一寸先は光 − 清く正しく美しく 貧乏青年が遭遇したことは? – ニコニコニュース

 家庭の事情で幼い弟妹を養うために、高校をやめて働かざるを得なくなったら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?不平不満を感じる人もいれば、ひたすら前向きに前進する人もいるでしょう。現実を受け止めて淡々と進む人の方が、目の前にある困難が簡単に解決する場合があります。

 米国インディアナ州で母子家庭に育ったジャクェイル・レーガンさん(Jhaqueil Reagan)は、16歳のときに母親を病気で亡くしました。幼い弟妹を養うために、やむなく高校を中退して働くことになり、わずかなアルバイト代で3人の生活費を賄っていました。しかし2013年、18歳になった彼は失業し、住む場所もなくなってしまいました。友人の家のソファで寝泊りし、4カ月間収入のない苦しい生活を送りました。ようやく中古品を取り扱う店の面接にこぎつけましたが、バスに乗るお金がないため、店まで16キロの道のりを歩くことにしたのです。

レストランのオーナー、Art Bouvierさん(スクリーンショット)

  真冬のインディアナポリス地区は雪に覆われ、道を歩くのは非常に大変です。レーガンさんは寒さをしのぎながら、ひたすら歩き続けました。あるレストランの前に立っていたアート・バウビアさん(Art Bouvier)に道を尋ねると、あと10キロもあるとの返事。大雪だからバスに乗った方がいいと親切に教えてくれましたが、レーガンさんは歩くしかありませんでした。

  しばらくして、車で出かけたバウビアさんは、レーガンさんがまだ歩いているのを発見。不憫に思ったバウビアさんは彼を車に乗せ、食事代を渡して目的地まで送ってあげました。この時、レーガンさんの真面目さと粘り強さに強い印象を持ったというバウビアさん。レストランのオーナーだったバウビアさんは、彼を雇いたいと考えるようになりました。

 その後、面接先から連絡がなかったレーガンさんは、バウビアさんのレストランで働くことが決まりました。この一件がバウビアさんのFacebookから拡散されると、好青年のレーガンさんを一目見ようと大勢の人がレストランに押し寄せました。

バウビアさんのレストランで働くレーガンさん(スクリーンショット)

 バウビアさんはRTV6 Newsの取材に対して、「時給800円のアルバイトの面接のために、真冬の雪道を16キロも歩いていく人は、決して無断欠勤はしない」と確信したと話しています。

 一方、「僕は本当にラッキーでした」と話すレーガンさん。自分が最も困っていたときに助けの手を差し伸べてくれたバウビアさんに感謝の気持ちでいっぱいだと話しています。

バウビアさんが経営するレストラン(スクリーンショット)

 メディアの報道により、世界中からレーガンさんのもとに経済的な援助が届きました。ところが彼は、このお金を自分のためには使わず、職を探す人がより早く生活を軌道に乗せられるようにと寄付しました。有名人となったレーガンさんのおかげでレストランは繁盛し、彼自身も小さな部屋を借りることができたそうです。

(翻訳編集・豊山)

(スクリーンショット/大紀元合成)

「真面目」、「無遅刻無欠席」は、〈強み〉にも〈弱み〉にもなる。 – ゴム報知新聞NEXT

出版ジャーナリスト 原山建郎

 今月初め、大学三年生の面接対策講座で模擬面接官を務めた。

 学生たちがいちばん苦戦したのが、自己PRであった。事前に配布した「ほんとうの自分を好きになる」ワークシートに、〈私の弱み〉〈私の強み〉をそれぞれ思いついた順に、五つずつ書き出す課題を与えた。

 面接での自己PRには、相手(この場合は企業の採用担当者)に「知ってほしい自分」「ぜひ伝えたい自分」を、わかりやすく「伝わる」ように、具体的に「伝える」ための戦術が求められる。

 最初に〈私の弱み〉を書かせたのは、〈私の強み〉が往々にして「自慢話」や「ひとりよがり」になりやすいからだ。たとえば、「高校時代は名門野球部の部長でした」「県の吹奏楽コンクールで優勝しました」などは、たしかに重要な役割や大きな成果につながる〈私の強み〉には違いないが、採用担当者としては野球部の部長という重責や吹奏楽コンクール優勝の経験で得たものが、いま大学生である自分の学生生活にどう生かされているか、そこまで話してもらわないと、いま現在の〈私の強み〉として響いてこない。とくに中学・高校時代に「成し遂げたこと」の発表では、ともすると話し手(学生)が「がんばった」ときの感激が強すぎて、「具体的にどうがんばったのか」「何か困難を乗り越えたのか」についての言及がほとんどない。

