専門医に聞け! Q&A 変形性股関節症の改善法 – デイリーニュースオンライン

Q:4カ月ほど前から右の脚の付け根のあたりに痛みが出るようになり、整形外科にかかったところ、変形性股関節症と診断されました。痛み止めを処方され、筋力トレーニングを勧められましたが、運動は苦手です。友人から“貧乏ゆすり”がよいと言われましたが本当でしょうか。(56歳・土地家屋調査士) A:本当です。つい先日も医学雑誌に、貧乏ゆすりと変形性股関節症に関して、治癒経過のレントゲン写真付きで臨床報告が掲載されて…

「そうだ行政書士に相談しよう!」秋の行政書士無料相談会各地で開催 – BIGLOBEニュース

今年も10月1日から11月15日までの46日間「行政書士制度広報月間」に、東京都行政書士会が主催・共催する無料相談会が各地で開かれます。

1.十士業よろず相談会(10月14日10:00〜16:00)於:新宿西口地下広場 
行政書士のみならず弁護士・税理士・土地家屋調査士など10の士業が集結。駅直結の便利な立地で複数の種類の法律専門家からの助言が得られます。この相談会は毎年開催され昨年実績では1,000人超が首都圏各地から来場し生活の中の問題について法的助言を得ました。今年は日本行政書士会連合会キャラクター猫ユキマサくんも登場し行政書士バンドによる行政書士ソングとダンス等披露するステージがあります。クイズに答えると行政書士の歌2曲を収めたCDが無料プレゼントされます。

2.都庁無料相談会(10月19日・10月20日10:00〜16:00)於:東京都庁第二本庁舎一階 南側臨時窓口 暮らしと事業の困りごとについて行政書士がじっくりと一般市民や中小企業経営者の相談に耳を傾けます。遺言・相続・空き家・許認可・起業・ビザ等暮らしの中の相談なら何でもOK。予約は不要で当日来場順に相談。

3.支部相談会 東京都内62箇所で、各地区にある東京都行政書士会支部での無料相談会が開かれます。会場と日時は一覧表(http://www.tokyo-gyosei.or.jp/topics/2017/panph0920.pdf)の通り。

行政書士とは  市民に身近な法律専門家で国家資格者です。遺言・相続、成年後見、不動産、空き家問題、外国人登録、ビザ、自動車登録など、許認可や各種証明書類の作成で行政書士が扱える種類は10,000を越えます。自転車やペット問題など特定の分野について問題解決できるADRセンターも行政書士会に設置されています。

ユキマサくんとは  行政(ギョウセイ)を訓読みした名前のユキマサくんは、猫の世界で行政書士を目指す5歳の白い雄猫です。

コスモスの由来  行政書士のシンボルフラワー秋桜の花言葉は「調和と真心」。社会調和を図り誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じて国民と行政の橋渡しをし、国民の生活の向上と社会の繁栄進歩に貢献する使命を表現していいます。

お問い合わせ先
東京都行政書士会 事務局 業務課
〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-6 行政書士会館
Tel 03-3477-2881 Fax 03-3463-0669
ホームページwww.tokyo-gyosei.or.jp

災害時の被害調査で協定政治 CO2削減 達成困難 神奈川区制90周年 往年のトヨタ車が勢ぞろい ゴミ拾いでマナー一掃 高齢者サロン5周年 町内会活動の担い手に 実家 … – タウンニュース

 神奈川県土地家屋調査士会(鈴木貴志会長)は、災害時における家屋被害認定調査などに協力する協定を県および県内市町村と締結した。9月21日には県庁本庁舎で黒岩祐治知事をはじめ、県市長会会長の古谷義幸秦野市長、県町村会会長の冨田幸宏湯河原町長らが出席し、協定調印式が行われた=写真。

 この協定は、災害時に市町村または県の要請により土地家屋調査士が建物の被害状況を調査するというもの。災害時は行政資源が人命救助などに集中投下されるため、対応が遅れがちな罹災証明を同会メンバーが迅速に行う。

 黒岩知事は「災害後の復旧に皆さまの力はとても重要」と話していた。県の安全防災部では「生活再建を円滑に進めるためにも、この協定は大きな意味がある」と指摘した。

災害時の被害調査で協定政治 被害額県内ワースト 3案を選定 お堀に光る蓮の花 見せるアトリエ 城南予備校と提携「土曜塾」 湯河原町文化祭 小田原生まれ湯河原育ち … – タウンニュース

 神奈川県土地家屋調査士会(鈴木貴志会長)は、災害時における家屋被害認定調査などに協力する協定を県および県内市町村と締結した。9月21日には県庁本庁舎で黒岩祐治知事をはじめ、県市長会会長の古谷義幸秦野市長、県町村会会長の冨田幸宏湯河原町長らが出席し、協定調印式が行われた=写真。

 この協定は、災害時に市町村または県の要請により土地家屋調査士が建物の被害状況を調査するというもの。災害時は行政資源が人命救助などに集中投下されるため、対応が遅れがちな罹災証明を同会メンバーが迅速に行う。

 黒岩知事は「災害後の復旧に皆さまの力はとても重要」と話していた。県の安全防災部では「生活再建を円滑に進めるためにも、この協定は大きな意味がある」と指摘した。