれた絵なのか、言葉で説明しなくても、絵で表現することができているということも、評価のポイントでしょう。

また、この作品は「劇発表の練習や準備でのやりとりの一場面」という出題に対する解答で、

  • 3人のこどもが、ブタのお面をしている
  • 家のセットがある
  • 緞帳(どんちょう)がある
  • セットの後ろから、保育士が様子を見ている

これらのことから、

  • 劇は『3匹のこぶた』
  • 場所は舞台の上
  • 本番ではなく練習をしている

ということが、伝わってきます。このように、実在する物語を具体的に設定して描くと、作品を見る人にも、何を描いたものなのかが、はっきりと伝わると思います。

造形表現の試験対策

試験では、保育中に起こりうる『事例』を読み、その場面について、与えられた条件を満たして描くというように出題されますので、保育園の日常をよく知っていることが求められます。たとえば、年間を通しての行事や、保育室・園庭での、日々の自由遊びなども、知っておく必要があるでしょう。

このほか、

  • 物の大きさ・配置が適切なバランスで描かれている。
  • 人物(大人と子ども)の顔や身体の各部位の形や、大きさのバランス、関節の動きなどが正しく描かれている。
  • 全体に明るく、バランスの良い配色で描かれている。
  • 色が薄すぎず、きちんと塗られている。

このようなポイントで自己評価しながら、繰り返し練習しましょう。

この作品を提供してくれた受験者さんは、試験までに50作品!と目標を決めて、すべて違うテーマで描く練習をしたそうです。それらの作品の一部を『保育士試験 実技(9) 造形―豊かな表現のコツ』で紹介しています。ぜひ参考にして、皆さまもぜひ、たくさんのテーマを設定して描く練習をしてみてください。この方は絵画については全くの初心者だったそうですが、48点という高い評価で合格することができました。やはり、練習量は結果に直結すると思います。

つぎのページに、平成24年度から29年度前期までの、試験当日の出題文をまとめましたので、ぜひ練習の参考にしてください。

保育士試験実技の音楽表現―試験本番の流れ

smile

緊張していても、保育士らしく朗らかな笑顔で演奏できるとよいですね!

試験直前期には、どんな準備が必要でしょうか。実際に本番をシミュレーションしながら、確認してみることをオススメします。当日の流れ、演奏順序、ピアノ・ギター、受験者それぞれの注意点、服装について等を解説しますので、ぜひご自宅での練習でも、一通り実践してみてください。

実技試験・試験当日の流れ

朝、指定の会場に集合し、ガイダンスを受けます。その際、配布される書類に、受験番号と受験時刻が、詳細に記されています。自分の番号を探し、2科目それぞれの受験時刻をしっかりと確認しましょう。

受験時刻は人によって、また会場によっても様々で、午前中に2科目終了する人、両方とも午後になる人、午前と午後に分かれる人などがいます。受験者の少ない会場では、すべて午前中に終わる場合もありますし、東京・神奈川・千葉など受験者の多い会場では、夕方16時ごろまでかかる会場もあります。各自の集合時刻までは自由に過ごします。会場の外に出て過ごすことも自由です。

受験の流れ

試験室に入ってからの流れは、このようになります。

  • はじめに手荷物を置き、2枚の受験番号シールをはがして、2名の採点委員に1枚ずつ渡す。
  • 受験番号と氏名を言う。
  • 着席し、指示があったら2曲演奏する(このとき何も言う必要はありません)。

これは、当日の朝、ガイダンスで説明があるのですが、いざ本番となり試験室に入ると、「あれ? 荷物を置くんだっけ? シールが先? 名前が先?」など、意外と戸惑うものです。そこで戸惑うと緊張が高まり、演奏で気を付けようと思っていたあれこれをすっかり忘れてしまった、ということになりかねません。試験は、やり直しのできない一発勝負です。ぜひ、日頃から入室→演奏→退室の流れをしっかりと身に付けておきましょう。

演奏の順序

2曲を演奏する順序は、受験の手引きに掲載されている順、となっています。演奏の順序を変更したい場合は、採点委員に申し出が必要です。

次に、当日の服装や、ギターのチューニングについて解説します。

保育士試験の合格ラインは何点?合格率・日程・科目

study

保育士試験にチャレンジしてみよう!

