『クリスマスキャロル』に見る英国人のクリスマス観

イギリス人が愛してやまない不朽の名作

現代のクリスマスは、プレゼントにイルミネーションなど、とてもキラキラして華やかなお金のかかるイベントになっているようです。でも、本来のクリスマスとはどのようなものなのでしょうか?イギリス文学の不朽の名作『クリスマス・キャロル』を通して、イギリス人達が大切にしているクリスマスの精神に触れてみましょう

carol

A Christmas Carol

あらすじ

クリスマスが近づいて来る19世紀のロンドンの下町。主人公で守銭奴のスクルージが、クリスマスイブに3人の幽霊に見せられた自分の過去・現在・未来の映像をきっかけにして、人生にとってなにが大切かを見いだして改心するという物語です。

『クリスマス・キャロル』の時代背景と英国人のクリスマス観

『クリスマス・キャロル』は、19世紀にイギリス人の文豪であるチャールズ・ディケンズによって書かれた物語です。ディケンズの作品は子供から大人まで幅広く読まれていますが、特に『クリスマス・キャロル』は、絵本や映画にもなっており、世界中で親しまれています。日本でも、翻訳版の絵本がありますし、何度も映画化されていますので、ご存知の方が多いと思います。

19世紀のイギリスは、大英帝国として発展した時期でもありましたが、資本主義の欠点が表面化し、貧富の差が拡大した時期でもありました。特に、この物語が書かれた1840年代のイギリスの労働者階級の生活は困窮を極め、「空腹の40年代」と呼ばれています。物語の登場人物も、お金持ちと貧しい人々の間で繰り広げられる物語で、当時の社会状況を色濃く反映させたメッセージ性の強い作品です。

「強きもの持てるものは、弱きもの貧しきものに愛の手を差し伸べよう。」「人間の最終的なしあわせは、お金持ちになることではなくて、人と人との愛のある繋がりを持つことなのだ。」こんなメッセージが込められているように思います。物語には、豪華なクリスマスツリーやプレゼントにディナー、キラキラしたイルミネーションは登場しません。質素だけれどもあたたかいクリスマスが描かれています。

もともとイギリスをはじめとするキリスト教国では、クリスマスは家族や親しい人たちと家や教会などで静かに過ごす時でした。きらびやかなクリスマスのお祝いが町中に溢れる一方で、このような作品がいまだ広く愛されるイギリスのクリスマスはとても興味深いですね。

sizuka

静かに過ごすクリスマス

ディケンズはイギリスの夏目漱石?

この作品を著したチャールズ・ディケンズは、幼少時に苦労した経験から自伝的小説を発表しています。1843年の『クリスマス・キャロル』をはじめ、『オリバー・ツイスト』」、『ニ都物語』、『大いなる遺産』などがあります。イギリスでの国民的人気や、文学的な完成度などから、ディケンズは、日本で言うところの夏目漱石のような存在かもしれません。それだけイギリス人でディケンズを知らない人はいないという大文豪なのです。

英語で物語を読むには・・・

イギリスらしさだけでなく、普遍的なメッセージも盛り込まれたこの作品は、絵本や映画も良いですが、ぜひ英文でお読み頂きたいものです。ただ、原作は英語が現代語ではないこと、高度な語彙力が必要なことに加えて、かなり頁数が多い作品ですから、Graded readersでお試しになってはいかがでしょうか。Graded readersとは、使用する主要な単語を制限し、全体量や文法事項を調整することで、 英語学習者が辞書無しで楽しめるように書かれたものです。Oxford University PressのBookwarmシリーズが個人的にはお勧めです。

A Christmas Carol Level 3 Oxford Bookworms Library: 1000 Headwords

Snowだけじゃない!英語で「雪」をあらわす表現

Snowだけじゃない!雪をあらわす英単語

雪を英語で言うとsnowが真っ先に思い浮かびますが、それ以外にも実はたくさんの単語があります。でも、雪の種類を英語で知っていることは、TOEICのスコアUPに直結するような実用的な価値はないかもしれません。

それでも、映画やドラマ、小説などでは、振る雪の種類によってまったく情景が変わりますし、天気や気候が人の気持ちを左右することは、みなさんご自身の経験からご存知ですよね。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、天気や気候にまつわる表現を学ぶことは、テストのスコアだけでは計り知れないなにかを学ぶことになるのです。

snow

雪といっても種類はさまざま

雪の種類

1. Snow
Snowは「雪」という名詞で良く知られますが、実は「雪が降る」という動詞でもあります。


(例)It snowed in Tokyo last night(昨晩、東京は雪でした).

