“税界”の裏話 相続税調査でチェックする“名義預金” : KaikeiZine | 税金 … – KaikeiZine

相続税の調査は、一生に1回あるかないか。そのため、実地調査ともなれば、調査官ペースで行われ、非違(違法)割合は8割を超える。そんな相続税調査だが、調査ポイントである“名義”を押さえておけば何も怖いことはない。

実は税の専門家の税理士も、相続税調査の立会経験はあまりない人がほとんどだ。というのも一般的な会計事務所なら、相続税の申告も年間数件程度、そのうち調査まで及ぶものはほとんどないからだ。

国税庁によると平成27年中(平成27年1月1日から平成27年12月31日)の相続税の申告は10万3043件、このうち実地調査まで及んだのが1万1935件で非違割合は8割超となっている。

つまり、申告件数の1割が調査対象となり、調査になれば8割以上の確率で何らかの非違が指摘されるわけだ。

非違のテッパン指摘事項は、“名義預金”“名義株”だ。

名義預金とは、形式的には家族の名前で預金しているものの、実質的にはそれ以外の真の所有者がいる、つまり、それら親族に名義を借りているのに過ぎない預金をいう。株式についても同様に名義だけを借りて購入しているものを“名義株”という。

ではなぜ、この名義預金や名義株に目を光らせているかと言うと、相続税等の国税は、一般的に実質の所有者や所得者に課税する「実質課税主義」をとっているためだ。名義の如何を問わず、実質被相続人に帰属する財産は、相続財産として相続税の課税対象となる。

国税OB税理士によると、名義預金や名義株など他人名義の財産の帰属について調査担当者は、(1)財産の原資は誰が負担しているか、(2)誰がその財産を管理・運用・支配しているか、(3)利息や配当金などは誰が受け取っているのか、(4)名義人がその財産を有することとなった経緯を重点的に調べ上げ、総合勘案して“名義”かどうかを判断すると言う。これらは基本的なチェック項目だが、それだけに調査される納税者側も押さえておくべきポイントだ。

具体的には、「預金通帳や証書、届出印鑑、キャッシュカード、株券・預かり証等を誰が所持しているか。その保管場所は被相続人の自宅の金庫や被相続人名義の貸金庫等ではなかったか。預金や株式の取引の指示は被相続人がやっていたのかなどを調べる」(前出国税OB税理士)。

とくにこのとき注意してみているのが、預金通帳等の所持や保管の状況は相続開始時点ではどうだったかどうか。調査官は財産帰属の判断ポイントと考えているとしている。

取引銀行等の調査を「反面調査」というが、調査担当者は反面調査で、被相続人の預金や株式取引口座の開設申込書、払い出し請求書等の筆跡の確認、銀行や証券会社当の取引担当者の聞き取りも行う。つまり、被相続人が持っていた資産の流れをすべて押さえようと調査しているのだ。

調査官は、調査で確認したこれら事実から、名義預金、名義株の判断をすることになるのだが、相続税調査は、法人税等の調査と違い帳簿等から証拠を出せないので難しいといわれる。つまり、本人の証言しか、証拠となる事実確認がとれない。証拠をそろえるために、かなりの労力を使うのが相続税調査と知っておく必要があるのだ。

KaikeiZine編集長

税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長。現在は租税研究会の事務局長であり、会計事務所ウオッチャーとしても活動。

■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/

■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

戦国経営ゲームで簿記会計を学ぶ研修イベントを福井県で10月11日に開催 – SankeiBiz

大澤義人税理士社労士事務所(本社:福井県福井市、代表:大澤 義人)は、イベント「会計六双 朝倉ゆめまる杯」を10月11日(水)福井県福井市 一乗ふるさと交流館にて開催しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/140567/LL_img_140567_1.jpg
研修後の朝倉氏遺跡会長による記念講演

イベント URL:http://xn--6oq99cbycyw6g.com/2017/10/13/asakurayumemaruhai/

■「会計六双 朝倉ゆめまる杯」開催の背景
「会計六双(かいけいむそう)」は、簿記・会計・財務を学べるゲーム型研修として、大澤義人税理士社労士事務所(おおさわよしひとぜいりしゃろうしじむしょ)が開発いたしました。各プレイヤー(受講者)は、戦国時代の大名(会社経営者)となり、鉄砲を調達し、市場で販売します。会社設立、借入、採用、仕入、販売、設備投資、納税、返済などの会社経営をシミュレーションし、各取引を簿記で記録し、財務諸表に集計する事で、簿記・会計・財務を学習します。このゲーム型研修を通じて、第一に、数字に強い経営者、ビジネスマンを育成し、日本経済発展に貢献したいという狙いがあり、第二に、開発者の地元である福井県福井市にある朝倉氏遺跡と地元のご当地キャラである朝倉ゆめまるをPRしたいという狙いがあります。
このため、朝倉氏遺跡出土の駒石を再現しゲーム内で使用し、「会計六双 朝倉ゆめまる杯」と称して開催することとなりました。当日は、福井市のご当地キャラである『朝倉ゆめまる』も応援参加し、一般社団法人朝倉氏遺跡保存協会会長である岸田 清様より記念講演も頂戴しました。

