英語の「乗る」…電車・バス・タクシーでは何と言う?

「バスに乗る」を英語で言うと……?

バスに乗る、を英語で言うと……?

バスに乗る、を英語で言うと……?

突然ですが、問題です。

  • 「タクシーに乗る」は “get in a taxi”
  • 「電車に乗る」は “get on a train”

 
では、「バスに乗る」は?

  • 1) get in a bus
  • 2) get on a bus

いかがでしょうか?

答えは
2) get on a bus

です。

ええー! タクシーは”get in”なのに、同じ車でもバスの場合は”get on”になるのはどうして? と思いますよね。


これは、「車」という乗り物の種類によって、 on と in を使い分けているわけではない
からです。 onin は、基本的に次のように使い分けます。

  get on get in
ニュアンス 1)大勢の人を運ぶ乗り物に「乗せられていく」というイメージ/2)馬や自転車のように「上からまたいで乗る」というイメージ 個人的乗り物、少人数の乗り物に「乗り込む」というイメージ
乗り物の例 1)bus, train, airplane, ship/2)horse, bicycle, bike, tricycle car, taxi, truck

上に「基本的に」と書いたのは、実際には欧米人でもこの inon の使い分けはあまり厳密に行なっていないからです。でもフォーマルな文書を書く機会がもしあったら、この使い分けを覚えておいてくださいね。

もうひとつの「乗る」、”ride”はどう使う?

英語の「乗る」の使い分け

英語の「乗る」の使い分け

「乗る」にはこのほかにも、ride があります。

ride は、ほとんど get in (on) と同じ意味と考えていいでしょう。ただ ride は、自動詞、他動詞、名詞があります。

自動詞としての ride

ride in (on) = get in (on) と思っていいでしょう。

他動詞としての ride

ほとんどの乗り物に対して使えます。例: ride a bike, ride a train, ride a car, etc

名詞としての ride

よく使うフレーズが

 

  • Do you need a ride? (車で送りましょうか?)
  • Could you give me a ride? (車で送ってくれる?)

です。行き先をはっきり書くのならば、

  • Do you need a ride to the hospital? (病院まで車で送りましょうか?)
  • Could you give me a ride to the school? (学校まで車で送ってくれる?)

これはもう決まり文句なので、ぜひ覚えてください!


YouTubeの英語コメント…よくあるフレーズと意味

 YouTubeのコメント欄は英語の宝庫

インターネットが普及して海外サイトを訪れる方も多いかと思います。ただしニュースサイトなどは英語だらけで初学者には敷居が高いものです。

その点、読みやすくてオススメなのがYouTubeのコメント欄。しかも少し慣れてくれば英語を書き込む練習台としても最適です。

英語コメントの基本的なこと

最初に基本的なことをおさえておきましょう。友達とのメールもそうですが、なるべく簡単にコメントを書けるように、大文字を使わなかったり、省略語を使ったりすることがあります。もちろんきちんとした英文を書いている人もたくさんいます。

YouTubeで見かけた「使えるコメント」

それでは実際にYouTubeに書き込まれていたコメントをご紹介しましょう。どれもそのまま使えるようなものばかりです。

    ■ペット関連
    1. that is just the cutest thing!  (めちゃくちゃかわいいね!)
    2. sooooo cuuuuteee *-*  (すごーーーく、かわいーーー)
    3. Omg its so cute  (わー、すごくかわいい)

    注:2番のように文字を連続して書くことで、言葉をのばした雰囲気を出せます。3番のomgはOh, my god.の略。

    ■笑えるビデオ
    1. Awesome  (すごいね)
    2. best vid everrrrrrrrrrrrrr (今までで一番のビデオだ~~~)
    3. This is my fav. (これ、私のお気に入り)

    注:1番のawesomeは「すごい、すばらしい、最高」という意味で、とてもよく使われます。2番も語尾をのばしていますね。vidはvideoの省略形。3番のfavはfavorite(お気に入り)の省略形です。

    ■音楽
    1. Love it :)   (好きだな(^^))
    2. (歌手名)is great! ((歌手名)はすごい!)
    3. i don’t like this version (このバージョンは好きじゃない)

    注: 1番は主語の”I”が省略されています。主語はよく省略されるので注意。顔文字もよく使われます。

    ■スポーツ
    1. …the best player in the world (…世界で最高の選手だ)
    2. Thank you! Great job! (アップしてくれてありがとう)

    注: 1番の”…”は一拍あけてからしゃべり出した雰囲気を出しています。2番は、動画へのコメントではなく、投稿者へのコメントですね。

    ■その他
    1. what is the song at 3:35 please  (3分35秒のところの曲は何?お願い教えて)
    2. 3:59 best part  (3分59秒のところが一番だ)

    注:動画の一場面についてコメントするとき、このように具体的に再生時刻を記入するとわかりやすくなります。

    まずは真似から入るのが一番

    英語は真似から入るのが一番。気に入ったコメントがあれば、いただいてしまいましょう。ただし意味がよくわからないまま使うのは困りもの。あくまでもしっかりと意味のわかる短いコメントを抜き出して、あとは好きな動画へのコメントとして使ってみましょう。

英語でメリークリスマス!メールやカードの挨拶集

英語での「メリークリスマス」の挨拶

Q. いつ送ればいいの?
A. 日本の年賀状と違い、クリスマス当日までには相手に届いているようにします。具体的には、12月前半からクリスマス当日までに届くように送るといいでしょう。

クリスマスや新年の挨拶メール・カードについて、書き方と例文をご紹介します。

Christmasの省略はXmas、それともX’mas?といった疑問に対する答えや、家族や友人へ送るクリスマスカードに使えるフレーズについてについても説明します。

クリスマスの挨拶には、

  • Merry Christmas! 