2. Heavy snow(大雪)

たくさん降る雪の量を示すために使われる単語はheavyです。Heavyは「重い」と覚えていることから、ちょっと違和感があるかもしれませんが、ずしっとした雪の重みをイメージするといいですね。


(例)
We had heavy snow two days ago(2日前は大雪だった).

3. Fresh snow(新雪)

New snowとも言いますが、fresh snowの方が「降りたて」というニュアンスがあります。


(例)The summit of the mountains is covered with fresh snow(山の頂上は、新雪に覆われている).

4. Large flakes of snow(ぼたん雪)

flakeは、コーンフレイク(cornflakes)にも使われていることから、その形状が想像できます。ひらひらした薄斤であれば、雪のみならず石鹸、羽毛、硬いものでは石などにも使えます。


(例)Botan-yuki is a type of snow that falls in large flakes(ぼたん雪は、大きな薄片で降って来るタイプの雪です).

5. eternal snow(万年雪・千古の雪)

eternalは「永遠なる」という意味ですので、溶けることのない雪の表現にぴったりです。


(例)There are many mountains in Russia which are covered with eternal snow(ロシアには万年雪に覆われた山がたくさんある).

6. Snow storm/blizzard(吹雪)

stormは暴風という意味ですので、それに雪が加わった状態がsnow stormです。Blizzardは「殺到」という意味もあるので(a blizzard of giftで「プレゼントの殺到」)、雪が殺到している状態、と覚えるといいですね。

(例)We had a hard time in the blizzard(吹雪の中、大変だった).

7. Fluffy snow(にわか雪・ふわふわの雪)

Fluffyは、「ふわふわした・綿毛の」という意味を持つ単語です。一時的に降る雪なので、チラチラと降ってやむ様子からこう名付けられているのかもしれませんね。

雪に関する名言

最後に、雪にまつわる名言をご紹介します。誰の名言でしょうか?

Don’t complain about the snow on your neighbor’s roof when your own doorstep is unclean(自分の家の玄関が汚れているのに、隣の家の屋根の雪に難癖をつけるな).

正解は……孔子でした!

まとめ

いかがでしたか?
今回は、雪にまつわる表現や名言をご紹介しました。ここでご紹介したもの以外にも、まだたくさんありますので、ご興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。

ミッキーマウスの本名は?英語のニックネームの法則

英語のニックネーム(名前の呼び方)には法則がある

英語のニックネームの法則をマスター

英語のニックネームの法則をマスター

英語圏では、親しさを表すためにニックネームが使われます。自己紹介をする時に、’Call me ◯◯’ と自分から呼び名としてニックネームを知らせる場合もあります。

でも、ニックネームにはある法則が働いていることは意外に知られていません。意外なニックネームもご紹介します。

英語のニックネームの法則1:名前の後半を省略する

一般的なニックネームの付け方として、元々のgiven name(下の名前)を短くする法則があります。名前の後半を省略します。

  • Raymond→Ray(レイモンド→レイ)
  • David→Dave(デイヴィッド→デイヴ)
  • Jonathan→John(ジョナサン→ジョン)
  • Walter→Walt(ウォルター→ウォルト)

ディズニー創設者のウォルト・ディズニーもこれにあたりますね。「ウォルター」が本名ですが、親しみやすいニックネームを使っていたようです。

nickna

Nicknameいろいろ

英語のニックネームの法則2: 名前の前半を省略する

法則1とは反対に、名前の前半を省略して短くする法則があります。

  • Elizabeth→Beth(エリザベス→ベス)
  • Andrew→Drew(アンドリュー→ドリュー)
  • AlexanderXander(アレクサンダー→サンダー)

英語のニックネームの法則4: 名前の最後に 「イー」をつける

名前の最後に「イー」をつけると、途端に親しみのある可愛い感じになります。日本語の「ちゃん」や「君」に近い感じをイメージしてください。

「イー」が-y表記になる名前

  • James→Jimmy(ジェイムズ→ジミィー)
  • Catherine→Cathy(キャサリン→キャシィー)

「イー」が-ie表記になる名前

  • Charles→Charlie (チャールズ→チャーリィー)
  • Susan→Suzie(スーザン→スージィー)

英語の幼児語が「イー」を単語の終わりにつけることがあるため、可愛く親しみがある感じがします。例えば、drink(ドリンク)ならdrinky(ドリンキィー)、bed(ベッド)ならbeddy(ベディー)のようになります。

ミッキーマウスの本名は?

