職場の人への年賀状、出す?出さない?

新しい職場での年賀状、どうする?

新年に向けて、やる気も伝わる年賀状を書こう

新年に向けて、やる気も伝わる年賀状を書こう

年末が近づき、街のあちこちで発売されている年賀状を見かけると、もうそんな時期か、と感じる一方、来年の年賀状はどうしようかと悩む時期でもありますね。

特に、今年、就職や転職をした人は、新しい職場の人に年賀状を出すか出さないか、どちらがいいのだろうと迷っている人も多いと思います。

今回は新たな職場で初めての年末年始を迎える場合、職場の人に年賀状を出すか出さないか、それを判断するためのポイントをお伝えします。

まずは今の職場の慣習を確認

職場の人に、年賀状を出すか出さないかを決めるためには、まずは職場の慣習を確認しましょう。

今の職場では、年賀状に対する意識やしきたりは新しい職場ではどうなっているのか。それを確認することで、お正月に「年賀状を出していない上司や先輩から年賀状が届いた!」と慌てる可能性を減らすことができます。

とはいっても、慣習ですから社内規定に明記されているわけではないため、自分で確認することが必要です。まず職場の先輩に、今まで年賀状はどうしてきたのかを聞いてみましょう。

お互いに年賀状を出し合っているのか、もしくはお互い出さないことになっているのか、職場全体での慣習を知った上で自分の判断をすることが大切です。大きな会社では部署によっての違いもありますので、自分の属する部署の先輩に聞くようにしましょう。

注意すべきことは、1人だけではなく複数の人に確認すること。職場内の礼儀や習慣に詳しい人や、1、2年先に入社した先輩、長くその部署にいる人など、社歴やタイプの違う人に聞けば、より正確な情報が得られるので安心です。

年賀状への考え方やこだわりは、人によって違いがあります。だからこそ、職場の慣習をしっかりと確認したうえで、自分はどうするかを判断することが大切です。

「個人判断で」という職場の場合

忙しい年末だからこそ、年賀状は早めの準備が大切

忙しい年末だからこそ、年賀状は早めの準備が大切

「全員が出す」、もしくは「出さない」という慣習がはっきりしているのであればそれに合わせれば失敗は少ないですが、「個人判断で」という職場もあります。

こうした場合、出さなくても問題ないでしょうが、できれば出しておいたほうが、気持ちよく初出社を迎えることができるでしょう。

年賀状を出す場合、職場内全員に出すか、同じチームの人だけに出すかなど、どの範囲の人にまで出すかを慎重に決めましょう。出す人があまり多すぎても、年賀状を作成するのも住所を確認するのも大変です。

また、「この人には出してあの人には出さない」といった、自分の好き嫌いで出す人を決めるのは、職場の人への年賀状ではNGです。

今年、初めて年賀状を出す相手の場合、住所は勝手に調べたりせず、年「年賀状をお送りしたいので、よろしければ住所を教えてください」と直接聞くようにしましょう。

中には、「職場の人に住所を教えたくない」という人や「返事をするのが大変なので年賀状はほしくない」という人もいます。「いらないよ」などと断られたら、無理に聞いたりせずに引き下がりましょう。

職場の人への年賀状で伝えるべきこと

年賀状は1枚で社内の人間関係を向上させたり、礼儀を重んじる印象を伝えたりすることができるツールです。

また個別に届く年賀状だからこそ、相手に合わせたメッセージを送ることができます。

  • 旧年にお世話になったことへの感謝

様々な助言やサポートを受けたことを、改めて1人1人にお礼を伝えることができるのが年賀状。 忙しい職場内では、直接お礼を言う機会はなかなかないもの。普段言えない感謝の気持ちを、きちんと言葉にして伝えるましょう。年賀状は印刷されたもので構いませんが、お世話になった上司や先輩には、きちんと手書きで一言書き添えましょう。

  • 新年の抱負や目標の宣言

上司や先輩には新年の抱負とその目標に向かって努力をする意気込みを伝えましょう。

  • 職場以外の自分の姿

仕事では厳しい上司からの年賀状にかわいい子供の写真が載っていたり、先輩の意外な趣味が分かる年賀状だったりと、職場だけでは分からないプライベートな姿を垣間見ることができるのも年賀状の面白さです。
自分らしさを伝える写真を入れることで、親近感を持たれ、親しくなるきっかけになることもあります。ただし、くれぐれもビジネスの年賀状という意識は忘れずに。

普段はなかなか言えない気持ちを、改めて一人ひとりに伝えることができるのが年賀状の魅力。感謝や熱意を、一言書き添えて、新たな年もいい関係で仕事ができるような年賀状を出しましょう。