全国一斉 軽油抜取調査 – サガテレビ

全国一斉 軽油抜取調査

2017/10/19 (木) 12:06

脱税や環境汚染の原因となる不正軽油の使用を撲滅しようと18日全国一斉の調査がありました。この調査は脱税の原因ともなっている不正軽油を撲滅しようと全国138カ所の主な道路で一斉に実施され、県内では18日午前中に神埼市の国道34号線で行われました。県の職員や警察がトラックなどのディーゼルエンジン車を止めて軽油を400ccほど抜き取り給油先を確認しました。軽油には1リットルあたり32.1円の「軽油引取税」がかかるため、税金がかからない重油などを混ぜた不正軽油は脱税につながるほか、環境汚染の原因にもなります。【県税事務所・秋永芳彦さん】「不正軽油には手を出さないように、もしそういう情報がある場合には県の佐賀県税事務所の方にご連絡していただければと思います」県税事務所によりますと18日は40台の調査を行いましたが、不正軽油の疑いがあるものは見つからなかったということです。

サガテレビ | Web Station | 佐賀のニュース | 全国一斉 軽油抜取調査 – サガテレビ

全国一斉 軽油抜取調査

2017/10/19 (木) 12:06

脱税や環境汚染の原因となる不正軽油の使用を撲滅しようと18日全国一斉の調査がありました。この調査は脱税の原因ともなっている不正軽油を撲滅しようと全国138カ所の主な道路で一斉に実施され、県内では18日午前中に神埼市の国道34号線で行われました。県の職員や警察がトラックなどのディーゼルエンジン車を止めて軽油を400ccほど抜き取り給油先を確認しました。軽油には1リットルあたり32.1円の「軽油引取税」がかかるため、税金がかからない重油などを混ぜた不正軽油は脱税につながるほか、環境汚染の原因にもなります。【県税事務所・秋永芳彦さん】「不正軽油には手を出さないように、もしそういう情報がある場合には県の佐賀県税事務所の方にご連絡していただければと思います」県税事務所によりますと18日は40台の調査を行いましたが、不正軽油の疑いがあるものは見つからなかったということです。

レアル10年在籍のマルセロにも脱税容疑浮上。スペイン検察当局が起訴 – エキサイトニュース

 レアル・マドリーに10年在籍する29歳のブラジル代表DFマルセロが、脱税容疑でスペイン検察当局から起訴された。17日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、マルセロは合計50万ユーロ(約6600万円)を脱税した可能性があるとのこと。マルセロの肖像権収入に関連するもので、調査を進めるスペイン検察当局から起訴されたようだ。

 肖像権収入に関する脱税疑惑に関しては、過去にクリスティアーノ・ロナウドも起訴された経験がある。ただ、裁判所に出廷するたびに否定を繰り返している状況だ。また、ジョゼ・モウリーニョ監督もマドリーを率いていた時代に脱税した疑惑が浮上している。

 バルセロナに所属するリオネル・メッシや当時バルセロナに在籍していたネイマール(現:パリ・サンジェルマン所属)も対象になったことがあり、マドリーやバルセロナの選手を中心に脱税容疑が続出している。

約3400万円脱税か 不動産会社の元社長を在宅起訴 | NHKニュース – NHK

都内のマンション用地などの売買を手がける不動産会社の元社長が、架空の業務委託費を計上するなどの手口で、おととしまでの3年間に1億4000万円余りの所得を隠し、およそ3400万円を脱税したとして法人税法違反などの罪で在宅起訴されました。

在宅起訴されたのは東京・千代田区にある不動産会社「エィ・クエスト」と、元社長の浅見満被告(57)です。

東京地検特捜部の調べによりますと、浅見元社長はおととし9月期までの3年間に架空の業務委託費を計上するなどの手口で1億4000万円余りの所得を隠し、およそ3400万円を脱税したとして法人税法違反などの罪に問われています。

関係者によりますと、この会社は都内の土地を買い上げて区画を整理したうえで、マンションの開発業者に転売するなどして利益を上げ民間の信用調査会社によりますと、去年9月期の売り上げはおよそ9億5000万円に上るということです。

関係者によりますと、元社長は隠した所得を親族の不動産の購入資金や会社の事業資金などに充てていたということです。
会社の代理人の弁護士は「現時点では起訴状などを確認できないのでコメントできない。今後、対応を検討したい」などとしています。

クリスティアーノ・ロナウドは国税庁の起訴内容を改めて否認 – MundoDeportivo.JP

 クリスティアーノ・ロナウドと国税庁の間に緊張が走っている。1,470万ユーロ(約19億3,000万円)の脱税容疑で起訴されているポルトガル人選手は、財務省が告発した内容を改めて否認し、判事に対して「根拠がなく不法である」と伝えた。スペイン紙『El Mundo』が報道している。

 クリスティアーノはポスエロ・デ・アラルコンの第一審裁判所に新たな関係書類を提出した。その書類の中でレアル・マドリードのスターは、起訴は何も根拠なく行われ、税法に反する基準が不当に使用されていると主張。さらに、第三者が客観的に調べなおせば、簡単に矛盾が説明されるとしている。

 CR7は、国税庁との間にある混乱を、”基準の不一致”と捉えており、調査されている全ての件において時効を要求している。

 2011年から2014年にかけての脱税容疑について、国税庁は6月14日に告発状を提出していた。裁判官はクリスティアーノに7月31日の出廷を呼びかけ、今回の件における状況を説明している。国税庁の書類によると、6月に国税庁が作成した起訴の条件に対して、選手はそれを受け入れない姿勢を見せたとしている。

ジョルジュ・メンデスが無実を証明

 クリスティアーノ・ロナウドは今回提出した書類の中で、代理人のジョルジュ・メンデスが無実を証明できるとしている。「私たちは仮説を述べているわけではない。これらの税金問題において、彼が何をしたというのか。税務知識によって、ロナウドの脱税が事実であるかのように語られているが、それは間違っている」メンデスはそのように話している。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部

法人税など3400万円脱税 都内の不動産業者を在宅起訴 – 産経ニュース

 法人税など約3400万円を脱税したとして、東京地検特捜部は18日、法人税法違反などの罪で、東京都千代田区の不動産会社「エィ・クエスト」の浅見満元社長(57)を在宅起訴し、法人としての同社を起訴した。

 起訴状では、浅見被告は平成27年9月期までの3年間、不動産売買に関する架空の業務委託費を計上するなどして、約1億4100万円の所得を隠し、法人税と地方法人税計約3400万円を免れたとしている。

「パナマ文書」報道の女性記者 車が突然爆発し死亡 – ホウドウキョク

「パナマ文書」の報道を続けたマルタの女性記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)が、16日、爆弾で殺害された。

ロイター通信などによると、カルアナガリチアさんは、マルタの自宅近くで車を運転中に、突然車が爆発して死亡。

警察は爆弾による殺害とみて、爆発物の分析を進めている。

A79fc7dc 582c 4402 8d3b 55d7fa3c931b

カルアナガリチアさんは、タックスヘイブン(租税回避地)を利用し、各国の政治家などが多額の脱税を行う実態を暴いた、「パナマ文書」の報道に参加。マルタのムスカット首相夫妻の脱税疑惑などを報じていた。

ムスカット首相は「報道の自由に対する野蛮な攻撃だ」と非難し、FBI(アメリカ連邦捜査局)の支援も受け、事件を徹底的に捜査する意向を示した。

また、国際ジャーナリスト協会は「ジャーナリストに対する暴力に抗議し、マルタでの報道の自由について深く懸念する」とのコメントを発表した。