保育士試験に関心をお持ちの皆さまは、まずは試験の難易度が気になるところだと思います。合格基準や合格率、試験日程などの詳細について解説します。

保育士試験の合格点

保育士試験は3年以内に全科目合格するという方法なので、各科目ごとに合否判定がなされます。合格した科目は、その後3年間有効です。3年間で合格できない科目があった場合、3年前に合格した科目は取り消され、再度受験することになります。

筆記試験の問題は『次の語群から正解を選択』するマークシート方式で、各科目6割以上の得点をマークすれば合格となります。また実技試験は、筆記試験にすべて合格したあとで受験することになっており、こちらは選択した2分野の両方が6割を超える必要があります。

保育士試験の合格率

つぎに、保育士試験の全科目の合格率は、表のとおりです。

h18_28

表1 保育士試験合格率(厚労省データを基に筆者が作成)

詳しく見ていくと、10年前に比べて近年では合格率がだいぶ上がってきているようです。これはあくまでも私見ですが、昨今の保育士不足に早急に対応するために合格者数を増やしているという背景もあるのでしょうか。あるいは、受験者数が増加していますので、受験者の多様化の影響もあるかもしれません。

ちなみに、このデータは筆記試験と実技試験のすべてに合格した人の割合です。この試験は3年間かけて全科目を合格すればよいことになっていますので、1科目ごとの合格率はもっと高いと考えられます。また、実技試験のみの合格率も気になるところだと思いますので、こちらの記事にくわしく掲載しました。
『保育士試験 実技(1) 試験のねらいと合格率

申込み受付期間・試験日程・受験手数料

つぎに、保育士試験の出願期間や試験日程等についてです。

平成30年度の日程は以下の通り発表されています。

  • 平成30年試験日程について

【前期実施分】

筆記試験:平成30年4月21日(土)、22日(日)

実技試験:平成30年7月1日(日)

【後期実施分】

筆記試験:平成30年10月20日(土)、21日(日)

実技試験:平成30年12月9日(日)

平成28年から、年2回の実施となっています。およそ以下の流れで日程が組まれているようです。

  • 前期実施分

受付期間:1月中
筆記試験:4月後半の土日2日間
実技試験:7月初旬の日曜日

  • 後期実施分および地域限定保育士試験(※1)

受付期間:7月中
筆記試験:10月後半の土日2日間
実技試験:12月中旬の日曜日

(※1)地域限定保育士試験

自治体により、合格後3年間は当該地域での勤務に限られる限定付きの試験が行われる場合があります。限定付き資格を取得した場合でも、合格後3年が経過すると限定が解除され、通常の資格と同様に全国で働ける資格となります。地域限定保育士試験の詳細や実施する自治体については、毎年変動がありますので保育士養成協議会サイトにてご確認ください。

以上は平成29年時点の情報です。受験する際は、必ず保育士養成協議会サイトにて最新情報を確認しましょう。

受験手数料

保育士試験の受験手数料は、12,700円+250円(郵送料)=12,950円 となっています。

試験科目と時間配分

  • 筆記試験

1日目
(1)保育の心理学 60分
(2)保育原理 60分
(3)児童家庭福祉 60分
(4)社会福祉 60分

2日目

(5)教育原理 30分

(6)社会的養護 30分

(7)子どもの保健 60分

(8)子どもの食と栄養 60分

(9)保育実習理論 60分

  • 実技試験

(1)音楽表現に関する技術
(2)造形表現に関する技術
(3)言語表現に関する技術
※3分野のうち2分野を受験申請時に選択する。前期・後期の課題は同じ内容。
※不合格となった場合、2度目の受験で別の分野を選択することも可能。

特別科目免除

科目免除にはいくつかの種類があります。
まず、保育士試験を受験して合格した科目は、その年から3年間は受験しなくてよいことになっています。(一部科目合格通知書にて届出が必要です。)
ほかに、幼稚園教諭免許所有者・厚労相指定学校での単位取得者は、重複する科目が免除されます。
これは、学校ごとに該当する科目が有る場合と無い場合がありますので、在学中の学校に各自で問い合わせが必要です。

  • 幼稚園教諭免除

幼稚園教諭免許所有者は、科目免除願に「幼稚園教諭免許状」、または「教育職員免許状授与証明書」を添えることにより、筆記試験科目の「保育の心理学・教育原理・保育実習実技」が免除されます。

さらに2010年(平成22年)の試験より、「保育の心理学・教育原理・保育実習実技」以外の残りの科目についても、指定保育士養成施設において科目履修等により筆記試験に対応する教科目を修得した場合、筆記試験科目が免除されることになりました(修得した教科目が筆記試験科目に対応するかどうかは、必ず各学校にてご確認ください)。

