ネットで巻き起こったリアルな「ロスジェネの逆襲」 – ニコニコニュース

(C)sunabesyou / Shutterstock
(C)Shutterstock

世の中の“人手不足”が話題だ。全国の小中学校での教員不足や、ファミリーレストランが24時間営業をやめるのも、もはや珍しくない。いまやサービス業にとどまらず、製造業やIT関連へも波及しているという。

そんななか、化学最大手『旭化成』の小堀秀毅社長の発言が、インターネットで波紋を広げている。

その発言は12月7日の朝日新聞のインタビューに答えたときのもので、内容は次の通りだ。

《当社では、30代後半から40代前半の層が薄くなっています。2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです。その世代が中間管理職として一番パワーをもたないといけない時代にさしかかってきました。キャリア採用もしていますが、なかなか人が集まりません。》

“中間世代”と言われる30~40代の従業員数が少ないという嘆きだった。これに対し、SNSなどに批判が殺到し、炎上している。

《加害者なのに被害者になりすますってかwww》
《何を今更…。あなた方が就職氷河期世代にした事を忘れたの?言っとくけど今後この世代が定年の時代になったら今以上に問題は山積しますよ。あっ、自己責任でしたっけ?ほんと怒りで震えるわ。》
《名指しされた世代にとっては、胸ぐらつかんで「どの口がいってんだよ!」と言ってやりたい。散々いらないって言われて、今さら足りない?仕事が出来ない?20年ほっぽらかしておいて、よく言うなぁ?》
《旭化成社長が言質とられる発言したから槍玉にあがっているだけであって、同じような考えの経営者は多いと思っている。でも記事として書かれたことで「棄てられたような感覚を必死で抑えている」氷河期世代の怒りに火をつけた。》

特に、この2000年前後に新卒の就職活動が直撃した世代と思われる人からの反発が多い。

《炎上してる某企業の社長は、自分自身が企業なり社会に関わって来た、その責任はあると言う自覚の無さに原因がある。悪いことは誰かのせい。自分は関係ないという無責任体質。そういう人間がトップというのが今の日本の大問題。》
《旭化成社長の「40代前半の層が薄い」発言、この人の年代みればいかにも言いそうなことで、別に自分たちが切った訳じゃなく、上の世代がやったことだからっていう他人事なんだよね。実際に切った人たちはこんな言い方しない。》

このように、旭化成社長の自覚の薄さに対する反発や、《この社長さん何歳だろうとググったら現在62歳。「2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです」と仰る2000年は45歳。まさに会社の中核。なんで他人事のように…》と社長の経歴まで調べる人まで出てきている。

ネットで巻き起こったリアルな「ロスジェネの逆襲」

簡単に消えることのない「恨み」

現在の30代から40代前半の世代は、“ロスジェネ”と呼ばれて就職活動で苦労をしてきた世代だ。新卒学生の就職率が6割を切り、東京大学や京都大学、早稲田大や慶応大といった一流大学と呼ばれる大学を卒業してもフリーターやニートになっている人は珍しくない。

だが、経営者側からみれば当時はバブル崩壊、アジア金融危機、小泉改革による格差社会、リーマンショックと採用を絞らないと会社自体がつぶれてしまうという危機もあったという理由もあるだろう。しかし、次のような意見もある。

《旭化成の寝言に関して。氷河期ど真ん中世代の1人として言っておくと、火をつけるだけがテロではないよ。今後、親の世代が介護老人になっても相手しない(そんな余裕ない)し、社会参加を頼まれてもお断りする。絶縁してきたのはそっちだからね。都合よく仲直りできるなんて思わないでほしい。》

このように、社会と断絶されたのだという“恨み”に近い思いは簡単には消えないようだ。

大ヒットしたドラマ『半沢直樹』の原作小説シリーズには『ロスジェネの逆襲』というのがある。まさに、これからこの逆襲が始まろうとしているようだ。

(C)Shutterstock

西田厚聡・元東芝社長死去 「カリスマ経営者」から一転… 強気のWH … – SankeiBiz

 東芝で社長や会長を歴任した西田厚聡(にしだ・あつとし)氏が8日、急性心筋梗塞で死去した。73歳だった。

 かつては米原発メーカー、ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の買収などを手がけ、「カリスマ経営者」として名をはせたが、東芝で不正会計問題が発覚した2015年以降は「戦犯」と名指しされるなど、波瀾(はらん)万丈な生涯を送った。

