<いらない遺産相続放棄>(上)借金 生前に有無を確認 – 東京新聞

写真

 遺産の分け前でもめる家族もあれば、借金といった「いらない遺産」に悩む家族もある。負の遺産を肩代わりする事態に直面した時に検討したいのが、すべての遺産相続を放棄する「相続放棄」だ。バブル崩壊後の長期不況などの影響で、申立件数も増えている。ただし申し立てには被相続人の死亡などから三カ月と期限があるほか、借金をこっそり残している場合もある。生前に借金について家族で話し合っておくことが必要だ。 (砂本紅年)
 東京都内の戸田浩司さん(42)=仮名=は四年前、父を亡くした。父は二十年以上も家に居着かなかったので生活状況も仕事も分からず、亡くなったことも病院からの連絡で知った。
 遺産に預貯金はなく、唯一の遺産だった九州にある父名義の畑も、相続人による遺産の分割協議を行い、伯母の名義に変えた。書類上の手続きが終わり、父から戸田さんへの遺産は何もなく、相続は終わったと思っていた。
 しかし二年後、「父に五百万円貸していた」と訴える男性から、戸田さんを被告とする借金の返還請求訴訟が起こされた。
 この時点で、相続放棄の申請期限はとっくに過ぎており、遺産の処分も済ませている。通常なら、プラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐことを「承認」したとみなされるケースだ。

写真

 戸田さんは司法書士や弁護士に相談。家庭裁判所に「借金は訴訟を起こされて初めて知った」として相続放棄を申し立てた。主張は認められ、訴訟も借金の返済は求められなかった。戸田さんは「初めに相続放棄ができていたら、こんな苦労はなかった」と振り返る。
 司法統計によると、相続放棄の申し立ては年々増えている。二〇一五年は約十八万九千件と二十年前の三倍になった。
 相続放棄に詳しい司法書士中村昌樹さん(40)は「そもそも相続放棄という手続きがあることを知らない人も意外と多い」と話す。
 相続放棄をするには、親の死亡などを知った日から三カ月以内に、必要な書類をそろえて家庭裁判所に申請しないといけない。「四十九日が終わるのを待っていると時間がなくなる。葬儀が終わった段階で動きだして」と中村さん。
 預貯金や金融資産、土地・建物などプラスの遺産は比較的確認しやすい。しかし借金のことや連帯保証人になったことは話したがらない人も多く、遺族でも見つけづらい。「昔事業をやっていたから借金があるかも」と心配になって相続放棄する人もいる。
 相続放棄をすると、初めから相続人でなかったとみなされ、マイナス財産だけでなく、預貯金などプラス財産を相続する権利も失う。資産と借金をてんびんにかけ、慎重に判断することが必要だ。
 また、相続の権利は次の相続人に移る。相続順位一位の子ども全員が相続放棄をすると、相続権は次の順位の相続人の父母へ、さらに次は兄弟姉妹へと移る=図参照。何も知らない親戚に迷惑がかかることもある。あらかじめ了解を取っておきたい。
 中村さんは「本来は、本人が生前に家族に借金の存在などを話しておいてほしい。本人から持ち掛ける方が、みんな話しやすい」と勧めている。
 二十六日の(下)では、空き家や地方の土地の相続放棄を紹介します。

この記事を印刷する

「自分と家族を守る相続・遺言・後見」 司法書士法人 市川事務所 新4年の入塾説明会 「新メニュー登場!」 腰痛専門の治療院 駅前で「生き生き自適」な暮らし 運慶特別展 … – タウンニュース

 法改正にともない課税対象が広がった相続「税」。その節税対策に躍起になっている人も多いのでは。しかし、実際に相続税を支払うのは全体のわずか6%程度。それより、まず考えたいのが相続を”争族”にしないための遺言や任意後見についてだ。

遺言・後見で安心を

 全財産の移転を意味する「相続」。何も準備をしなければ、遺産は法定相続として残された親族の「共有」財産になる。「これがトラブルの種」。そう指摘するのは司法書士法人市川事務所の市川英昭代表。市川氏は「財産の『分割協議』において、相続人同士の公平感のぶつかり合いから、協議が不成立になるケースが多い」と指摘する。