 女子学生のUさんが、「私の強みは、真面目です」という内容で自己PRをした。見るからに真面目そうで、面接官としても好感の持てる人物である。しかし、面接官の私はそこで満足するわけにはいかない。「あなたは、どう真面目なのですか?」「真面目でよかったこと、あるいは困ったことは何ですか?」と質問を投げかける。Uさんは、「真面目です」という自己PRで、すでに完結したと思っていたのか、けげんな表情をした。そのあと、私の質問に対して、Uさんなりの答え(発言)があったので、次の質問に移った。
ひと通り、模擬面接が終わって、フィードバック(振り返り)するときに、次のような話をした。

「私は真面目です、だけでは〈私の強み〉にならない。一般社会では、社員が真面目であるのは当たり前。現実には社内会議に時間に遅れる、仕事を適当にサボる社員はいます。しかし、それでも会社は基本的に真面目を大前提にして成り立っている世界なのです。真面目を自己PRするならば、他人(友人、家族)や組織(部活、ゼミ)とのかかわりの中で、自分の真面目(な行動)がどう生かされているか、どう評価されているか、そこまで考えて話さないと、真面目さのよさが相手に伝わらない、理解されにくいということです」

 たとえば、「真面目」な性格の持ち主は、他人はいい加減に仕事をしていても、自分は仕事を最後までサボらずにやる、それはそれで立派だといえるのだが、そこで自己完結(他人はともかく、自分だけは仕事をやり遂げる)してしまうところに、ある意味で「ひとりよがり」になりやすい〈私の弱み〉がひそんでいる。「私なら(あの人のように)仕事をサボらない」と相手を非難しながら、自分だけいい子になっていないか。そこで立ち止まらずに、いい加減に仕事をしている他人に、「真面目に仕事をしよう」という気持ちを起こさせる何か、よい影響をおよぼしたいという思いがあれば、「真面目」の発揮の仕方も変わってくるはずだ。

 数年前、「無遅刻無欠席」を売りにする学生がいた。小学校から高校まで無遅刻無欠席で、毎年皆勤賞をもらっていたそうで、大学でも授業に遅刻したことがないという。なにしろ学校が毎年、証明書を発行するほどだから、これはこれで素晴らしい偉業を達成したわけだが、しかし、私は次のような質問をしてみた。

「大学でも無遅刻無欠席を続けているのはすごいことですね。ところで、もっとも力を入れている科目は何ですか? ちなみにその科目の前期試験の成績、評価はS(秀)ですか? あるいはA(優)ですか?」

 想定外(?)の質問に、思わず絶句してしまう学生。ちょっとかわいそうな気もするが、ここで、面接官としては、フィードバックのときに、もう「ひと鞭」入れることにした。

 「社員の無遅刻無欠勤は、病気や忌引き以外では当たり前のことです。会社は毎年利益を生み出して、その中から社員の給料を払っています。社員の給料は、一時間当たり何千円という時間給で計算されます。したがって、無遅刻無欠勤の勤務態度を大前提にして、一時間当たりの「働き(労働効率)」を見ているのです。いま流行りの言葉でいえば、コスパ(コストパフォーマンス)です。大学生である皆さんにとってのコスパとは、無遅刻無欠席で取り組んでいる授業(科目)の成績評価ということになります」

 前回、コラムの最後に、『「コミュニケーション失調症」に陥っているかに見える日本社会は、本当の「コミュニケーション能力」を取り戻すことができるのだろうか? 今週末の面接対策合宿で、その処方箋をさぐってみたい。』と書いたが、今回の「真面目」「無遅刻無欠席」自己PRもまた、ともすると「自己完結」で満足しがちな多くの学生たちが、実際のビジネス社会で生き生きと活躍するためには、「自己完結」が許されている学生という殻を破って、コミュニケーションがとりにくい大人と会話する勇気が求められている。

【プロフィール】
 原山 建郎(はらやま たつろう) 
 出版ジャーナリスト・武蔵野大学仏教文化研究所研究員・日本東方医学会学術委員

 1946年長野県生まれ。1968年早稲田大学第一商学部卒業後、㈱主婦の友社入社。『主婦の友』、『アイ』、『わたしの健康』等の雑誌記者としてキャリアを積み、1984~1990年まで『わたしの健康』(現在は『健康』)編集長。1996~1999年まで取締役(編集・制作担当)。2003年よりフリー・ジャーナリストとして、本格的な執筆・講演および出版プロデュース活動に入る。

