ネットで巻き起こったリアルな「ロスジェネの逆襲」 – ニコニコニュース

(C)sunabesyou / Shutterstock
(C)Shutterstock

世の中の“人手不足”が話題だ。全国の小中学校での教員不足や、ファミリーレストランが24時間営業をやめるのも、もはや珍しくない。いまやサービス業にとどまらず、製造業やIT関連へも波及しているという。

そんななか、化学最大手『旭化成』の小堀秀毅社長の発言が、インターネットで波紋を広げている。

その発言は12月7日の朝日新聞のインタビューに答えたときのもので、内容は次の通りだ。

《当社では、30代後半から40代前半の層が薄くなっています。2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです。その世代が中間管理職として一番パワーをもたないといけない時代にさしかかってきました。キャリア採用もしていますが、なかなか人が集まりません。》

“中間世代”と言われる30~40代の従業員数が少ないという嘆きだった。これに対し、SNSなどに批判が殺到し、炎上している。

《加害者なのに被害者になりすますってかwww》
《何を今更…。あなた方が就職氷河期世代にした事を忘れたの?言っとくけど今後この世代が定年の時代になったら今以上に問題は山積しますよ。あっ、自己責任でしたっけ?ほんと怒りで震えるわ。》
《名指しされた世代にとっては、胸ぐらつかんで「どの口がいってんだよ!」と言ってやりたい。散々いらないって言われて、今さら足りない?仕事が出来ない?20年ほっぽらかしておいて、よく言うなぁ?》
《旭化成社長が言質とられる発言したから槍玉にあがっているだけであって、同じような考えの経営者は多いと思っている。でも記事として書かれたことで「棄てられたような感覚を必死で抑えている」氷河期世代の怒りに火をつけた。》

特に、この2000年前後に新卒の就職活動が直撃した世代と思われる人からの反発が多い。

《炎上してる某企業の社長は、自分自身が企業なり社会に関わって来た、その責任はあると言う自覚の無さに原因がある。悪いことは誰かのせい。自分は関係ないという無責任体質。そういう人間がトップというのが今の日本の大問題。》
《旭化成社長の「40代前半の層が薄い」発言、この人の年代みればいかにも言いそうなことで、別に自分たちが切った訳じゃなく、上の世代がやったことだからっていう他人事なんだよね。実際に切った人たちはこんな言い方しない。》

このように、旭化成社長の自覚の薄さに対する反発や、《この社長さん何歳だろうとググったら現在62歳。「2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです」と仰る2000年は45歳。まさに会社の中核。なんで他人事のように…》と社長の経歴まで調べる人まで出てきている。

ネットで巻き起こったリアルな「ロスジェネの逆襲」

簡単に消えることのない「恨み」

現在の30代から40代前半の世代は、“ロスジェネ”と呼ばれて就職活動で苦労をしてきた世代だ。新卒学生の就職率が6割を切り、東京大学や京都大学、早稲田大や慶応大といった一流大学と呼ばれる大学を卒業してもフリーターやニートになっている人は珍しくない。

だが、経営者側からみれば当時はバブル崩壊、アジア金融危機、小泉改革による格差社会、リーマンショックと採用を絞らないと会社自体がつぶれてしまうという危機もあったという理由もあるだろう。しかし、次のような意見もある。

《旭化成の寝言に関して。氷河期ど真ん中世代の1人として言っておくと、火をつけるだけがテロではないよ。今後、親の世代が介護老人になっても相手しない(そんな余裕ない)し、社会参加を頼まれてもお断りする。絶縁してきたのはそっちだからね。都合よく仲直りできるなんて思わないでほしい。》

このように、社会と断絶されたのだという“恨み”に近い思いは簡単には消えないようだ。

大ヒットしたドラマ『半沢直樹』の原作小説シリーズには『ロスジェネの逆襲』というのがある。まさに、これからこの逆襲が始まろうとしているようだ。

(C)Shutterstock

マンズワイン、新社長に島崎大氏 【速報】 |日本食糧新聞・電子版 – 食の情報源

 マンズワインは8日、島崎大代表取締役常務を社長に昇任させた。前社長の茂木信三郎氏は10月10日に死去。社長空席を解消した。マンズワインはキッコーマングループのワインの製造子会社。

 島崎大氏(しまざき・だい)1961年2月13日生まれ、東京都出身、56歳。山梨大学工学部発酵生産学科卒。83年4月マンズワイン入社。2008年4月品質管理部長、13年6月取締役品質管理部長、15年4月取締役勝沼ワイナリー工場長兼品質統括部長、16年7月取締役常務勝沼ワイナリー工場長兼品質統括部長、・・・