 また「認知症や相続になると、同居家族であっても預金を解約できません。元気なうちに、介護や相続に備えて、任意後見と遺言を準備することが親族間のトラブル防止になり、安心につながります」と訴える。

無料セミナー開催

 市川氏は、相続に関わる正しい知識を得て、安心した老後につなげて欲しいと、セミナーと個別相談会を実施する。参加無料。定員制先着順。予約はお早めに。

行政困りごと相談所 | NNNニュース – 日テレNEWS24

行政困りごと相談所
(静岡県)

17日、静岡市駿河区で「行政困りごと相談所」が開設され、50件の相談が寄せられた。この「行政困りごと相談所」は静岡行政監視行政相談センターが主催したもので、弁護士や司法書士、国、県などが参加し、暮らしの困りごとをワンストップで受け付ける。17日は約50件の相談が寄せられ、相続問題や土地の境界トラブルについてそれぞれの分野の専門家が相談に応じていた。この相談所は20日に浜松市で、11月1日には富士市でも行われる。

[ 10/18 12:27 静岡第一テレビ]

モッタイナイが生んだ果物ドカ盛りケーキ店 – 日経ビジネスオンライン

関西ローカルながら、不思議な人気を持つテレビ番組「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」。そこでは、独自の手法で成功した会社などが取り上げられています。関西ならではの着眼点、ど根性、そしてユーモア―――、そのエッセンスを伝えています。第33回は、若者のフルーツ離れから脱却するために奮闘している企業をお送りします(前回の記事はこちらをご覧ください)。

 こんにちは。大阪はMBS(毎日放送)のアナウンサー上泉雄一です。私は今「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」(水曜深夜0時59分から放送・関西ローカル)という番組の司会をしております。

 大阪地方裁判所のある西天満というところは、その場所柄から弁護士事務所や司法書士事務所が多いのですが、それ以外にも、古美術商も多く並んでいて、都会の中で昔ながらの情緒を残す、筆者が好きな街並みです。

 この西天満界隈、舌の肥えた方が多くいらっしゃるからでしょうか? 美味しいお店も多く、ランチタイムはどこに入っても外しません。

 そんな中でも、筆者のお気に入りは「和膳 とく家」。

 このお店、表通りに看板が出ているのですが、そこから路地に入ったところにひっそりたたずむ少し変わった造りをしています。お店もカウンター8席、2階に座敷が10席と、決して広くはありませんが、ランチタイムにはこの路地にどんどん人が吸い込まれてくるのです。

 こちらの名物「箱膳」をはじめとするランチタイムのメニューは、季節や仕入れによって変わるのでいつ訪れても様々なお味が楽しめます。その中でも是非お召し上がりいただきたいのが「刺身定食」。マグロや白身といったお刺身が、他のお店では見かけない厚さで切られて盛り付けられています。そのボリュームは、ご主人が「お値段と比較してもお得ですよ!」と公言してはばからないほど。見れば一目瞭然。食材が新鮮すぎるほど新鮮で、コリコリした歯ごたえの白身に、とろりとやわらかい味わいのマグロなど、3種類のお刺身は食べ応え十分。ここに小鉢とちりめん山椒のかかったご飯にお味噌汁の付いた刺身定食は、お昼の12時過ぎには売り切れになっていまいますので、むしろ残っていた場合は必ずご注文いただいて損はありません! これでお値段900円は嬉しすぎる値段設定です。

3種類の刺身が盛りつけられた刺身定食

 このお刺身の他、焚き物などが味わえ、見た目も華やかな名物の「箱膳」や他のメニューもお値段はどれもこのお値段。どれをお召し上がりいただいても絶品揃いで、値段分の、いやそれ以上の食事を楽しんでほしいというご主人の心意気が伝わってきます。お近くにお越しの際は、この「なにわの心意気」を是非味わってください。

果物の消費量は40年前の約半分に

 「若者の○○離れ」という言葉がよく聞かれます。やれ「車離れ」「読書離れ」そして「テレビ離れ」等々。実感として「そんなに“離れ”ていますか?」と問いたくなるようなこともありますが、市場の数字にきっと表れているんでしょうね。

 では、皆さん、若者に限らず、今の日本は「フルーツ離れ」しているってご存知ですか? 実感ありますか? 筆者は、ごくごく普通に、デザートとして食べる程度なので「離れている」「離れていない」の感覚すら持っていませんでした。

