【高論卓説】対話能力を上げるには 「適度に目を見て、目線を下」で好印象

 身につけたいスキルをパーツ分解しコア(核)スキルを反復演習する「分解スキル反復演習型能力開発プログラム」により、リーダーシップ向上をサポートしていると、コミュニケーション(対話)能力を上げたいという要望に接することが多い。

 これを分解していくと表現力、中でもアイコンタクトのスキルが、コミュニケーション能力に影響していることが分かってきた。アイコンタクトのスキルをさらに分解して、相手を見つめ続ける秒数を見極めていく。相手をひき付ける効果が最も高いアイコンタクトの秒数を体得するのだ。

 実施することは、2人1組になって1分ずつ自己紹介し、自分の紹介を自分のスマートフォンで録画し、自分で視聴することだけだ。視聴する際は、自己紹介の内容や声の良しあしではなく、相手を見つめて、目をそらすまでの間、何秒、相手を見続けて話していたかということを計測していく。

 年間3000人が参加して演習をしているが、1秒から10秒を超える長さまでアイコンタクトの秒数は大きく分かれる。そして、アイコンタクトが長い場合と、短い場合とで、聞き手から見るとどのような印象を持つか、自分のビデオを視聴しながら感じ取る。

 アイコンタクトが長過ぎると、「押し付けられている」「圧迫感がある」「売り込まれそうだ」という感想が多い。逆に短すぎると、「よそよそしい」「真剣さが感じられない」「興味がなさそう」という印象を持つ人が多い。最もひき付けられやすいアイコンタクトの秒数は2秒から3秒だ。2秒から3秒でアイコンタクトを外すと、好印象を持たれる。ただ顔立ちによって、穏やかな面差しの人は、より長いアイコンタクトでも圧迫感を与えることはなく、いわゆる顔の濃い人はより短めの方がよさそうだ。

視線を外すときは、どの方向に外すべき?

【大学ナビ】合格へクリック 模試は復習が要

 前回はマーク式試験について「選択式だからといって甘く見てはいけない」という話をした。数ある選択肢の中から一つの解答に絞ることは、理解が不十分だとできないからだ。

 一方の記述式はというと、マークシートのように一つの解答が全てではない。途中まで解答が合っていた場合には部分点がもらえる。採点も機械ではなく人が行うので、文字や説明も丁寧に、わかりやすく書くことが大切だ。特に解答が読みにくいと、もらえる部分点ももらえなくなるので、採点者の身になって記入することを心がける。

 これからの時期は模擬試験が多くなる。練習のため、記述式の模試受験を勧めたい。模試は復習が要。受験直後、答案返却時、時間を空けてからの再確認、と最低3回は行う。記述式の模試の場合、答案が返却されたら、解答解説と照らし合わせて、間違えた箇所に注目する。そして、採点者に解答の意図が伝わっていないポイントを確認する。

 「どうして点数がもらえなかったのか」。解説をよく読んで、模範解答を書き写してみると、自分の解答に足りなかった部分が見えてくる。駿台予備学校広報部の酒井絢香さんは「模範解答をただ眺め、読んだだけでは復習にならない。書き写してみると、足りない部分が実感できる。保護者も正誤の結果だけで判断せず、ちゃんと解答者の思いが採点者に伝わっているかどうか、答案を客観的に見てほしい」と話す。(データ提供・駿台予備学校)

【大学ナビ】IT時代にこそ文系学部

 「文系学部廃止論」または「文学部不要論」。2年前、文部科学大臣名で出された通知に端を発した議論は、文科省が火消しに走ったものの、なおくすぶり続けている。いま求められている文系の学問とは? そもそも文学部とは? これら深遠な問いについて考えたい。無謀は承知の上、である。(編集委員 関厚夫)

                   

 ■「豊かな知」もつ人材輩出

 「われわれ日本人というものは何なのか、どういう存在なのかを文学的、歴史的、宗教的に明らかにしてゆく-。確かに現代の学術は日進月歩であり、学問分野も多岐にわたっていますが、そんな本学の精神は建学以来、変わらないと考えております」

 國學院大學の赤井益久学長はそう話す。母体である皇典講究所の開設以来135年の歴史を持つ國學院大。人文・社会科学系の学部のみで構成され、「文学部をはじめ法学部や経済学部など5学部すべてが『日本学』であるとともに、外国の文物も合わせて学ばなくてはならないという伝統があります」(赤井学長)という。

 「教員養成系と人文社会科学系の学部・大学院は、18歳人口の減少や人材需要、教育研究水準の確保などを踏まえた組織見直し計画を策定し、廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むよう努めること」。平成27年6月、国立大学を対象に出された文科省通知の一節(一部編集)だ。マスコミや学界は「文系軽視」「文学部不要論」と批判。文科省は「『廃止』は教員養成系の『新課程』が対象」などと釈明に追われた。

残業時間、実際は月127~170時間 長時間労働で過労自殺、遺族が会社側と和解

 システム開発会社社員の男性=当時(57)=が自殺したのは長時間労働で鬱(うつ)病を発症したのが原因として、大阪府内に住む妻ら遺族4人が勤務先だった「オービーシステム」(大阪市)などに約1億4千万円の損害賠償を求める訴訟は16日、会社側が長時間労働による過労自殺と認めて謝罪し、解決金を支払うなどの内容で、大阪地裁(倉地真寿美裁判長)で和解が成立した。

 訴状によると、男性は昭和52年に入社。システムエンジニアとして勤務していたが、平成25年9月に鬱病を発症し26年1月、単身赴任先の東京都内のマンションから飛び降り自殺した。

