「記憶力」とは何か?その本質と向上のヒント

脳

脳は無数の「結びつき」からできている

「記憶」とは何か?

「で、すぐに大量に覚えられる記憶術は何ですか? 早く教えてください!」

そう思われるかもしれませんが、「急がば回れ」、まずはそもそも「記憶」とは何か?について押さえておきましょう。

「記憶」とは、一言で言うと「結びつき」

これは記憶の本質なので、しっかり記憶しておきましょう。どんな記憶術でもこれが土台となります。

記憶というと、頭の中に「入れる」、さらにいうと「押し込む」というイメージを持っている人がいるかもしれませんが、そうではないのです。

なぜ記憶は「結びつき」か?というと、記憶を行っている「脳」の構造がそうなっているから。

記憶を行う大脳皮質には約140億個の神経細胞があるとされていますが、それら一つ一つに千から万もの神経回路がぶらさがり、神経細胞同士を結びつけています。

脳にはまさに桁違いの「結びつき」があり、記憶はこの「結びつき」によって行われるのです。

記憶する・忘れないための大原則

このため、記憶する、忘れないようにするには、この「結びつき」を作り、維持する、さらには強くすればいいわけです。

「結びつき」ですから、新しい情報・知識は、すでにある記憶と結びつける、つまり関連付けることが必須となります。

ただ、いったん結びついたとしても、最初はその結びつきは弱く、だんだんと切れていくようになっています。

ずっと結びついたままでいてほしい、と思うかもしれませんが、それでは重要なものも重要でないものも同じように記憶されてしまって収拾がつかなくなります。このため、脳は放っておけば結びつきが弱くなり、忘れる、思い出せないようになっているのです。

では、どうすれば結びつきを保ち、さらに強化できるのか? いくら、「これは重要だから、結びついていてくれ!」と脳に言い聞かせても、脳には伝わりません。どうやって、これを伝えればいいかというと、それは……

「くり返し」です。

「そんなことは知っているよ。だから、くり返さないでも記憶できる、忘れない“記憶術”を求めているんです!」と言われるかもしれません。ただ、やはりこれがなんといっても記憶するため、忘れないための土台となります。

「何度もくり返し起こる、体験することは重要」という極めて合理的な仮定に基づいて、われわれの脳に組み込まれているメカニズムなので、なくなることはないでしょうし、くり返しさえすれば脳は確実に記憶し、忘れないでいてくれます。

まずは、この記憶の大原則・「くり返し」を受け入れて、どうすれば楽にくり返せるか? 効果的なくり返しとは何か?を考えて、くり返しをしていきましょう。

なお、くり返す際のポイントを一つお伝えすると、ただ読むことをくり返すのではなく、思い出すことをくり返すことが効果的です。思い出せなければ記憶したとはいえないからです。

では”記憶術”とは何か? ⇒ 次ページへ

方向音痴の人のための記憶術

 「方向音痴だから…」と諦める必要はありません!

方向音痴を治す方法

方向音痴を治す方法

「あれ? 確かこの方向だと思っていたのに……」
「えー……今どっちに向かって歩いているんだっけ」

スマホの地図アプリを見ているのに、方向がわからなくなってしまう……。自分のことを「方向音痴」だと思って一生このままだと諦めているあなた。

ちょっと待ってください。

あなたは、少しでも「方向」についての練習や訓練をしたことがありますか?

くり返すことで、経験が記憶になる

たとえば、次の計算をあなたはできるでしょうか?

5+7+4+9+8+9+4=??