 2016年3月まで、武蔵野大学文学部非常勤講師、文教大学情報学部非常勤講師。専門分野はコミュニケーション論、和語でとらえる仏教的身体論など。

 おもな著書に『からだのメッセージを聴く』(集英社文庫・2001年)、『「米百俵」の精神(こころ)』(主婦の友社・2001年)、『身心やわらか健康法』(光文社カッパブックス・2002年)、『最新・最強のサプリメント大事典』(昭文社・2004年)などがある。

豪国税局、査察強化で富裕団体と面接 – NNA.ASIA

オーストラリア国税局(ATO)が、巨額資産を保有する民間団体や個人富裕層を対象に、税逃れ対策の一環として、査察のためのインタビューを実施している。現在、320団体が調査対象となっており、早期の介入を行うことで、裁判所に持ち込まれる調停件数の減少に寄与するとみられる…

文部科学省生涯学習政策局非常勤職員(時間雇用職員)採用のお知らせ – 文部科学省

平成29年12月11日
生涯学習政策局情報教育課

1.採用期間

平成30年1月16日~平成30年3月31日(予定)
(年度契約。採用後1か月間は条件付採用期間。業務の進捗状況や勤務実績等に応じ任用更新可(最大3年間))

2.採用予定数

2名

3.職名

プログラミング教育プロジェクトオフィサー (非常勤職員(時間雇用職員))

4.業務内容

 プログラミング教育プロジェクトオフィサー(仮称)は、小学校において平成32年度から必修化としているプログラミング教育の支援のため、以下に定める業務に従事する。
  イ プログラミング教育支援に関する業務
   ・プログラミング教育支援に関する全体の企画立案関係業務。
   ・プログラミング教育支援に関する会議の開催関係業務。
   ・プログラミング教育支援に関する情報発信関係業務。
  ロ 民間企業・団体等のプログラミング教材開発の促進に関する業務
   ・教材開発促進に資する方策の企画立案に関すること。
   ・教材開発促進に向けた施策の実施や委託業務管理等に関すること。
  ハ プログラミング教育に関し、学校における外部人材活用促進に関する業務
   ・学校における外部人材活用促進に資する方策の企画立案に関すること。
   ・学校における外部人材活用促進に向けた施策の実施や委託業務管理等に関すること。
  ニ その他プログラミング教育の普及等に関する業務

5.応募資格

  原則として、以下の(1)~(4)のすべてを満たす者とする。
(1)民間企業、大学、教育委員会等におけるプログラミングに関する業務経験を有すること。
(2)関係者との調整等に当たり、十分なコミュニケーション能力を有すること。
(3)プログラミング教育関係の政策に知見を有すること。
(4)パソコンを利用し、電子メール、一太郎、ワード、エクセル及びパワーポイント等による業務処理ができること。

6.勤務条件等

(1)勤務時間

月曜日~木曜日 10時~17時(6時間)(休憩時間12時~13時)
金曜日     10時~16時(5時間)(休憩時間12時~13時)
※業務の都合により、勤務時間の変更及び超過勤務を命ずる場合がある。
※勤務時間に関し、特別な事情がある場合は履歴書に明記するとともに、面接の際に申し出ること。

(2)勤務日

毎週月曜日~金曜日の週5日。ただし、祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く。勤務日については、変更する場合がある。
※勤務日に関し、特別な事情がある場合は履歴書に明記するとともに、面接の際に申し出ること。

(3)勤務場所

文部科学省(東京都千代田区霞が関3-2-2生涯学習政策局情報教育課内)

(4)休暇

年次有給休暇あり(ただし、採用から6か月経過以降)

(5)給与

日給 約11,300円~約13,700円(学歴、経験年数等を勘案して支給)
※通勤手当は常勤職員に準じ支給(月の中途で採用された場合、当該月は不支給)