 異色の経歴を歩んだ。東大大学院でイラン出身の夫人と出会い学生結婚。イランに渡り、東芝の現地合弁会社に採用されると頭角を現して、東芝本体に転じた。

 東芝では海外営業畑を歩み、パソコン事業を牽引(けんいん)。1990年代に「ダイナブック」などで知られるノートパソコンを世界トップシェアに導き、「パソコンの西田」の異名をとった。

 2005年に社長に就任すると、「選択と集中」の実践者として手腕を振るった。

 東芝EMIや東芝不動産などを次々と売却する一方で、原発と半導体メモリーに重点投資。06年には、WHを当時の為替レートで6000億円超で買収し、高値つかみと批判されたが「原発分野で世界をリードする」と強気を貫いた。09年に会長に就き、経団連副会長なども歴任した。

不正会計問題では社長在任時の08年頃から…

鈴木伸之、元カノとの“破局”を赤裸々告白!三木監督は「どうだっていい」 映画「リベンジgirl」完成披露試写会3 – BIGLOBEニュース


 女優の桐谷美玲さんが12月7日、東京都内で行われた主演映画「リベンジgirl」(三木康一郎監督、12月23日公開)の完成披露試写会に共演の鈴木伸之さん、清原翔さんらとともに登場した。

 「リベンジgirl」は、桐谷さんの約2年ぶりの主演映画。東大首席でミスキャンパス1位という経歴を持ちながらも、極度の“性格ブス”という24歳の宝石美輝(たからいし・みき、桐谷さん)が、フラれた相手を見返すために初の女性総理大臣を目指す……というストーリー。

 この日は、佐津川愛美さん、竹内愛紗さん、三木監督も出席した。

「残された時間を大切に家族と過ごす」コマツ・安崎暁元社長が“生前葬” – ホウドウキョク

「まだ元気なうちに皆様方に感謝の気持ちをお伝えしたい」

6b86779a 33e2 4d2c a360 b39ec53dd62b
日経新聞に掲載された告知広告

建設機械メーカー「コマツ」の元社長・安崎暁氏(80)が今日、東京・赤坂のホテルで「感謝の会」を開いた。

安崎氏は、10月上旬に体調不良となり、入院検査の結果、胆嚢がんが見つかり、胆道、肝臓、肺にも転移していたことから、Quality of Lifeを優先するため、放射線や抗がん剤による治療は受けないことを決断。

「私がまだ元気なうちに皆様方に感謝の気持ちをお伝えしたく」と、先月20日、日経、産経、出身地の徳島新聞に『感謝の会』開催の告知広告を掲載し、インターネット上で「生を楽しみ、死に向き合う潔さを私も見習いたい」「衝撃を受けた」などと大きな話題となっていた。

84a5cc4b 221f 4ebe 80d4 f17e2b18098b

午前11時半から開催された会は、開始直後から財界、政界、旧知の仲間らで会場は溢れかえっていた。
少し痩せた様子の安崎氏は車いすに座り、入り口で一人一人を握手で出迎え、その後も会場を回って仲間と言葉を交わし、写真撮影に応じた。

Fb2cf761 bbf5 4684 9d5a 50caf59908cb
「コマツ」の元社長・安崎暁氏(80)

約2時間に及んだ会の最中に安崎氏が挨拶する場面はなかったが、広い会場の壁や柱には、親交のある仲間や世界のリーダーたちとの写真や趣味のゴルフのスコアなどが展示され、正面のスクリーンには、コマツのCMに出演したLAドジャースの元主砲・マイク・ピアザ選手との記者会見の模様や中国のテレビ番組に出演した際などの映像が流された。

9c1e610b a829 4c97 8dc8 3068381bf642

この先のことは「神のみぞ知る」

入場券として受付で配布された『感謝』と題された手紙には

「私がこのような異例な形で感謝の会を催しましたのは、本年10月、入院検査の結果余命が短いかも知れないとの診断を受けたためであります。つい半年前まで長寿健常の生活を楽しんでいた私には全く予期せざる診断でした。
この先のことは「神のみぞ知る」で全く分かりませんが、まだ元気な今のうちに皆様方に感謝の気持をお伝えしたいと思った次第です。
本日以降はいかなる運命もこれを私の天命と受け止め、残された時間をQuality of Lifeを大切にして家族と共に静かに過ごしていく所存であります。
長年に亘り国内外で数多くの友人知己に恵まれた私は幸せでした。皆様方に心から感謝致します。有難うございました。」