ところで、この記事のタイトルにもあるディズニーランドのミッキーマウス。Mickeyもこの「イー」で終わるニックネームの一つです。

ミッキーマウスの本名、なんだと思いますか?

実は、Micheal(マイケル)である可能性が大です。

今度ディズニーランドに行ったら、ミッキーに「マイケル!」と声を掛けてみたくなりますよね!

英語のニックネームの法則4: 本名とあまり似ていない場合もある

「ペギー(Peggy)」は女性のニックネームなのですが、本名はなかなかピンときませんよね。Peggyは、もともとはMargaret(マーガレット)です。ちょっと無理があるのでは……、と思われた読者の皆さま。実は、私もそう思っています(笑)。

MargaretはMegになったりしますが、ここまでは納得ですよね。しかし、なぜかMegがPegに突然変異して、PegがPeggyなら仕方ないか……、と落とし所が見つかる気がしますよね?

似たような感じで、William(ウィリアム)Bill(ビル)になったりもします。WilliamがWillになり、突然変異でWillがBillという経過をたどるわけですね。

これらの「突然変異」は、より発音しやすく簡単な音に流れた結果だと思います。Will(ウィル)の最初の「ウ」は、正確に発音しようとすると、かなり唇を丸くして突き出し、力が入ります。

kkuchi

発音しやすい音に変化する

ところが、Bill(ビル)の最初の「ビ」は、「ウ」に比べると子どもが発音しやすいばかりでなく、大人も二日酔いとか具合の悪い時であってもラクに発音できるのです。

他にも、Richard(リチャード)はRic(リック)になり、RicはDick(ディック)になったりします。これも、MargaretやWilliamの例と同じように考えれば納得ですよね。

いかがでしたか?

今回は元々の名前に基づいたニックネームを取り上げてみました。

ニックネームは、他にも色々な由来があります。ご興味を持たれた方は、周りの方や著名人のニックネームをぜひ調べてみてくださいね。

Can youは失礼?!英語の「できますか?」を丁寧に表現

Can you use chopsticks?は実は失礼だった?

海外の方に「お箸は使えますか?」と聞く場面を想像して見てください。

皆さんなら英語でどう尋ねますか?

ohash

お箸使えますか?

「~できますか?」ですから、can you~?を使って聞きますよね?。

もちろん、これで文法的には何の誤りもありません。ただ、コミュニケーションの観点から見ると、ちょっと失礼にあたるかもしれません。さて、なぜなのでしょうか?

Can you~?は「能力」を問う

日本語で考えれば、なんの問題もなさそうなCan you~?ですが、英語では、相手の能力について問う場合があります。

ですから、Can you use chopsticks?と聞いた場合、「あなたにはお箸を使える能力はある?」とか、「お箸、まさか使えないでしょ?!」のように伝わる可能性が高いのです。

外国の方からよく聞くのは「日本人だってナイフとフォークが使える。幼児じゃあるまいし、バカにされたように感じる」という意見です。「まさか出来ないよね?」という風に聞こえて、ちょっと相手の方を憮然とさせてしまうかもしれません。

日本人としては、自分たちの言語や文化は世界的にはメジャーではないと感じているため、「えー!すごい!」という気持ちで’Can you’を使っていますよね。でも、せっかく英語でコミュニケーションを取ろうとしたのに、それが伝わらないのです。

他にも、

  • Can you speak Japanese?(日本語は話せますか?)
  • Can you eat sashimi?(お刺身食べられますか?)
  • Can you understand Japanese tea culture?(日本のお茶文化は理解できますか?)

などは、こちらとしては全く悪気がないにもかかわらず、相手との関係を損なってしまいかねない聞き方です。

Can youの代わりにDo youを使おう

Can youで聞くのは失礼になる場合があるので、まずはDo youに置き換えてみましょう。

例えば、
Can you use chopsticks? → Do you use chopsticks?
Can you speak Japanese? → Do you speak Japanese?