(6)服務

国家公務員法及び国家公務員倫理法・倫理規程に定める諸規定の適用を受ける(一部適用除外あり)。

(7)その他

健康保険・厚生年金保険・雇用保険に加入
※6.(1)、(4)、(5)、(7)についての詳細は、勤務時間法及び給与法等の関係諸法令の定めるところによる。

7.応募要領

(1)封書には必ず「採用審査書類在中(プログラミング教育)」と明記してください。
(2)履歴書(自筆・写真貼付)及び職務経歴書(様式任意)を下記まで郵送願います。
(3)選考は、書類審査・面接による総合的な審査を経て行います。なお、応募者多数の場合には、書類審査(第一次審査)を通過された方にのみ面接(第二次審査)を行います。
(4)面接日は、平成29年12月27日(水曜日)頃を予定しています。時間等については、後日連絡いたします。
(5)応募された書類の秘密は保持いたしますが、返却されないことをあらかじめ御了承願います。
(6)審査の結果、採用となった方は、採用手続書類として、3か月以内の健康診断書、最終学歴の卒業を証明する書類(卒業証明書等)・職歴を証明する書類(在職証明書等)などが必要となります。短期間でこれらの書類を準備していただくことになりますので、あらかじめ御了承願います。また、採用後は、個人番号(マイナンバー)カードを身分証として使用することとしていますので、未取得の場合は、あらかじめカード取得の手続きをしていただく必要があります。

8.応募締切り

平成29年12月25日(月曜日) 必着

9.書類提出先

〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
 文部科学省生涯学習政策局情報教育課 青木 宛て

生涯学習政策局情報教育課

細野
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2658)

就職活動、人工知能で私の合否が決まる? 【AI】による採用とは? – ダ・ヴィンチニュース

『AI面接#採用』(山崎俊明/東京堂出版)

 人工知能(AI)がSF小説の中だけではなく、現実社会で活躍するようになってきている。とはいえ、実際の生活では実感が持てない人も多いだろう。まだまだ自分には関係ない、と思っているあなた、驚くなかれ。なんと、AIは採用人事にまで侵食を始めているのだ。『AI面接#採用』(山崎俊明/東京堂出版)は、企業の人事部向けに書かれた、AIによる採用活動を勧める一冊。本書から、AI採用とはどのようなものなのかをご紹介したい。

 現在、大手企業の多くは、新卒者向けの採用活動に、インターネットを使ってエントリーシートの提出を求めている。エントリーシートは、2000年頃から行われている採用手段のひとつで、旧帝大や有名私立大の学生だけに会社案内を郵送するのは不公平なのではないか、という疑問のもとに始められたものだ。開始当時は、どんな大学の学生にも平等に就職のチャンスを与えよう、企業側にとっては多様な人材にアタックできるメリットがある、という前向きな謳い文句が世間を躍った。しかし、現在ではエントリーシートの問題点も表面化してきている。そのひとつは、人事部が大量のエントリーシートに目を通さねばならず、じっくりと慎重な吟味ができないことだ。結局は、大学名などの分かりやすい記号でふるいに掛け、優秀な人材を落としている可能性だってあるかもしれない。

 この状況を改善しようと、もうすでにソフトバンクでは2018年4月以降入社分のエントリーシートの審査はAIが行っている。AIで合格基準に達したシートを通過させ、残りを人事担当者がチェックしてから落としているのだとか。ANAでは2018年卒事務職の採用から性格診断アプリケーションを導入、三菱商事では社員のデータベースを学習させたAIを採用に生かすべく研究中だという。

 確かに、採用人事を行う側に立ってみれば、大きな数の中からよりベターな人材を選ぶ助けになるだろう。AIは従来のコンピュータと違って、自分で学習と判断をすることができるので、抽象的な認識も可能。そして、人間以上に大量のデータを扱うのが得意だ。これからますます導入する企業が増えていくことは容易に想像される。また、将来的には、採用人事だけではなく、社内での昇進降格人事にも進出してくるだろう。しかしまだ今のところは、一次面接はAIが行っても、その後の面接はどの社も人間が行うことになっている。AIには、「受験者が社風に一致するかどうか」を判定するのは難しいとされているからだ。

 そうはいっても、受験する側は、採用に使われるAIがどんなものなのかを少しでも知っておき、受験対策をしたいところだ。今後、さまざまな種類の採用AIが出てくると思われるが、ここでは本書に沿ってAI面接官「SHaiN」を、その内のひとつとして取り上げておこう。

 AI面接官「SHaiN」は、受験者の能力を数値化するAIだ。ビジネス上で一般的に求められる資質は、「バイタリティ、イニシアティブ、対人影響力、柔軟性、感受性、自主独立性、計画力、インパクト、理解力、表現力、ストレス耐性」の11項目だとのこと。SHaiNは、これらすべてを数値化するので、企業側は、数値を自分たちの作った採用基準と照らし合わせて合否を決めることになる。SHaiNは、その人の資質データ取得に忠実な設計なので、判断材料が取れるまで辛抱強く質問を繰り返すことが特長だ。