 男性は鬱病発症まで半年間の残業時間を月20~89時間と申告していたが、品川労働基準監督署(東京)は記録などから実際は月127~170時間とし、26年9月に労災認定していた。

 原告側の代理人弁護士によると、和解条項には謝罪のほか、会社が今後、過重労働が生じないよう努める▽全従業員に社長が今回の和解を口頭で説明する-などが盛り込まれた。

 和解成立後、大阪市内で会見した男性の長女(29)は、「今後父親と同じようなことが起こらないように、いろいろな働き方が認められる社会になってほしい」と話した。

顔の見える相手を大切に 直木賞作家が語る、職場で応援がもらえる「事情」の伝え方

 作家の辻村深月さんは、学生時代に念願だった作家デビューを果たせず、20代には「会社員の私はまだかりそめの姿」と考えていたという。なぜそうした価値観を変えることができたのか。「頭でっかち」だった辻村さんの人生を変えたのは、職場の人たちの働きぶりだった。自分を成長させる「一流の心がけ」とは--。

 自分の価値観が絶対だと思い込んでいた

 一般企業に就職したとき、私は挫折感を覚えていました。なぜなら小学生の頃から作家になることに憧れ続けていたのに、学生時代に作家デビューを果たせなかったからです。絶対に作家になりたいと思っていたので、入社当時は「会社員の私はまだかりそめの姿」なんて驕った考えを持っていました。

 私に限らず、20代の若い頃って、自分の好きなものや価値観ばかりを頭の中で耕して、頭でっかちになりがちな時期です。自分の価値観が絶対だと思い込んでいるから、自ずと視野が狭くなって、周りの人にも敬意を払えなくなる。私自身、職場の先輩の「小説は司馬遼太郎しか読んだことがない」なんて声を聞くと、若者の文化を知らない、頭が固い人なんだと決めつけたりしていました。

 でも、仕事の現場では、そんなふうに思っていたはずの人たちから力を借りたり、仕事を教わったりしなければ何もできない現実に直面します。私は職場の下っ端にいる、仕事のことが何も見えていない小娘にすぎないと思い知らされたんです。

 そこで職場の人たちをよくよく見てみると、本はぜんぜん読まないけれど身のまわりで起こっているニュースのことについては聡い人、社交性がないけれど真面目に資料管理ができる人など、いろんなタイプの人が見えてきました。人の長所や頭のよさというものが一面的ではないことに気づかされた私は、その道のプロフェッショナルのかっこよさというものを初めて知りました。そのおかげで入社して早い段階で、頭でっかちの自分の価値観を捨て、一気に視野を広げられた気がします。

会社を辞める直前に知った上司の心づかい

【Luxeな日本~地元発】ふくろうづくしの神社で運気も上昇 有働文子

 西洋で知恵・賢者の象徴として愛されるふくろうを祀った神社が、茨城県と栃木県の県境、鷲子山山頂にある。鎮座1210年を迎えた鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)だ。

 大鳥居と本殿の真ん中を両県の境界が通り、大鳥居前には、向かって右が茨城、左が栃木という「県境表示」がある。

 さて、本題のふくろうだ。御祭神は鳥の神様、天日鷲命(あめのひわしのみこと)。近年は「不苦労」の文字をあて、ふくろうを大神様の使い、幸福を呼ぶ鳥として祀っている。長倉樹宮司によると、ふくろうをモチーフにしたのは、ハリー・ポッターや北海道のシマフクロウ人気がきっかけとか。

 「ふくろう神社」の名に違わず、境内は地上7メートルの大フクロウはじめ、水かけふくろう、ふくろうの石段、九星ふくろう、十干十二支ふくろうとまさにふくろう尽くしだ。まだある。置物約3千点が飾られたふくろうの部屋、約100体のふくろうが迎える福ふくろうロード、喫茶ではふくろうにちなんだ食事。とても書ききれない。

 来訪者は年間8万人以上。権禰宜(ごんねぎ)で長倉宮司の妻、澄子さんの話では、最近タイの僧侶が訪れたそうで、外国からの参拝者が増えることを期待しているという。樹齢千年の千年杉、四季の花々なども魅力の「不苦労神社」。そろそろ紅葉の季節だ。

 【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

<プロフィル>

 うどう・ふみこ 元茨城放送レポーター。茨城県内の人・モノ・行事を2年間で、約800カ所取材。現在はフリーアナウンサーとして県内外で幅広く活動中。

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japan(http://lt-j.com/)では全国の地方の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もごらんになれます。

多様化する企業の合同説明会 障害者雇用や海外展開見据え

 社員を採用するための企業の合同説明会が多様化している。2018年度からの雇用義務化を前に、鬱病など精神障害がある人を対象としたり、海外展開を意識して外国人留学生向けに開いたりしている。参加企業は増えており、力になる人材獲得への取り組みとして今後も広がりそうだ。

 人柄や特性を知る

 「どんな部署にどのような人材が必要ですか」「あなたの経験、強みは何ですか」

 人材派遣のリクルートスタッフィング(東京)などが9月中旬に都内で精神障害者らの合同面接会を開催。百貨店など約20社、20~40代の求職者約40人が集まった。

 参加したIT関連企業のテイクス(東京)の常世佳右社長は「雇用義務化に向け、人材を確保したい。書類では分からない人柄や特性を知ることができる。長く働いてほしい」と語った。

 求職者からも「多くの企業とやりとりできる」「入社後の働き方を知ることができる」など好評だった。

 今回の面接会を共催、障害者の教育や就労を支援する「LITALICO(りたりこ)」の担当者は「企業からの面接会開催の需要は多い。仕事を求める障害者と結び付ける機会として、地方を含めてさらに開催したい」と話した。

人材確保し足掛かり