■開催概要
日時 : 2017年10月11日 研修 13:15~17:15
記念講演 17:30~19:00
会場 : 一乗ふるさと交流館
(朝倉氏遺跡を過ぎてすぐのところになります)
アクセス : 福井市東新町第1号21番
URL : http://www.city.fukui.lg.jp/sigoto/nourin/nuoson/ichijou.html
参加費 : 無料
参加者 : 15名
申込方法 : 公式サイトから申込・お問合せ
公式サイト: http://xn--6oq99cbycyw6g.com

■当日の参加者の声
・株式会社センレイ 代表取締役社長 小玉 紘平様
ゲームが始まると時間が経つのがあっという間で、分りやすくて面白かったです。経営者が解っていなくてはいけないことをしっかり学べるいい機会でした。

・あゆみ資産相談株式会社 福井オフィス所長 横山 光様
会計の知識が復習でき、ゲームが楽しく過ごす時間が充実していました。初対面の方ともゲームを通じて打ち解けることが出来ました。

結果、朝倉ゆめまる杯優勝は上記 小玉 紘平様となりました

■会社概要
屋号 : 大澤義人税理士社労士事務所
所在地 : 〒918-8231 福井県福井市問屋町1-10 ユニックスビル1F
電話番号: 0776-63-5610
代表者 : 代表 大澤 義人
創業 : 2013年9月
事業内容: 財務コンテンツを使用した人材育成研修事業
URL : http://xn--6oq99cbycyw6g.com

クラウドサービスと税理士の二刀使い フリーランス3年目エンジニアに聞いた『確定申告』のコツ – ガジェット通信

収入を上げ、収支をコントロールするためにフリーランスへ

三浦健太郎氏は2015年7月からフリーランスのエンジニアとして活動している。正社員からフリーランスになることに大きな不安はなかったという。

それは知人にフリーランスとして活躍しているエンジニアがいたことで、その働き方のイメージはできていたからだ。

特に週5日企業の現場で開発を行う常駐型フリーランスであれば、ワークスタイル自体が正社員時代と大きく変わることもない。

「私がフリーランスになろうと思い始めた理由は“収入を上げたい”という思いからです。知人から話を聞いていたこともあり、不安は全くありませんでしたね。むしろ、会社の一員でなく個人として働くフリーランスのように厳しい環境に身をおいたほうが、一層自分を高めようと意識が変わるんじゃないかと期待していました」

フリーランスになり、希望通り収入を上げることはできた。収入の不安定さを心配する周囲の声はあったが、企業の案件情報を多く抱えるエージェントを利用して営業活動をしていることを伝えると、ある程度安心をしてもらえたという。

常駐型フリーランスであればワークスタイルが変わらないとはいえ、これまでのように雇用契約でなくなることでたくさんの変化が起きる。その代表的なポイントが、確定申告などの税務処理関連を全て自分で行うことだ。

正社員であれば源泉徴収によって会社が納税を行うが、フリーランスは自ら日々帳簿を付け、決められた申告時期に確定申告を行う必要がある。正社員にとっては、全く経験のない作業だ。

「私の場合は、家計を見える化し、収支をコントロールできるようにしたかったので、その点にネガティブなイメージはありませんでした。自分で処理を行うことで、お金の使い方や収支の考え方にも学びがあるだろうとも思っていました」

クラウドサービスと税理士の二刀使いでスムーズに申告

フリーランスになって最初の確定申告の際、三浦氏は税理士には相談せず、クラウド会計サービスを利用し、自身で申告を完了させようとしたという。

「これまで私は家計簿などを丁寧につけているタイプではなかったのですが、これを機に毎月自分で計画を立てられるようにしたかったので、自分で処理をすることにしました。Excelのフォーマットを自分で作るのも楽しい面はあるのですが、既存のサービスを利用したほうが圧倒的に楽です」