  • 厚生労働大臣指定学校免除

厚生労働大臣指定学校での専修科目についてはその者の願い出により「保育士試験免除科目専修証明書」の写しを添えれば、当該科目の受験を免除することができます(専修した科目が免除指定科目かどうかは必ず各学校にてご確認ください)。

保育士試験の全体がイメージできたでしょうか? 受験を考えている方はぜひ、つぎの記事も参考にご覧ください。

■参考記事
保育士試験 実技(1) 試験のねらいと合格率
保育士試験 実技(3) 造形—参考作品の紹介
保育士試験 実技(5) 音楽―伴奏の正しい選び方
平成27年保育士試験 言語表現課題絵本―実技(16)
保育士試験の通信講座やテキスト、ウェブサイトの紹介
SNS mixi・保育士試験関連コミュニティの紹介

平成29年保育士試験・実技のポイントはここ!

実技試験の対策ポイント

平成28年から年2回になった保育士試験。資格取得の目標に届きやすくなりましたね! 受験申請者数も大幅に増加して、いよいよ様々な分野から保育士に転職する社会人が増えていくと思われます。保育士が多様なバックグラウンドを持つことは子どもたちにとっても素晴らしい効果が期待できます。でもその分、「保育士の専門性の維持向上」について、その必要性が今まで以上に問われることになりますね。

この実技試験課題も、「保育の表現技術とは」という視点で、ぜひ正しく理解したうえで資格を取得していただきたいと思います。ねらいを的確に理解していれば、保育実技初心者でも保育の表現技術の基礎を身に付けることができます。そこで今回は、実技試験(音楽・言語・造形)の課題について、おさえるべきポイントをみていきましょう。それぞれの課題が収録されたCD・絵本やテキスト、造形合格者の作品もご紹介します。

音楽表現に関する技術

平成29年の課題曲は「こいのぼり」「一年生になったら」 です。

  • ノリが大切!

今年の2曲は、両方ともいわゆる「ノリ」に特徴があります。「こいのぼり」は、3拍子であることにお気づきでしょうか? こいのぼりが大空を悠々とおよぐ様子を3拍子で表現しているのです。ゆったりと横に揺れるノリを感じて歌う練習をしましょう。「一年生になったら」は、4拍子ですが、行進曲のような勇ましい感じでなく、これも左右に揺れるノリでほのぼのとした雰囲気を感じて歌いましょう。原曲を聴いて、どんな曲なのか、どんな演奏をしたいのか、イメージを持つことが大切です。

  • こどもの健やかな成長を願う気持ちと、希望にあふれた詩の世界

「こいのぼり」は、こどもの健やかな成長と平穏な毎日を願う、そんなイメージがわいてきますね。また、「一年生になったら」は、天才詩人まど・みちおさんが、子どもの視点で一年生になることへのワクワクする気持ちを表した作品です。

ほのぼのとしていて、夢と希望でいっぱいの年長さんの気持ちがよく表れていますよね。今回の課題曲は、このように純度100%のポジティブ・ソングなのです!ということは、試験というたいへん緊張する場面であるにもかかわらず、明るく・朗らかに表現をすることが求められるわけです。初心者にとって難しい点は、実際には不安や緊張といったネガティブな心理状態でありながら、それとは正反対のポジティブな表現をしなくてはいけない、という点だと思います。

歌うときは、こうしたイメージが伝わるような表情や歌唱の雰囲気などについて考慮しているかどうか、そういう点も表現力としての評価ポイントになります。この試験で求められる演奏とは、いまの自分の気持ちを表すことではなく、課題となっている音楽作品を演じることなのです。このポイントをしっかりと理解して、曲想に合った表情や表現を考え、準備していきましょう。

  • 原曲を聴くことが大切

どちらの曲も、まずは原曲をきちんと聴いて、もともとどんな作品なのかを理解することは大変重要です。ピアノ弾き歌いをするときに原曲のサウンドをイメージしながら演奏しているか、それとも原曲を聴いたことがなくただ単に楽譜に記された音符をなぞっているだけか、ということは、表現力に大きく影響してきますし、もちろんこれが評価の善し悪しに直結します。

ぜひ原曲を聴いて、皆さま自身が目指す演奏のイメージをしっかりと作ってください。また曲に対する理解を深め、愛着を持って演奏できるようになると、さらに表現力アップにつながると思います。がんばってくださいね!