 しかし、数字で見ると、日本人1人1日あたりの果物摂取量は、1975年が193gだったのに対し2015年は107gと半分近くに落ちていることが分かります。分析によると、果物のイメージが「価格が高い」「日持ちしない」「皮をむくのが手間」そして「スイーツなど代わりとなるデザートの多様化」と挙げられています。

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

スマホで資格取得するeラーニング「通勤講座」有料会員2万人を突破 – ICT教育ニュース

KIYOラーニングは16日、資格取得のためのeラーニング講座「通勤講座」の有料会員が、9月で2万人を突破したと発表した。

d25499-9-743154-2「通勤講座」はスマートフォンやタブレットに特化した資格取得のためのオンライン講座。忙しい人が毎日の生活の中でスキマ時間を使って効率的に勉強できる教材・カリキュラムを提供している。ビデオでのインプット学習と練習問題を解くアウトプット学習を合わせて、早いスピードで実力をつけられるようになっている。動画や問題集はスマートフォンだけでなくPCからも閲覧することができる。

2008年に中小企業診断士の資格取得講座としてスタートし、税理士などの国家資格やビジネス実務法務検定などの民間資格など、現在、計19講座に拡大している。会員数もスマートフォンユーザーの増加や国内eラーニング市場の拡大にともない、ここ数年で急増し、2017年9月に2万人を突破したという。

同社が「通勤講座」の会員を対象に行った「取得を目指す資格ランキング」では、中小企業診断士が1位 (28.9%) となり、次いで宅建士、司法書士と続いた。同社では、ビジネスパーソンを中心としたスキルアップや資格取得ニーズの増加が、会員数増加の背景の1つと考えている。

有料会員2万人突破を記念して、全19講座を対象に、10月末までの申し込み者に合格祝い金などを進呈するスペシャルキャンペーンを実施している。

関連URL

通勤講座

国土交通省「平成29年度住み替え等円滑化推進事業」への採択で、フリーダムリンクがファイナンシャル・プランナーによる無料相談を10月17日から期間限定で実施! – ValuePress! (プレスリリース)

株式会社フリーダムリンクによる取り組みが、2016年に続いて2017年(平成29年度)も国土交通省の事業として9月11日(土)付で採択。10月17日(火)から2018年2月26日(月)までの期間限定で、首都圏の住宅資産活用に関する「無料相談」を実施します。

個人を対象に不動産専門のファイナンシャル・プランナーによるコンサルティング業務などを手がけている株式会社フリーダムリンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:永田博宣)は、2016年に続いて2017年(平成29年度)も国土交通省の「平成29年度住み替え等円滑化推進事業」に採択されました(9月11日付)。これにともなって東京・渋谷区の本社において、10月17日(火)から2018年2月26日(月)までの期間限定で、首都圏の住宅資産活用に関する「無料相談」を実施します。

▼ フリーダムリンク公式ウェブサイト「ファイナンシャル・プランナーによる住宅資産活用に関する無料相談」紹介・予約案内ページ:

https://www.fdom.co.jp/archives/9467

■2016年に引き続き2017年(平成29年度)も国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」に採択

国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」では、「住宅資産活用のための相談体制の整備」および「住宅資産の活用促進のための専門家の育成」について事業者の公募を実施しています。

フリーダムリンクは2016年(平成28年度)に続いて2017年(平成29年度)も「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に応募し採択されました。相談料が国からの補助の対象となるため、10月17日(火)から2018年2月26日(月)までの期間限定で首都圏の住宅資産活用に関する「無料相談」を実施します。