のようになります。

Do you~?は相手の習慣について聞く

では、Do you~?で聞くと、どんな感じに伝わるのでしょうか?

Do you~?は「~する習慣はありますか?」が元々の意味です。相手の能力を問うのではなく、「~したりしますか?」という感じです。

ですから、

  • Do you use chopsticks?は「お箸使ったりしますか?
  • Do you speak Japanese?は「日本語話したりするんですか?

のような感じになります。

いかがでしょうか。

Can youと聞かれれば、「そんなの当然できるに決まっている。子供じゃあるまいし!」と思われてしまうかもしれません。

でも、Do youで聞けば、「~をすることは日常生活であるんですか?」と伝わりますので、‘Sometimes, yes’(時々使いますよ)とか、‘Just a little’(少しだけ話します)のような返事が期待できるのですね。

外国出身の友人(Sara)と、初めて和食をいただこうとしているガイドの私(Yuka)の場面を想像してくださいね。

Sara:  This looks nice!  (和食を目の前にお箸を手にしながら)

Yuka:  Oh, can you use chopsticks?「まさかお箸使えるの?」

Yuka:  Oh, do you use chopsticks?「お箸使うの?」

Sara:  Yeah, sometimes.   「うん、時々使うよ」

cay

Can you?それとも?

能力を問わないCan you~?もあります

もちろん、Can you come to the party tonight?(今晩、パーティーに来られる?)のような聞き方は失礼ではありません。なぜなら、これは相手の「能力」を問うているのではなく、単純に「可能性」について聞いているからです。

相手に丁寧に依頼する時に使うCan you~?と混同しないようにしてくださいね。文脈で判断するようにしましょう。

能力を問うCan you~?はいつ使う?

例えば、ある程度の訓練や練習を積んだり、勉強したりして得られる技術などには使っても失礼に当たりません。

例えば、たとえ日本人であっても、普通にお琴を弾く習慣がある人はあまりいませんよね。そんな時には、Can you play the Japanese harp?と聞いても良い訳です。

いかがでしたか?

何の気なしに使っているCan you~?ですが、ちょっと気をつけるだけで気持ちがもっと伝えられるようになり、誤解を招くことなくコミュニケーションが取れるようになります。

コロン(:)とセミコロン(;)の違いとは?意味と使い方

英語のコロンやセミコロン。
目にはするものの、実はその意味や使い方、違いや使い分けについては意外にピンとこないかもしれません。知ってしまえば、日常的なメモやメールのやり取りのほか、ビジネスメールにも役立つこと間違いなしです!

しんぶん

:や;はよく見かけますが・・・

コロンの意味と使い方

まずはコロン(:)を見ていきましょう。コロンの意味は「つまり」、「例を挙げれば」です。まずはこのことを覚えておきましょう。ですから、列挙や説明、定義を示す記号として使えます。

例えば、
I like Japanese foods: sushi, tempura, and sukiyaki.

私は和食が好きです。(つまり)寿司や天ぷら、すき焼きです。

の場合、「和食が好きです」の具体例として、「:」の後にメニューが列挙されています。

sushi

sushi

Japan is a forest country: 67% of the land is covered with forests.
日本は森林の国です。(説明すれば)国土の67%が森林で覆われています。

の場合、Japan is a forest countryの説明や定義を「:」の後に具体的な数値で示しています。

コロンの理解のポイントは、「:」は主従関係を発生させる働きがあると知ることです。A:Bの場合、その関係はA>Bです。

ですから、Bの内容は、あくまでAの内容をフォローするものであることに注目してください。I have pets: two cats and one dogなら、あくまで「ペットを飼っている」という情報の詳細として、「2匹の猫や1匹の犬」を「:」で示しているわけですね。

セミコロンの意味と使い方

次に、セミコロンを見ていきましょう。コロンとよく似た記号ですが、「」のように下の点がコンマのような形をしているのがセミコロンです。

セミコロンは、文の区切りとしてピリオドよりも短く、カンマよりも長いというイメージです。

文(主語+動詞で成り立つひとかたまり)を繋いだり、リストを作ることができます。通常、文同士はコンマ「,」では繋げませんので、andやbutなどの接続詞を使います。これらの接続詞なしで文を繋げられるのが「;」です。

そのため、コロンと違って、A;BはA>Bのような関係にはありません。ただし、AとBは関連性が高い場合に使われます。

I went to the library; Jonathan went to the theater.
(私は図書館へ行き、ジョナサンは劇場へ行った)

libra

私は図書館へ行き、ジョナサンは…?