と綴られていた。

また、自らの生い立ちや経歴と共に、「私の好きなことば」として、『事業の進歩発展に最も害をなすものは青年の過失に非ずして老人の跋扈である』(住友二代目総理事 伊庭貞剛)、『苦進楽慎 苦しい時はとにかく前進あるのみ。調子の良い時は浮かれずに用心しろ』、『真の競争相手は同業他社ではなく、世の中の変化である』(私の持論) などを紹介している。

B6ac7d89 af21 419e 9683 3d740d950983

「感謝の会」を締めくくったのは、徳島県の阿波おどり。会場を練り歩き、会を華やかに盛り上げた。

安崎氏は、1937年3月3日生まれ。61年にコマツに入社。85年取締役、95年社長に就任し、2005年取締役退任まで40年以上コマツで過ごした。また、国家公安委員会委員も務めた。

076772c2 eb1a 4fee 85ff 4853c61fdcd3
コマツのCMに出演した元LAドジャース、マイク・ピアザ選手とのポスター

鶯谷の巨大銭湯「萩の湯」はネパール人店長で、名物がイエローカレー? – メシ通

f:id:Meshi2_Writer:20170730193954j:plain

風呂上がりに食べたいものというと、さっぱりそば、酒に合う煮込みや揚げ物、キンキンに冷えたアイスと、人それぞれ、多岐にわたります。


「ひだまりの泉 萩の湯」は、2017年4月末に建て替えオープンした最新型の銭湯です。そこに併設されている食事処では、カレーが店長の一押しとして紹介されています。いや、汗を流した後にカレーを食べて汗かきたくないよ! そのイメージを踏まえたうえでなぜオススメするのか、話を聞きに行ってきました!


f:id:Meshi2_Writer:20170730184925j:plain

やってきたのは、改札を抜けた瞬間から食の誘惑だらけ、山手線の鶯谷駅。


f:id:Meshi2_Writer:20170730184942j:plain

駅前の言問通りを越えて歩くこと3分、通り沿いの巨大なビルに「萩の湯」の表記が。
こ、これが銭湯……! 2階がフロントと飲食店、3階が男湯、4階が女湯と、敷地を広々と使い尽したビル銭(ビル型銭湯)です。早速ビールを迎え入れる準備をしに、風呂へ向かいましょう。


都会のど真ん中でこの規模かよ……!

f:id:Meshi2_Writer:20170730185019j:plain

こちらが内湯(男)です。デケェ!! 私は風呂デューサーを名乗り、150軒ほどの銭湯に行っていますが、確定で1番デカイです。手前には週替わりの入浴剤(この日はヨモギ)が入った高温湯、その隣に3種類のジェットと電気風呂があります。どの湯船も大の字になれる広さです。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185035j:plain

背景画の下にはモリモリの泡付きを体験できる炭酸泉があります。
炭酸泉というと人気で順番待ちしがちな湯船。「萩の湯」の場合は炭酸の湯船もでかいので、順番待ちはなさそうです。背景画は、山と桜のシンプルな日本画風。ふんわり優しい雰囲気の背景画を眺めながら、ぬるめの炭酸泉で心が穏やかになってゆく……!


f:id:Meshi2_Writer:20170730185051j:plain

露天風呂もあります。これがまたでかい!!
しかも露天風呂のお湯は「光マイクロバブル湯」。0.02mm~0.03mmの細かい泡をつくりだし、その泡が汚れを洗浄、そして肌に浸透することで保湿効果があるのだとか。湯船に注ぐ日の光、それを受けて輝く湯……温泉地に来たかのようなゆったりした時間が流れています。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185105j:plain

充実した湯船に加えサウナと水風呂も装備しています。本来サウナは有料ですが、6時~9時の朝湯時間はなんと無料! 460円でこの規模と設備、これ以上の銭湯はないんじゃなかろうか!!


そこまでやらんでも……徹底的に店内で手作り

素晴らしい風呂に入ってビールを迎え入れる準備が整わないわけがない!
ドライヤーもそこそこに、髪半乾きで食事処へ向かいます。

f:id:Meshi2_Writer:20170730185128j:plain

ここが「食事処 こもれび」。またデカイな! 席数は全73席。その気になれば結婚披露宴もできそうです。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185217j:plain

まず注文したビールのお供は「皮から手作り焼き餃子(420円、土日祝日のみ)」と「定番自家製モツ煮(390円)」。風呂屋さんについている食事処って、厨房では解凍、加熱するだけのことが多いですよね。そんななかでここは手作りにものすごくこだわっているんです。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185235j:plain