もしくは、

  • Happy Merry Christmas!

という表現が使われます。

クリスマスカードと年賀状を2通送ることはありません。どちらか1通です。クリスマスカードで年賀状を兼ねるときは、

  • Merry Christmas and Happy New Year. 

もしくは、

  • Happy Christmas and Prosperous New Year.

などという表現も使えます。

Happy New Year の前に “a” をつけるかつけないか、といった議論もありますが、文章の中に埋め込むのであれば”a”をつけるべきでしょう。しかし、このようにフレーズとして切り出して使う場合は、つけてもつけなくても問題ないと思います。

季節の挨拶状として送る

Q. 喪中ってあるの?
A. ありません。ご不幸のあった家庭でも遠慮なくクリスマスカードを送ってください。

クリスマスの挨拶をキリスト教徒以外にしてもかまわないか、という問題があります。できれば”Christmas”は使わず、挨拶状として送る方が望ましいと思います。

とはいえ、個人的には、仮にキリスト教徒でない方に”Christmas”の文字が入った挨拶をしたとしても、心を込めた挨拶に不愉快な思いをする人は少ないだろうと思います。

クリスマスを前面に出さずに「挨拶状」として送る場合は、

  • Season’s Greetings and Best Wishes.

もよく使われる定番フレーズです。Greetingsというように”s”をつけることに注意しましょう。

Greeting を使わなくても、このシーズンが休日であることはほぼ世界共通なので、

  • Happy Holidays!
  • Hope you have Happy Holidays!
  • Wish you have Wonderful Holidays!

という表現もOKです。
※Holidays を Winter season や Holiday Season などに置き換えることもできます。そのときは、have の あとに “a” をつけましょう。

英語でクリスマスカード!決まり文句・文例と注意点

今年こそ送りたい、英語でクリスマスカード!

クリスマスカード、誰に送りますか?

クリスマスカード、誰に送りますか?

今年こそは、英語でクリスマスカード!
長い手紙と違って、ほとんど決まり文句でOKなクリスマスカードはとても簡単。ちょっとした注意点を守れば誰でも書けます。

さあ今年は誰に出しましょう?

クリスマスカードの決まり文句とは

クリスマスカードといえば、まずは定番中の定番

Merry Christmas!


ですね。もう少しくどく、

Happy Merry Christmas!

という表現も使われます。

クリスマスカードと年賀状を2通送ることはありません。どちらか1通で十分。

クリスマスカードで年賀状を兼ねるときは、これもまた定番ですが

Merry Christmas and Happy New Year.


Happy Christmas and Prosperous New Year.

(楽しいクリスマスと来年のご多幸をお祈りして)

などという表現も使えます。

Happy New Year の前に “a” はつける?

Happy New Year の前に “a” をつけるとかつけないといった議論もあります。文章の中に埋め込むのであれば”a”をつけるべきだと思いますが、このようにフレーズとして切り出して使う場合は、つけてもつけなくても実際上は問題ないでしょう。

なお、日本語と違う点として、Happy New Year は年明けの前に使ってもおかしくありません。

季節の挨拶状(Season’s Greetings)として送る

クリスマスを前面に出さずに、「挨拶状」として送ることもいいでしょう。その場合の「挨拶」はgreeting です。greeting を使った決まり文句としては、

Season’s Greetings and Best Wishes.

(年末のご挨拶を申し上げます)

もよく使われる定番フレーズです。

(Greetingsというように”s”をつけることに注意)

Greeting を使わなくても、このシーズンが休日であることはほぼ世界共通なので、

Happy Holidays!

Hope you have Happy Holidays!

Wish you have Wonderful Holidays!


Holidays を Winter season Holiday Season などに置き換えることもできます。そのときは、have の あとに “a” をつけましょう。

「~でありますように」という表現の定番フレーズと文例

「~でありますように」という表現の定番は
May ~
です。たとえば

May 2018 brings you happiness.

(2018年があなたに幸せをもたらしてくれますように)

May your Christmas season be the happiest holidays you’ve ever had!

(クリスマスがこれまでで一番楽しい休日となりますように!)

May your holidays be happy days filled with love.

(この休日が愛に満ちた楽しい日々でありますように)

May your Christmas wishes come true!

(あなたのクリスマスのお願いがかないますように!)

またはもっとダイレクトに、wish や hope を使って

Hope(Wish) Christmas and the New Year bring you joyful hours.

(クリスマスと新年があなたに楽しい時間をもたらしますように)

Wish you have a Merry Christmas and a Happy New Year.

(楽しいクリスマスと新年が迎えられますように)

ということもできます。

クリスマスカードにまつわる疑問

Q. いつ送ればいいの?
A. 日本の年賀状と違い、クリスマス当日までには相手に届いているようにします。具体的には、12月前半からクリスマス当日までに届くように送るといいでしょう。

Q. Xmas と X’mas どっちが正しい?

A. Xは”Christ”の略ではなく、キリストを表す記号です。省略をしていないわけですから、X’masという書き方は正しくありません。

Q. 誰に送ってもいいの?

A. クリスマスカードをキリスト教徒以外に送ってもかまわないかという問題があります。この場合は、できれば”Christmas”は使わず、挨拶状として送る方が望ましいと思いますが、かりにキリスト教徒でない方に”Christmas”の文字が入ったカードを送ったとしても、心を込めたカードに不愉快な思いをする人は少ないだろうと個人的には思います。

Q. 喪中ってあるの?

A. ありません。ご不幸のあった家庭でも遠慮なくクリスマスカードを送ってください。

さあ、今年こそはあの人にクリスマスカードを出してみませんか?

関連記事:
英語でのクリスマスカードの書き方と例文
ビジネス用クリスマスカードの書き方・文例集