「;」をピリオドに置き換えても文法的には問題ありません。しかしながら、区切りを経ることなく読めるので、読み手には2つの文には関連性が高いと伝わるのです。

それから、「;」は、しばしばthereforeやhowever, besidesなどの接続副詞を伴います。

I think; therefore, I am.

我思う故に我あり。

thereofre

; therefore

そして、リストを作るときに、コンマとの区別を明確にするため「;」が使われます。

We have students from Tokyo, Japan; Taipei, Taiwan; London, UK; New York, America.

私たちの生徒は、日本の東京、台湾の台北、イギリスのロンドン、アメリカのニューヨークから来ています。

sekai

世界中から

Tokyo, Japanですでにカンマを使っているので、もし「;」の代わりにカンマを使うと、どの単語とどの単語がひとかたまりか、見分けがつかなくなってしまいますよね。そんなときにもセミコロンが使われます。

いかがでしたか?

ネイティブスピーカーでも、大学などできちんとライティングを学ばないと、コロンとセミコロンの使い分けは結構難しいと聞いたことがあります。

なにげなく読み流していた英文の「:」や「;」に、ぜひ注目してみてください!

コロンとセミコロンの違いとは?意味と使い方を知ろう

英語のコロンやセミコロン。
目にはするものの、実はその意味や使い方、違いや使い分けについては意外にピンとこないかもしれません。知ってしまえば、日常的なメモやメールのやり取りのほか、ビジネスメールにも役立つこと間違いなしです!

しんぶん

:や;はよく見かけますが・・・

コロンの意味と使い方

まずはコロン(:)を見ていきましょう。コロンの意味は「つまり」、「例を挙げれば」です。まずはこのことを覚えておきましょう。ですから、列挙や説明、定義を示す記号として使えます。

例えば、
I like Japanese foods: sushi, tempura, and sukiyaki.

私は和食が好きです。(つまり)寿司や天ぷら、すき焼きです。

の場合、「和食が好きです」の具体例として、「:」の後にメニューが列挙されています。

sushi

sushi

Japan is a forest country: 67% of the land is covered with forests.
日本は森林の国です。(説明すれば)国土の67%が森林で覆われています。

の場合、Japan is a forest countryの説明や定義を「:」の後に具体的な数値で示しています。

コロンの理解のポイントは、「:」は主従関係を発生させる働きがあると知ることです。A:Bの場合、その関係はA>Bです。

ですから、Bの内容は、あくまでAの内容をフォローするものであることに注目してください。I have pets: two cats and one dogなら、あくまで「ペットを飼っている」という情報の詳細として、「2匹の猫や1匹の犬」を「:」で示しているわけですね。

セミコロンの意味と使い方

次に、セミコロンを見ていきましょう。コロンとよく似た記号ですが、「」のように下の点がコンマのような形をしているのがセミコロンです。

セミコロンは、文の区切りとしてピリオドよりも短く、カンマよりも長いというイメージです。

文(主語+動詞で成り立つひとかたまり)を繋いだり、リストを作ることができます。通常、文同士はコンマ「,」では繋げませんので、andやbutなどの接続詞を使います。これらの接続詞なしで文を繋げられるのが「;」です。

そのため、コロンと違って、A;BはA>Bのような関係にはありません。ただし、AとBは関連性が高い場合に使われます。

I went to the library; Jonathan went to the theater.
(私は図書館へ行き、ジョナサンは劇場へ行った)

libra

私は図書館へ行き、ジョナサンは…?

「;」をピリオドに置き換えても文法的には問題ありません。しかしながら、区切りを経ることなく読めるので、読み手には2つの文には関連性が高いと伝わるのです。

それから、「;」は、しばしばthereforeやhowever, besidesなどの接続副詞を伴います。

I think; therefore, I am.