 このように、時代とともに採用現場は変わっていくが、受験者の側は企業がどんな人材を求めているのかをチェックせねばならぬことに変わりはない。一方、企業側は、今までより明確に、求める人材像を数値化する必要があるだろう。どんな人材が欲しいのか、はっきりと定義化して数値に落とし込まなくてはならないのだ。懸念される点を敢えて挙げるとすると、「求める人材(受験側からすれば企業)像とは違ったけれど、長い目で見れば結果よかった」という曖昧さがなくなることだろうか。企業が多様な人を欲してくれて、企業に勤めるということがハイクラスなことにならないような世の中であってほしいと願うばかりだ。

文=奥みんす

たかまつなな、NHKの入局試験を暴露 「和田アキ子のNHKディスり」に注目も – しらべぇ

10日に放送されたTBS系情報番組『アッコにおまかせ!』では、お笑いタレント・たかまつななのNHKへの内定がテーマに。そのやり取りの中で、和田アキ子によるNHK批判がネットでは話題になっている。

■芸人からNHKへ

お嬢様・高学歴芸人として活躍し、お笑いを通して政治や社会問題を発信する、たかまつななのNHK内定を11月30日発売の『週刊文春』が報じた。

記事では「それについては、私からは、お答えできないのですが…」と歯切れが悪かったが、『アッコにおまかせ!』では…

「内定をもらっています。来年4月からディレクターになります。今、いろんな学校で政治の授業をしているんですけど、若者と政治を繋ぐような番組を作りたいなと思っています」

と、コメント。和田アキ子は「うちらは出られない」と笑顔で話した。

■NHKの試験を暴露

世間から人気があるテレビ業界の仕事。入局試験の問題はどんなものか一度でいいから見てみたいという人も多いかもしれない。そこで、たかまつは、入局試験の内容を暴露した。

「6回の面接と論述試験。面接では毎回、NHKについて思うことがあったら言ってくださいと批判みたいなものを求められました」と語る。

面接では「ドキュメント72時間の終わり方がいつもゆるい!」と批判したようだ。試験の内容を聞いた和田は「私もやりたかった」と本音を吐露した。

■ネット民はアッコの失言に注目

ネットでは和田アキ子の失言に注目が集まっている

■和田アキ子のニーズは…

しらべぇ編集部が全国の20代から60代の和田アキ子を知っている人1,226名に、「和田アキ子は芸能界にとって必要な人物だと思うか」を調査したところ、「必要」と考えている人はおよそ4人に1人という結果に。

和田は長年、芸能界を牽引してきた大御所であるが、一方で炎上発言なども巻き起こしていることは事実。NHKに対しては、やはり「紅白への恨み」が激しいものと推測される。

・合わせて読みたい→和田アキ子のパワハラ疑惑に法的見解は「NO」  でも納得できない人続出

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の和田アキ子を知っている人1226名(有効回答数)

川田アナ、アナウンサー試験の裏話明かす 面接で絶叫「バカヤロー」 – サンケイスポーツ

 フリーアナウンサーの川田裕美(34)が10日、日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。読売テレビのアナウンサー試験での裏話を明かした。

 番組では川田に関する数々の仰天エピソードを紹介。「家族のたこ焼きパーティーは必ず正座」や「家族旅行は3駅先の旅館」などが明かされた。また川田家の掟として「新品の靴はツバをつけてから履く」と話し、「未だに一人暮らしの部屋でやってます。結婚したら旦那さんにもやってもらう」と共演者を驚かせた。

 また読売テレビの面接試験の話を聞かれ、「『金』という一文字を使ってフリートークをしてくださいというお題があって、みんな『金メダル』とかだったんですけど、私は『カネ、カネ、カネ』」と苦笑いしながら当時を回顧。好きだった男性に30万円を騙し取られた話を試験で話したと明かした。

 川田は大学近くの洋服店店員に片思いしていたと告白。その男性が着ている服と同じものがほしいと思っていたところへ「この口座に30万円振り込んだらオレと同じ洋服が着られるよ」と言われ振り込んだという。しかし「どうもその人はただで手に入れたものを私に30万円で売りつけたんですね」と話し、「どんどん腹が立ってきて、最後に時間がなかったから『バカヤロー』と叫びました」と裏話を明かした。