▼ 「平成29年度住み替え等円滑化推進事業」の公示(国土交通省住宅局):

http://www.mlit.go.jp/common/001191465.pdf

フリーダムリンクは、不動産分野に特化したファイナンシャル・プランナーによるサービス提供により、次のようなメリットを提供します。

1.不動産・相続に関するコンサルティング業務に強いファイナンシャル・プランナーが相談を受けます。

2.不動産・相続に関する相談では、「お客さまの資産を守る」ことを最優先にしたサービスを提供します。

3.2004年11月の設立以来、満13年の経験と実績に基づいた独自のノウハウを活かしたサービスを提供します。

4.理論上や机上の助言やアドバイスではなく、実現可能なプランの提案と実行支援サービスを提供します。

5.不動産取引にともなう税理士や司法書士など、専門家との連携体制が整ったサービスを提供します。

「無料相談」はお客さま1組につき原則として2回。次のようなプロセスで進めます。

1.お客さまの考え、状況の確認

キャッシュフロー表などの作成を通して適正予算を算出します。住み替えなどの選択肢を検討いただきます。

2.予算の確認、住み替えなどの検討

キャッシュフロー表の完成度を高め、予算と住み替えの意向などを確認いただきます。要望に応じて実行プランを提案します。

「無料相談」の進め方やプロセスについては個別に相談させていただきます。

「無料相談」では、次のような悩みをファイナンシャル・プランナーが相談に応じます。

1.部屋をもてあましていて、住み替えを検討中。老後に必要な資金などを相談したい

2.住まいが老朽化してきたのでリフォームか建て替えを検討している。予算や資金の借り入れについて相談したい

3.いま住んでいる家と相続した実家とを所有。住む家と資産の有効活用について相談したい

4.子どもとの二世帯住宅を検討中。いまの住まいと子どもの住まいの有効活用について相談したい

■フリーダムリンク「ファイナンシャル・プランナーによる住宅資産活用に関する無料相談」概要

実施期間:10月17日(火)~2018年2月26日(月)*土曜・日曜日を含む

会場:株式会社フリーダムリンク会議室(東京都渋谷区渋谷3‐7‐2 第3八木ビル3F/JR山手線「渋谷」駅から徒歩3分)

回数および所要時間:1組につき原則2回、1回あたり60~90分

相談内容:住み替えなど住宅資産の活用(売却・賃貸・土地利用など)を中心としたライフプラン設計についての専門的な内容

相談料:無料(国土交通省の採択事業として国から補助があるため)

予約受けつけ:03‐3406‐4461(午前10時~午後6時)

*事前予約制で、定員に達した時点で終了です。

紹介・予約案内ページ:https://www.fdom.co.jp/archives/9467

【株式会社フリーダムリンクについて】

本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-2 第3矢木ビル3F

代表者:代表取締役 永田博宣(CFP®)

設 立:2004年11月

電話番号:03-3406-4461(代表)

URL:https://www.fdom.co.jp/

事業内容:・ファイナンシャルプランニング

・相続コンサルティング

・不動産コンサルティング

・不動産投資顧問業登録番号:国土交通大臣(一般)第886号

・宅地建物取引業免許番号:東京都知事(3)第85348号

・賃貸住宅管理業者登録番号:国土交通大臣(2)第363号

・全国賃貸不動産管理業協会会員番号:第05173号

市民講座 成年後見制度の仕組みや手続き 認知症簡易テストも 糸島市 – 介護ニュース

成年後見制度に関心がある人に

10月28日、福岡・糸島市が市内の「糸島市健康福祉センターあごら」において、「成年後見制度市民講座」を開催する。講師は公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート福岡支部会員の司法書士が務め、当日はタッチパネルでの認知症簡易テストも実施される。

この市民講座の対象者は高齢者、障がい者、その家族のほか、成年後見制度に関心がある人も参加できる。参加費は無料、事前の予約申し込みも不要である。

糸島市

司法書士がわかりやすく仕組みや手続きを解説

親権者がいなくなった未成年の権利を保護するために設けられている制度に未成年後見制度があるが、成人においても、認知症などで判断能力や意思能力に問題がある場合に利用できるのが成年後見制度である。成年後見制度の後見人は当事者の財産の管理や、介護などのさまざまなサービスの契約などを行う。

この市民講座では、成年後見制度の仕組みや手続きについて、司法書士が一般向けにわかりやすく解説することになっている。

日時: 10月28日(土) 14:00~16:00
場所: 糸島市健康福祉センターあごら 視聴覚室
    福岡県糸島市潤1丁目22番1号
費用: 無料
申込: 不要
(糸島市のサイトより引用)

詳しくは以下リンク先の糸島市のサイトまで。

(画像は糸島市のサイトより)

外部リンク

生活と財産を守る成年後見制度市民講座の開催
http://www.city.itoshima.lg.jp/s014/20170926103335.html