課題曲が2曲とも収録されたCDをご紹介します。

保育園・幼稚園・こども園でうたう歌~たのしい毎日☆わくわく行事

ほいくえん・ようちえんでうたううた ドッカ~ン!101きょく

言語表現に関する技術

  • 課題の難易度について

4つの課題からひとつを選ぶことになっていますが、おはなしにも、難易度があります。難易度を判断する際の参考として、登場人物(キャラクター)の数があげられます。この試験のように絵や道具を使わずに素話で表現する場合、登場人物が多ければ、当然たくさんの声を使い分けて表現することになり、難易度が上がります。数が少なければ、まずは声の使い分けという点においては易しいということになります。

あとは、物語の展開を絵や道具をつかわずに表現することが難しいおはなし、表現しやすいおはなし、というのもあると思います。まずは全てのおはなしを実際に声を出して表現してみるとよくわかると思います。

  • 課題選びのポイント

課題を選ぶにあたっては難易度だけでなく、まずは原作を読んで、そもそも自分がそのおはなしを楽しいと感じるかどうかも大切にしましょう。聞いている人におはなしの世界を生き生きと表現するためには、まずは語り手である皆さまご自身が楽しいと感じているかどうかが大切だと思いませんか? おはなしの面白さ・よさがわからないのに、ただ単に「多くの人が合格している作品はどれか」というような基準だけで選んでしまうと、豊かな表現力を発揮することが難しくなる場合もあります(そのような題材がたまたま自分の好みに合っていればラッキーなのですが)。

あとは、人前でお話ししたり、演じる(表現する)ことに対する抵抗感や好き嫌いは人によってまったく異なりますので、ご自身の特徴を生かして選ぶようにするとよいと思います。たとえば、人前で演じることに慣れていない、不安がある、すごく嫌だ! というような人は、なるべく登場人物の少ないおはなしを選ぶと取り組みやすいと思います。

課題作品の絵本は「平成27年保育士試験 言語表現課題絵本―実技(16)」でご紹介しています。また、保育士試験の出題内容・条件に合わせた台本の作成例が載っているテキストや実演を収録した動画教材もあります。

造形表現に関する技術

造形表現では、高度なデッサンの技術を追求するよりも、下記ようなポイントをおさえているかどうかが大切です。

  • テーマを絵画で表現する力(何を表しているのか、言葉で説明しなくても見る人に伝わること)
  • 造形のバランスがよいこと(ものの形・大きさ・配置・構図)
  • 人物の表情が豊かに表現されていること
  • 人体各部のサイズのバランスや、関節等が自然で動きのある表現になっていること
  • 健康的で明るく豊かな色彩感覚

また、出題テーマは保育の場面に関するものなので、保育園の1日の生活を詳細に知っている必要があります。1日の流れや、保育園生活の中でこどもたちが体験する出来事、年間行事・月間行事などを具体的に書き出し、それらからテーマを決めて描く練習をするとよいでしょう。

過去に高得点で合格した方の作品を保育士試験 実技(3) 造形―参考作品の紹介で紹介していますので、ぜひ参考にして、具体的にイメージしてみてください。

今年の実技試験のポイントが理解できたでしょうか?

実技試験の合格率は近年、9割程度にまで上がってきています。9割という数値を聞いて、どのように感じるでしょうか。「ほとんどの人が受かる」という印象を受けますか?

でも、具体的な数字で考えてみましょう。実技試験の合格者は毎年1万人前後。仮に合格率を90%、受験者が10,000人として考えた場合、実に1,000人もの人が不合格になるということなのです。このように考えると、決して「誰でも簡単に合格!」というわけにはいかないのがおわかりいただけると思います。

合否を分けるのは「試験のねらいを正しく理解しているか」「ねらいに沿って適切に準備したか」ということに尽きると思います。実技試験は筆記試験とは異なり、ただ間違えずにできたというだけでは合格が難しい科目なのです。「保育実技に求められる技術とは何か」ということを解説し、試験対策について必要な情報を詳しく解説したテキストもあります。このような教材も活用して、正しい方向で確実な準備をして、夢の保育士資格を手に入れましょう!

保育士試験・実技試験についての参考記事

平成27年保育士試験 言語表現課題絵本―実技(16)
保育士試験 実技(9) 造形―豊かな表現のコツ
保育士試験 実技(8) 音楽―試験本番の流れ
保育士試験 実技(6) 造形―画材の準備
保育士試験 実技(5) 音楽―伴奏の正しい選び方
保育士試験 実技(3) 造形―参考作品の紹介
保育士試験 実技(2) 音楽―教室と楽器えらび
保育士試験 実技(1) 試験のねらいと合格率
保育士試験の通信講座やテキスト、ウェブサイトの紹介