厨房をのぞかせてもらうと名前の通り、自家製皮に自家製あんを、職人さんの手で詰めていました。粗びき肉を使用したあんは、かむほど肉汁が出てきてうまい! 厚めの皮は自然とかむ回数を増やし、一層肉汁のうま味が感じられます。


モツ煮も大鍋で2日間、店内で煮込んでいます。驚かされたのは大根。煮込むとグズグズになりがちですよね。しっかりと歯ごたえを残しつつ、奥深くには大根らしい味わいが詰まっている! 酒のお供を超え、完成された食事に仕上がっています。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185323j:plain

ガッツリ食べたいかたには「ビーフカットステーキ(980円)」がオススメ。
THE 肉のこのステーキ、信じられないほど柔らかい! そして塩コショウで味を誤魔化すことなく、合わせるソースもステーキの味を活かすさっぱり味。この細やかさはもはや和食、ステーキでここまで繊細さを感じられるなんて……。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185456j:plain

その秘密は生の塊肉を直接買い付け、店内でカットすることです。さらに話をうかがうと、ビーフカットステーキは肉のさまざまな部位を、厳選した状態で提供されています。部位が違っても一律で同じレベルのおいしさに仕上げる職人の腕も、この味に大きく関わっているのだそう。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185515j:plain

銭湯の食事でこんなに質の高い食事ができるとは思わなかった! 風呂上がりのビールももちろんうまいんですが、ビールの存在を忘れるくらい引き込まれるメシもすごい! 感激しました。


監修した人とこだわりがすごいイエローカレー

ひとしきりビールを楽しんだところで、名物メニューのカレーをいただきましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20170730185705j:plain

パプリカが乗っているこのビジュアル……本格的なやつだ! イエローカレーは俗にいうバターチキンカレー。トロトロに溶けた玉ねぎと、溶けつつも味がしっかり感じられる鶏肉が入っています。


f:id:Meshi2_Writer:20170730185815j:plain

店長オススメイエローカレーということで、とっても歯がきれいな店長さんに話をうかがってみました。お名前はラマさん。「萩の湯」はネパール人店長の銭湯なのです。


ーーなぜ日本に?


音楽が好きで、SONY製のウォークマンを愛用していたのが、日本に興味を持ったきっかけです。それから電化製品にも興味を持つようになり、大学生のときに日本に留学しました。


――なぜ銭湯で働こうと? ネパールには入浴の習慣がないと聞いたことがありますが……


そうです、ネパールではお湯には浸からず、常温のシャワーを浴びるのが一般的です。銭湯のことはまったく知りませんでした。銭湯で働き始めた理由はとにかく仕事を探していたからですね(笑)。そんなときにたまたま「萩の湯」の社長と出会い、姉妹店で経験を積んで、現在は「萩の湯」で店長として働いています。


――イエローカレーはどうですか?

おいしくできていますよ! 濃すぎず薄すぎず、バランスがいいです。スパイスの香りが強い本格的なネパールカレーにする案もあったのですが、女性や子どもでも食べてもらえるような味付けを求めて、いまのイエローカレーにたどり着きました。


カレーの本場、ネパール出身の店長が言う「おいしい」。日本人のそれとは重みが違う……! そしてラマさんのチャレンジ精神ですよ。そのおかげで本来存在しえないイエローカレーを、ここで食べることができる! 前置きは十分でしょう、いただきます!


f:id:Meshi2_Writer:20170730190429j:plain

ココナッツの風味が口に入って喉を通り抜けるまで、ずっと濃厚に感じられる! その風味をベースにごまだれのようなコク、あと引く辛さもあり……和風、かつアジアなカレーだ! ネパール人店長の銭湯で出すものとして、これ以上象徴的な食べ物はないんじゃないか!


f:id:Meshi2_Writer:20170730190451j:plain

仕込みの様子をのぞいてみましょう。玉ねぎにココナッツミルクを加えて煮込んでいきます。ちなみに一度の仕込みで使うココナッツは約10缶、4リットル! これで70人分です。


f:id:Meshi2_Writer:20170730190555j:plain

12種類のスパイス、鶏肉を加え煮込むこと3時間。完成後は、真空パックができる機械で密封、衛生的に管理できる温度まで一気に冷やすブラストチラーで急速冷却します。どちらも保健所のかたが「銭湯でこの設備!?」と驚くほどの調理設備なのだそう。


解凍、加熱だけなんでしょ? というイメージとはかけ離れた徹底手作り。この工程ならどうしたってうまくなる!