しかし、最終的な申告書類を作るところで疑問を抱え、結果的に、申告の作業は会計士に依頼したという。

「申告書類を作るときには、やはり少し会計知識が必要になるんです。具体的に私にとって難しかったのは『仕訳』です。たとえば、“この経費はどの項目になるのか?”“一部家賃も経費として認められる場合もあるが、何割が経費として認められるのか?”など会計としての正しい判断が分からず、調べるのも手間がかかってしまうので、結局は会計士に相談することにしました」

そうして、三浦氏はクラウド型の会計サービスで入力し、会計士にそのデータを渡して申告まで依頼する方法に落ち着いた。二年目も同じ方法でスムーズに確定申告を済ませている。

やはり専門家に頼むことで安心することもでき、手間が省けるため本業に集中できる。領収書の収集は自分で行うしかないが、彼らに入力から依頼することもできる。

どのように依頼するかによって、依頼費も異なってくるので、手間や費用、管理面から総合的に判断し、自分に合う方法を見つけることが必要そうだ。

クラウド会計サービスや税理士・会計士を利用するメリットと注意点

「特にクラウドサービスの便利な点は、クレジットカードを登録すると自動的に反映し、すぐに収支が見える化できるところ。より効率化するのであれば、仕事用の口座とカードを使って管理するといいと思います。クラウドサービスによって入力を自動化できるので」

不慣れな作業に時間や手間がかかることは、大きなストレスになる。効率化できるサービスは積極的に利用したほうが良さそうだが、注意すべき点も。

「入力は楽だが、会計的な面では網羅性に欠ける」ものや、「正確な申告ができるが、複雑で使いづらく感じる」ものなど、それぞれに特徴がある。機能だけでなく、料金体系が異なるため、比較・検討して自分に合うものを探したい。

また、クラウド会計サービスと会計士・税理士などへの依頼を同時に考えている場合は、依頼する専門家がクラウド会計サービスの知識や経験があるかどうかも、処理がスムーズに進められるかに関係する。外部サービスを複数利用する際は、それぞれの相性も考えたほうがよい。

「事務処理については、独立前に考えていたより意外に楽でした。私の場合は、報酬は現在常駐している案件の分のみですし、エンジニアであれば経費の項目が多いわけでもありません。月ごとに記帳・入力作業を行えば、月1時間もかかりません。処理するものを溜めてしまうと、余計に時間がかかってしまいます」

三浦氏は、確定申告については、外部サービスを利用することで大きな負担には感じていないようだ。

頼りになる情報源は先輩フリーランス!

税理士や会計士に確定申告を依頼するにしても知っておくべき知識はある。

たとえば『青色申告』と『白色申告』について。確定申告には、簡単な帳簿で済む白色申告と、複雑な帳簿付けが必要でも特別控除があり、節税ができる青色申告がある。こうした知識は自分で学習をしていないと損をしてしまう場合もある。

これらの情報は本やWeb上で見つけることもできるが、情報収集で最も役立つのは“先輩フリーランスの体験談”だという。

「先輩フリーランスの方に相談するのが一番分かりやすい気がしています。特に、法人化している方はご自分でも会計をよく理解している方が多いです。確定申告だけでなく、フリーランス同士の繋がりがあると、そのツテでいろいろな情報が手に入ります。どんな保険がいいだとか、節税対策はどうしているだとか、常に情報交換しているので、フリーランス同士のコミュニティに参加していると、助かることが多いと思います」

当たり前だが、『フリーランスとして働く=独立』とは、この一言で表現できない多くの変化をもたらす。働く時間や場所、仕事内容を選ぶことができると同時に、税務処理を自分で行ったり、キャリア設計も自己責任になったりと、考えるべきことは多くなる。

しかし、現在はフリーランスという働き方が浸透し始め、それをサポートするサービスも充実、情報も手に入りやすくなっているのも事実である。

現に、三浦氏は大きな不安を抱かずにフリーランスになり、三年目の今「これからより自分のスキルを鍛えていきたい」と未来の自分に期待している。

いまや自由な働き方が許されているのは、特別な一部ではない。理想のライフスタイル・ワークススタイルを実現するために大切なのは、変化を受け入れる勇気だけなのかもしれない。

☆寄稿者プロフィール☆

hagy_nはぎー(geechsマガジン編集部)
ITフリーランスと企業をマッチングするサービスや、フリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」を提供するギークスに所属。ITクリエイターのための気軽な情報収集メディア「geechsマガジン」のエディター・ライターと、ITエンジニア向け無料イベントスペース「21cafe(ニイイチカフェ)」の管理人を兼務。イベントレポート・インタビュー記事を中心に執筆中。女性アイドルが大好きで、特にハロー!プロジェクトに心酔している。

【PR】あなたの本当の評価がわかる!年収提示サービス「moffers」

登録した詳細な経験・スキル情報に基づき、企業が「年収」を明示した形でスカウトを行う、エンジニアのための転職サービス「moffers」がオープンしました!