[全文は電子版会員登録を]

世界最高級、350時間かけ7%まで精米した日本酒「NIIZAWA … – PR TIMES (プレスリリース)


 

左:NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平  右:NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美左:NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平  右:NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美

世界最高峰 350時間かけて7%まで精米。 上:玄米 下:7%精米 世界最高峰 350時間かけて7%まで精米。 上:玄米 下:7%精米

「NIIZAWA」 と 「NIIZAWA KIZASHI」 は、株式会社 新澤醸造店が350時間かけ7%まで精米した最高級酒です。 このプロジェクトによって、優れた現代アーティストの顕彰を行い、その一方で日本酒という日本の伝統的な文化遺産の価値を世界に発信し、これを振興していく、極めてユニークな試みです。

また、「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」の売上の一部は、文化芸術の振興に寄与する活動に使わせて頂きます。

つきましては、日本の伝統文化と現代文化の国際的な振興とというユニークな試みの趣旨を御理解いただき、周知のご協力賜りますようお願い申し上げます。

【販売価格】

NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平 720ml 60,000円(税別)

NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美 720ml 40,000円(税別)

各1,000本限定



【NIIZAWA SAKE STORE 販売開始】

2017年12月12日(火曜)

販売:NIIZAWA SAKE STORE サイト

http://www.niizawa-sake.jp/

2017「NIIZAWA Prize by ARTLOGUE」受賞者

GRAND PRIZE
名和晃平

「NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平」ラベル「NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平」ラベル

「作家略歴」
1975年大阪生まれ。彫刻家。京都造形芸術大学教授。1998年京都市立芸術大学美術科彫刻専攻卒業。2000年同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2003年同大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。2009年京都・伏見区に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。2011年、東京都現代美術館にて個展「名和晃平―シンセシス」、2017年JAPAN HOUSE São Pauloにて個展「ESPUMA | Kohei Nawa」を開催。画素のPixelと細胞のCellを組み合わせた独自の「PixCell」という概念を機軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。

KIZASHI PRIZE
町田久美

「NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美」ラベル「NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美」ラベル

「作家略歴」
1970年、群馬県高崎市生まれ。1994年、多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業。2005年より西村画廊(東京)で個展。2008-2009年、文化庁新進芸術家海外留学制度でデンマークに滞在。同年、ケストナーゲゼルシャフト(ドイツ)、高崎市タワー美術館で個展。その他、国内外で展覧会多数。
近年の展覧会に、2017年の「Kumi Machida – Japanske Streger」(カルチャーハウス・カッペルボー、デンマーク)、「Japanorama」(ポンピドゥ・センター・メッス、フランス)、「ドラえもん展」(森アーツセンターギャラリー)など。2012年、「町田久美画集」(青幻舎)刊行。

「NIIZAWA Prize by ARTLOGUE」

【選定委員会】

選定委員長:南條史生(森美術館館長)

【主 催】

株式会社アートローグ

株式会社 新澤醸造店

【販売価格】

NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平 720ml  60,000円 税別

NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美 720ml  40,000円 税別

【NIIZAWA SAKE STORE 販売開始】

2017年12月12日(火曜)

 

世界最高級、350時間かけ7%まで精米した日本酒「NIIZAWA」「NIIZAWA KIZASHI」12月12日発売開始 ! 2017年のラベルアーティストは名和晃平と町田久美。各1000 … – PR TIMES (プレスリリース)


 

左:NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平  右:NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美左:NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平  右:NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美

世界最高峰 350時間かけて7%まで精米。 上:玄米 下:7%精米 世界最高峰 350時間かけて7%まで精米。 上:玄米 下:7%精米

「NIIZAWA」 と 「NIIZAWA KIZASHI」 は、株式会社 新澤醸造店が350時間かけ7%まで精米した最高級酒です。 このプロジェクトによって、優れた現代アーティストの顕彰を行い、その一方で日本酒という日本の伝統的な文化遺産の価値を世界に発信し、これを振興していく、極めてユニークな試みです。

また、「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」の売上の一部は、文化芸術の振興に寄与する活動に使わせて頂きます。

つきましては、日本の伝統文化と現代文化の国際的な振興とというユニークな試みの趣旨を御理解いただき、周知のご協力賜りますようお願い申し上げます。

【販売価格】

NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平 720ml 60,000円(税別)

NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美 720ml 40,000円(税別)

各1,000本限定



【NIIZAWA SAKE STORE 販売開始】

2017年12月12日(火曜)

販売:NIIZAWA SAKE STORE サイト

http://www.niizawa-sake.jp/

2017「NIIZAWA Prize by ARTLOGUE」受賞者

GRAND PRIZE
名和晃平

「NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平」ラベル「NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平」ラベル

「作家略歴」
1975年大阪生まれ。彫刻家。京都造形芸術大学教授。1998年京都市立芸術大学美術科彫刻専攻卒業。2000年同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2003年同大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。2009年京都・伏見区に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。2011年、東京都現代美術館にて個展「名和晃平―シンセシス」、2017年JAPAN HOUSE São Pauloにて個展「ESPUMA | Kohei Nawa」を開催。画素のPixelと細胞のCellを組み合わせた独自の「PixCell」という概念を機軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。

KIZASHI PRIZE
町田久美

「NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美」ラベル「NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美」ラベル

「作家略歴」
1970年、群馬県高崎市生まれ。1994年、多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業。2005年より西村画廊(東京)で個展。2008-2009年、文化庁新進芸術家海外留学制度でデンマークに滞在。同年、ケストナーゲゼルシャフト(ドイツ)、高崎市タワー美術館で個展。その他、国内外で展覧会多数。
近年の展覧会に、2017年の「Kumi Machida – Japanske Streger」(カルチャーハウス・カッペルボー、デンマーク)、「Japanorama」(ポンピドゥ・センター・メッス、フランス)、「ドラえもん展」(森アーツセンターギャラリー)など。2012年、「町田久美画集」(青幻舎)刊行。

「NIIZAWA Prize by ARTLOGUE」

【選定委員会】

選定委員長:南條史生(森美術館館長)

【主 催】

株式会社アートローグ

株式会社 新澤醸造店

【販売価格】

NIIZAWA 純米大吟醸 2017 名和晃平 720ml  60,000円 税別

NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2017 町田久美 720ml  40,000円 税別

【NIIZAWA SAKE STORE 販売開始】

2017年12月12日(火曜)

 

福留さんダメ出し役になって…阪神新社長が異例要請 – 日刊スポーツ

 キャプテンが新社長とタッグ!! 阪神福留孝介外野手(40)が11日、西宮市内の球団事務所で契約交渉に臨み、1000万円減の推定年俸2億2000万円でサインした。12月1日に就任したばかりの揚塩健治球団社長(57)が同席する異例の展開。来季もキャプテンを継続するが「社長にダメ出しOK」のお墨付きも与えられた。戦う現場とフロントが一体化し、来季は悲願の日本一を目指す。

 契約交渉の席に揚塩球団社長の姿があった。キャプテン2年目に入った福留と膝を突き合わせる。12月に就任したばかりの球団社長は、ナインを束ねるベテランと40分近く話した。

 同席が異例なら、席上の発言も異例だった。「私から発信することが現場としてそぐわなければ、キャプテンとして『違うんじゃないですか』と言ってください」。社長自ら、異論をいとわないと胸襟を開いた。「ダメ出し」をOKしたのには理由があった。

 揚塩社長 フロント、チームが一体となって優勝、日本一へ一緒に頑張りましょう。(社長にもの申すのも)キャプテンとしての責任と権限があるんです。

 福留はあくまでも自然体だ。こう返答したという。「全部、自分が引っ張るわけじゃないです。ベテランの人と一緒にチーム全体を引っ張ろうと思います」。昨オフ、鳥谷からバトンを託される形でキャプテンを引き受けた。今年11月には、金本監督から続投を伝えられた。この日も福留は「(目標は)優勝です。それしかない。鳥谷、能見、上の選手が口に出してくれている」と力を込めた。

 ベテランが率先して、若手にあるべき姿を示していく。その方針は揚塩社長の思いと重なる。「チームを引っ張る手法は、こちらの期待している形でした」。スタンスは一致していた。

 福留 社長に、どんどん言ってくださいと言葉を頂きました。阪神という組織の中で、全体で優勝、日本一という大きな目標に向かってやっていけたらいい。

 今季は93試合、4番に座り、打率2割6分3厘、18本塁打だった。クライマックスシリーズでは公式戦3位のDeNAに敗退。それだけに口調は熱を帯びる。

 福留 最後、勝てなかった。レギュラーシーズンもそうですけど、クライマックスに行って勝ちきれなかったことが悔しい。1つのボール、1つの勝ちに対して、そういう執念が、まだまだ足りないのかな。