こだわりを支える人と覚悟がアツイ!

f:id:Meshi2_Writer:20170730190859j:plain

スーパー銭湯と差別化をするため、徹底的な手作りがこだわり、そう語るプロデューサーの駒崎さん(写真右)は、ここで食事を担当するために前職を辞めてきました。なんという覚悟……!

料理長を担当する平原さん(写真左)はホテルや迎賓館のシェフとして腕を振るった経歴の持ち主です。さらに厨房にはホテル、レストランで経験を積んだ手練れをスカウトしています。

この人選、設備、そして覚悟……! 付属の料理店、そのイメージで「萩の湯」を見てはいけないのです。


f:id:Meshi2_Writer:20170730192906j:plain

昼間っから都内最大規模の銭湯でのんびり風呂に入って、手作りの料理を肴に酒……天国じゃなければなんなのか。閉店まで腰をあげることができそうにありません。
風呂、食ともに頂点を目指した「萩の湯」。風呂好きはもちろん、食通のかたにこそ来てほしい! 鶯谷の新名所で究極のいやしを体験してみては?


お店情報

ひだまりの泉 萩の湯

住所:東京都台東区根岸2-13-13
電話番号:03-3872-7669
営業時間:銭湯、萩の湯…6:00~9:00、11:00~25:00 食事処こもれび…11:30~22:00
定休日:第3火曜日

haginoyu.jp

※この記事は2017年9月の情報です。
※金額はすべて税込みです。
※浴室内は許可を得て撮影しています。営業中は撮影厳禁です。
※餃子は平日でも「平日餃子(390円)」を販売しています。



書いた人:毎川直也

毎川直也

風呂が好きで、風呂デューサーを名乗り活動中。銭湯、スーパー銭湯、温泉旅館での勤務経験を持ち、銭湯に勤めながらメディア出演をしている。酒が弱いうえに小食なため、「メシ通」には間違いなく向いていないライター。

過去記事も読む

【あさがくナビ2019】新たなスカウト機能を搭載!|学情のプレスリリース – PR TIMES (プレスリリース)

「ガクチカ」をもとにした新・スカウト機能「Gスカウト」搭載!

「ガクチカ」とは、「学生時代に力を入れたこと」の略称のこと。面接時、頻繁に登場する「学生時代に力を入れたことはなんですか?」という質問から生まれた言葉です。特殊な経歴や学歴だけではなく、勉学・部活動・アルバイト・ボランティア活動など、学生それぞれの「ガクチカ」は、採用担当者が強く興味をもっていることのひとつです。

「あさがくナビ2019」では、学生が自らの「ガクチカ情報」を登録すれば、その情報をもとに企業が学生に対してアプローチできる新機能「Gスカウト」を新たに導入。また、各企業にマッチした学生をAI(人工知能)がサーチし、個別にレコメンドするシステムも搭載します。これらの新機能により、「採用したい学生」と「就職したい企業」との出会いを、さらに実現しやすくなりました。

学生それぞれの「ガクチカ」を企業にアピールできる!

学生ひとりひとり、個性のある「ガクチカ」。あさがくナビでは、その「自分らしさ」を評価する企業からアプローチを受けることができます。学生が「自分らしく」活躍できる企業との出会いをサポートします。

自己分析・面接対策にも役立つ!

「ガクチカ情報」や希望条件を登録することで、自分のアピールポイントの振り返りや整理もしやすくなります。そのため、自己分析や面接対策にも効果的!

スカウトだけのお得な特典も!

書類選考の免除や、エントリーシートの提出免除、一次選考免除など、スカウトだけの特典もあります。特典内容もわかりやすく掲載。

(特典の内容は企業によって異なります。)

※企業向けスカウト機能「Gスカウト」は2018年3月より利用開始予定

※学生の「ガクチカ情報」の事前登録は受付中

■株式会社学情とは

東証一部上場・経団連加盟企業であり、法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資し、優良企業約5,000社と取引をする大手総合就職情報会社です。また、朝日新聞とともにコンテンツを提供する「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」をはじめ、延べ来場学生20万人以上、延べ参加企業7,000社の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、若手社会人をターゲットとした「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を運営しています。

[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会]
https://company.gakujo.ne.jp

■あさがくナビ(朝日学情ナビ)とは

朝日新聞社とともにコンテンツを提供する、学生会員数348,746人・掲載企業数3,684社(2017年6月現在)の新卒学生向け就職情報サイトです。 新卒採用ミスマッチが叫ばれて久しいですが、 あさがくナビは学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成。 AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、 単なる就活ノウハウの提供ではなく、 社会や世の中を知るためのコンテンツを提供しています。
https://www.gakujo.ne.jp/2019/