我思う故に我あり。

thereofre

; therefore

そして、リストを作るときに、コンマとの区別を明確にするため「;」が使われます。

We have students from Tokyo, Japan; Taipei, Taiwan; London, UK; New York, America.

私たちの生徒は、日本の東京、台湾の台北、イギリスのロンドン、アメリカのニューヨークから来ています。

sekai

世界中から

Tokyo, Japanですでにカンマを使っているので、もし「;」の代わりにカンマを使うと、どの単語とどの単語がひとかたまりが見分けがつかなくなってしまいますよね。そんなときにも、セミコロンが使われます。

いかがでしたか?

ネイティブスピーカーでも、大学などできちんとライティングを学ばないと、コロンとセミコロンの使い分けは結構難しいと聞いたことがあります。

なにげなく読み流していた英文の「:」や「;」にもぜひ注目してみてください!

感謝祭(サンクスギビングデイ)とは?その起源や文化

ハロウィンが終わり11月に入ると、日本ではあちらこちらでサンタやツリーが飾られ、クリスマス商戦が始まります。しかしアメリカではまだクリスマスの飾りつけは始まりません。その理由はクリスマスの前にとっても大きな祝日が待っているから! その重要なお祭りこそ「感謝祭(Thanksgiving Day)」なのです。

「感謝祭」はイギリスからアメリカに渡ったピルグリム達の初めての収穫を記念する祝日。他国の歴史なので私なんぞは正直ピンと来ませんが、英語を学びなおすのならアメリカの大切な日について知っておいても損はありませんね。感謝祭ならではの英語表現もリストアップしましたので、英語雑学としてどうぞ!

【CONTENTS】


感謝祭はいつするの?

最初の感謝祭
歴史の浅いアメリカにとって、約400年前に起源を持つ感謝祭はルーツを感じる歴史的記念日なのでしょうね。

感謝祭は毎年11月の第4木曜日に行われます。今年は11月22日でした。感謝祭がアメリカの祝日に決められたのは1863年、リンカーンの時代にさかのぼります。「感謝祭は11月の最後の木曜日に行う。」リンカーンはそう宣言したそうです。その後フランクリンルーズベルトが11月の第4木曜日に変更。その理由はホリデーショッピングの時期を早めるためだったそうです。

感謝祭の起源は?

Thanksgiving on Thursday
英語で歴史を学ぶなら子ども向けの易しい本で!『Thanksgiving on Thursday(Magic Tree House)』 Random House Childrens Books

感謝祭のそもそもの起源は1621年、イギリスからアメリカに移住したピルグリムたちがアメリカでの初めての収穫を神に感謝し、冬を越す知恵を授けてくれたネイティブアメリカンを招待して祝宴を催したことに由来しています。

この最初の感謝祭のちょうど一年前の1620年9月、ピルグリムを乗せたメイフラワー号はイギリスを出発し、2ヵ月間の苦しい航海の末にアメリカに到着します。しかし新天地で彼らを待っていたのは厳しい冬。満足に食べ物もなく、最初の冬を越す間に多くの仲間を失います。

そんな彼らを救ってくれたのが先住民のネイティブアメリカン。彼らの知恵のお陰でピルグリムたちは次の冬を充分越せるだけの収穫を得ることができたのです。

ネイティブアメリカンに感謝を捧げるため、ピルグリムたちは彼らを招待し、丸3日間の祝宴を行いました。長いテーブルに七面鳥や野菜が並べられ、感謝の祈りが捧げられます。そしてピルグリムとネイティブアメリカンたちが手を取り合って歌ったり踊ったり。これがアメリカの感謝祭のお決まりイメージです。

感謝祭には何をする?

現在の感謝祭は、家族や友人が寄り集まっておなかいっぱいごちそうを食べたり、テレビでアメリカンフットボールを観戦したり、ショッピングを楽しんだりします。感謝祭の食べ物と言えばロースト・ターキーです。2007年にアメリカで生産された七面鳥は約2億7000羽。単純計算すると、アメリカ人は一年間に1人1羽の七面鳥を食べる計算になります。

映画やドラマでも家族がロースト・ターキーを囲み、祈りを捧げるシーンがよく描かれます。『スパイダーマン』に伝統的な感謝祭のシーンがあるのでチェックしてみて下さいね。

次ページでは、感謝祭の関連ワードをご紹介します。