あなたの本当の評価がわかる「moffers」に登録してみませんか?

【moffers参加企業】
日産自動車、富士通、本田技研工業、富士通、三菱電機、サイバーエージェント、ソニーネットワークコミュニケーションズ、リクルートテクノロジーズ、ほか

WebからIoT、自動運転、AIまで幅広い業種・職種がラインナップしています。この機会にぜひご登録ください!

猫を殺傷し動画公開した、ある税理士の実像 – 東洋経済オンライン

ガスバーナーで焼かれ黒焦げに…

猫が虐待されたと思われる埼玉・深谷市の廃屋の一角

6匹の命を奪い動画撮影

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

目を背けたくなるような映像がネットに投稿されていた。鳴きながら鉄製のオリの中を逃げ惑う、苦痛に怯えた表情の猫。熱湯を浴びせられ、ガスバーナーで焼かれ黒焦げにされる猫。瀕死の状態で歯を抜かれる猫……。

その様子を撮影している男こそが、動物愛護法違反の罪で8月27日に警視庁保安課に逮捕、東京地検に起訴された埼玉県さいたま市の税理士、大矢誠被告(52)だ。

少なくとも13匹の猫を虐待し、うち6匹の命を奪ったとされる。一部始終を動画撮影、インターネット上の匿名掲示板に投稿してその成果を報告していた。悪趣味を通り越した、猟奇的な行為だ。

虐待の凄惨さは回を追うごとにエスカレート、ネットの闇で動物虐待を喜ぶ連中は、大矢被告を「カルおじ」の愛称で持ち上げていた。

大矢被告を知る人物が、表の顔を説明する。

「20年以上、税務署に勤務すると税理士になれるそうで、5年くらい前に退官したそうです。昨年からは北本市内の税理士の事務所を引き継いでいます。役所に長く勤めていたせいか上から目線で話しますが、勤務態度はまじめで、仕事ぶりも細かく、トラブルもなかったそうです」

さいたま市の大矢被告が住む自宅の近所の女性は、

「マンションの組合の役員をしたり、お子さんとサッカーをしたり、家族思いの普通のおじさんという印象でした」

一見、仕事も家庭も順風満帆に見える人物が、次々と猫を捕まえ命を奪っていった。

債務整理のアディーレ法律事務所 業務停止2カ月 拡大する士業の不祥事問題 – NET-IB NEWS

 債務整理の大手として知られる弁護士法人アディーレ事務所(本店:東京都豊島区)が11日、として東京弁護士会から2カ月の業務停止処分をくだされた。また、同事務所の元代表・石丸幸人弁護士は3カ月の業務停止処分となった。

 同事務所では、ホームページ上の広告で「着手金全額返還キャンペーン」などを1か月の期間限定としていたが、実際は5年近く掲載。これにより消費者庁から景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、広告禁止の措置命令を受けていた。これを受け、同事務所や所属弁護士に対する懲戒請求が起こされ、今回の処置に至った模様。

 東京弁護士会は「債務整理・過払金返還請求に係る役務を一般消費者に提供するにあたり、実際の取引条件よりも有利であると一般消費者を誤認させ、一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある極めて悪質な行為であり、しかも、長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行」としている。
業務停止処分を受けた事務所は、停止期間中は一切の弁護士業務を行うことができなくなる。このため、東京弁護士会では同事務所の依頼者を対象とする、臨時相談窓口を設置する(電話:03-6257-1007 受付時間:平日 午前9時~午後5時)

 日本弁護士連合会(日弁連)によると、2016年の弁護士の懲戒処分件数は114件で、統計を取り始めた1950年以降過去最多となっている。また、税理士の1年間の懲戒処分件数は2004年から2014年までの10年間で、約3倍の59件に増加。弁護士、税理士に限らず、士業業界で懲戒処分件数が増加している。

税理士紹介の「ビスカス」がクラウドソーシングの「ランサーズ」と業務提携 – 創業手帳 (プレスリリース)

株式会社ビスカスは、ランサーズ株式会社と、税理士紹介分野にて業務提携の合意に至ったことを発表した。

ビスカスは、あらゆる状況・要望に見合った税理士の紹介を無料で行っています。

今回の提携により、フリーランス向け税理士紹介の特設サイト「Lancers×税理士紹介センタービスカス」を設置します。