 チームを前進させるため。新社長お墨付きのキャプテンシーを発揮し、果敢に頂点を狙う。【酒井俊作】

<過去の意外な球界契約更改交渉>

 ◆タコ漁師になります 92年のオリックス佐藤和弘は、起用法の不満から引退を決意。一時は兵庫・明石市で底引き網のタコ漁師となる決心を固めた。その後わびを入れ、200万円減の1000万円で更改。

 ◆大声料 オリックス下山真二は05年、ベンチでヤジを飛ばし過ぎ、喉のポリープを手術。ムードメーカーぶりが評価され300万円増の1880万円を勝ち取った。

 ◆犬手当 03年阪神Vの立役者となった下柳剛は、2年総額3億円の好条件に加え、愛犬「ラガー」君の面倒を見るという提示に納得。FA宣言した上で残留した。

 ◆エコ査定 阪神の関本賢太郎は08年7月25日中日戦で、甲子園のお立ち台から「ゴミは持ち帰ってください!」。これにより試合後のゴミは激減。異例の貢献が認められ3500万円増の8500万円でサインした。

<阪神の主な主将>

 プロ野球創成期にコーチはほとんどおらず、主将が監督の補佐役だった。初代主将の松木謙治郎は、37年春に首位打者と本塁打王の2冠。39年は助監督も兼ねた。元祖ミスタータイガース藤村富美男、後の日本一監督吉田義男も主将を経験。近年では06年に赤星が務め、12年には投手で藤川、野手で鳥谷の2人が就任している。

福留が自身の応援歌を歌えない理由…目指すは藤村富美男の立ち位置 – 産経ニュース

 エッ…と思った。福留選手の契約更改交渉が球団で行われたが、その席に球団揚塩健治新社長が同席していたからだ。これは非常に珍しい。何か新社長なりの思いがあるのか? と考えた。

 取材したトラ番キャップ阿部祐亮はいう。

 「率直に揚塩社長の“温かさ”が前面に出たんじゃないかと思います。1日に就任してから『思い立ったらすぐ行動』という情熱派の方ですから、むしろ社長の気持ちが福留さんにも伝わって、よかった」

 実は阿部キャップと話していてフト、さる11月22日にリーガロイヤルホテル大阪での『ミキハウス・サンスポMVP表彰&ファン交歓会』の時のMVP福留孝介選手のコメントを思い出した。

 質問コーナーで打席での自身の応援歌を歌えますか? とリクエストされたときに、彼は「いや、実は常に僕は打席では投手がボールを投げる瞬間、指先からピチッという音まで聞き耳を立てて集中しようとしているんで、音楽は聞こえていないんですよ…」と言った。

 つまり、その一瞬に全神経を研ぎ澄ましているから…音楽は記憶にない…という。

 その時、ハッとした。これと同じことを筆者は新米トラ番記者の頃に甲子園で藤村富美男さんから直接聞いたことが記憶に残っていたからだ。

 それは藤村さんに「沢村栄治投手との勝負について」と尋ねたときのことだ。藤村さんはもちろん現役を退いて某社の営業部長というサラリーマンをされていた頃だ。球場前の道端で、こっちの問いにあの藤村さんがかばんを置いて、ジェスチャー入りで熱くこう語ってくれたのである。

続きを読む

Candee、24.5億円の第三者割当増資を実施し、ライブコマースを中心としたソーシャルビデオプラットフォーム構想を加速 – 時事通信

[Candee]

モバイル動画を軸に、メディア事業、動画マーケティング支援事業、タレントマネジメント事業を展開する株式会社Candee(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:古岸 和樹 以下Candee)は、Eight Roads Ventures Japan (所在地:東京都港区、日本代表:デービッド・ミルスタイン)をリードインベスターとする24.5億円の第三者割当増資を実施し、Eight Roads Ventures Japanの深澤 優壽氏が社外取締役に就任した事をお知らせ致します。引受先は、既存株主であるYJキャピタル株式会社の他、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ、株式会社オプトベンチャーズ、グリー株式会社、株式会社大一商会、みずほキャピタル株式会社 (順不同)です。今回の資金調達を含め、累計額は40.5億円となります。これにより“Live Shop!”のさらなるコンテンツ拡充、ライブパフォーマーの発掘・育成、広告商材の開発及びアライアンス強化など全方位に事業拡大し、各部門の人材採用も強化致します。

■ソーシャルビデオプラットフォーム構想

5G時代を見据えた「ソーシャルビデオ革命」を掲げるCandeeは、自社ソーシャルビデオプラットフォーム“Live Up!” 構想をすすめてきました。Live Up!は、ソーシャルビデオコンテンツにおいて重要なファクターである「スマホファースト」「ソーシャル」「インタラクティブ」という3つのキーワードを軸に、様々なカテゴリをバーティカルに立ち上げていくLIVE(生配信)プラットフォームです。その第一弾として、ソーシャルライブコマース“Live Shop!”を2017年6月にリリース致しました。
今回の調達により、これらの展開をさらに加速させ「新しい時代のカルチャーとスターの創造」というCandeeのミッションを実現していきます。

<Live Shop!>
ライブ配信中に商品を購入できるソーシャルライブコマース

モデルやインフルエンサーといった出演者が、ライブ配信で流行のファッションやメイクなどを紹介し、気になったアイテムを視聴者がその場で購入できます。また、配信中に視聴者がコメントし、出演者と双方向にコミュニケーションを取ることができる、モバイル時代ならではの新感覚のショッピング体験です。(https://liveshop.jp/)
サービス紹介動画:https://youtu.be/2og80mmlo8U

■Eight Roads Ventures Japan 深澤 優壽(ふかさわまさとし)氏の略歴
東京工業大学工学部卒業。ハーバードビジネススクール(PLD修了)。2002年アクセンチュアに入社。経営コンサルタントとして、通信・ハイテク・メディア・インターネット業界にて、新規事業立上げ、SCM改革、R&D戦略など延べ50以上のプロジェクトに従事。2011年にDeNA参画後、社長室 Head of Marketing 兼 ngmoco Directorとして、米国や海外でのモバイルゲーム事業の運営・マーケティングに従事し、北米売上1位のスマートフォンゲーム立上げに貢献。2014年にDeNAライフサイエンス社長に就任し新規事業(ヘルスケア事業)を立上げ。その後DeNA戦略投資推進室にて国内外のベンチャー投資を担当。2016年にEight Roads Venturesに参画しベンチャー投資/育成事業に従事(現職:プリンシパル)主な投資/支援先は、Kaizen Platform、Whill、WonderPlanet、FLOSFIA、A-SaaS、Kii、Paidyなど

(深澤氏からのコメント)
急成長しているモバイル動画市場において、良質なコンテンツの企画・制作・運営などを垂直統合で手がけるCandeeに出資し、一緒に新しいメディアビジネスを立ち上げ、成長を支援させていただくことを大変嬉しく思います。Eight Roadsのグローバルな知見やネットワークもフル活用して、Candeeを全力で応援していきます。

■会社概要
<Eight Roads Ventures Japan>
日本におけるFIL(フィデリティ・インターナショナル・リミテッド)のベンチャーキャピタル投資を行うプリンシパル投資部門。Eight Roads Venturesは香港、北京、上海、ムンバイ、ロンドン、そして東京に拠点を設け、約20年にわたりローカルな知識とグローバルなネットワークを最大限に活用し、ハンズオンで出資先企業の経営支援を行ってきました。日本では2012年より投資活動を行い、主に革新的なグロースステージの企業へ出資しております。
URL:https://eightroads.com/en/ventures/japan

<Candee>
Candeeは、モバイル動画市場における知見を有する経営陣及びスペシャリスト集団のもと、 2015年に設立以来、ライブ配信9,800本以上、モバイル動画1,500本以上を企画から制作・配信までワンストップで行なってきました。「メディア・タレントマネジメント・動画マーケティング支援(広告)」というTVで成功した3事業を垂直統合し、ネット時代の新しいカルチャーとスターの創造をミッションとしています。


社名  :株式会社 Candee / Candee, Inc.
代表者 :代表取締役社長 CEO 古岸 和樹
所在地 :東京都港区南青山3-2-2 南青山MRビル2F
資本金 :4,111,565,684円 (資本準備金含む)
事業内容:メディア事業、動画マーケティング支援事業、タレントマネジメント事業
設立  :2015年2月23日
URL  :http://candee.co.jp/

■Candee取締役新体制
古岸和樹 代表取締役社長 CEO
新井拓郎 取締役副社長 CCO
山村嘉克 取締役副社長 CSO
堤達生  社外取締役
戸祭陽介 社外取締役
深澤優壽 社外取締役
國光宏尚 取締役会長(非常勤)

企業プレスリリース詳細へ (2017/12/12-11:01)