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、暗算でできたでしょう(答えは46です)。

しかし、小学生になったばかりのあなたはできなかったかもしれません。でもそのとき「計算音痴」として諦めませんでしたよね? 小学校の算数で何度何度も計算練習をくり返すなかでできるようになったわけです。

つまり、計算した経験が記憶となり、その記憶によって今では楽にスラスラとできるのです。

これと同じように「方向音痴」ならぬ、方向が苦手なあなたもちょっとした練習をくり返して、方向をつかむ経験を記憶していくことで克服できる可能性があるのです。

わかるところだけでも書き出してみる

まずは、あなたの家から近くの駅やバス停など、あなたが毎日よく出かける場所までの地図を頭の中で思い浮かべてみてください。

「方向音痴」のあなたは、おそらく頭の中で地図をサッと思い浮かべることができなかったでしょう。

そこで落ち込む必要はありません。まずは紙とペンを用意して、わかるところだけでもいいので書き出してみましょう。

計算練習でも最初は紙に書いて一つずつ計算したでしょう。それと同じです。

経験が少なく、使える記憶が少ないうちは、頭の中で思い浮かべようとしても、「ワーキングメモリ」という、情報を一時的に蓄えておく領域が一杯になりフリーズ(一時停止)しがちなので、まずは無理せずに書くことです。

書くことで少しは地図が描けるようになり、描けた部分は頭の中でも思い浮かべられるようになっていったでしょう。

このように自分がよく知っている場所で地図に書きつつ、何度も思い浮かべて記憶を作ることが、「方向音痴」を克服するための練習の第一歩です。

「ドローン」の目から眺めてみましょう

「紙に書こうとしてもゴチャゴチャに混乱して書けません」

紙に書こうとしてもなかなか書けない人がいるかもしれません。そんな人は自分が地上何メートルくらいの高さから見て書こうとしているか、自分を振り返ってみて下さい。

「え? 地上何メートルと言われても……。いつもの目の高さですが……」

なかなか地図が書けない人は、このようにいつもの歩いている目線で思い出していることがほとんどです。

目の前の細かい情報に気をとられたり、頭の中で移動するにも時間がかかるので、地図がサッと書けなかったり、思い浮かべたりすることができないのです。

方向音痴な人が思い出す地図

方向音痴な人が思い出す地図

では、方向音痴でない人が思い浮かべる地図は何が違うのでしょうか?

それは「視点が高いこと」です。「鳥瞰する」、すなわち、鳥の目で見るなんていいますが、鳥になったつもりで高いところに視点をおいてみてください。今だったら、「ドローン」を飛ばして、そこからの映像を思い浮かべたほうが想像しやすいかもしれません。

方向音痴でない人が思い出す地図

方向音痴でない人が思い出す地図

上空から眺めるとまさにまるで地図を見るように、細かい情報は見えなくなり、抽象的なシンプルな形になっていきます。このほうが情報が少なくなり、ワーキングメモリも圧迫しないので、楽に地図を描き、思い浮かべやすくなるのです。

ぜひ、視点を上空高くに飛ばして、家から最寄りの駅やバス停までの道のりを上から眺める練習をしてみてください。

最初はなかなか慣れないかもしれませんが、すぐに行ったり来たりできるようになるでしょう。視点を上げることが「方向音痴」をなくすための大事なポイントです。

「方向」を捉え続ける

自分の家の近くの場所で地図を楽に思い浮かべられるようになったら、ぜひ、新しいところで地図アプリの地図を見ながら「ドローンの目」の視点で自分自身と目的地までの地図を思い浮かべられるかチェックしてみましょう。

全部思い浮かべられなくても、落ち込む必要はありません。まずは次の曲がり角までなど途中まででもいいので、「ドローンの目」の視点で思い浮かべられるようにしましょう。

そして、練習する際に、もう一つ忘れてはならないものがあります。

それは目的地への「方向」。「方向音痴」の「方向」です。目的地が自分から見てどちらの「方向」にあるかを、大体でもいいので常に押さえておく必要があります。

実は、方向音痴の人は「方向」が音痴というかズレているというより、そもそも、目的地への「方向」への意識がないか、もしくは歩いているうちにいつの間にか飛んでしまい、「あれ? どっちだっけ?」ということになることが多いのです。

すでに紹介しましたが、人間にはワーキングメモリという一時的に必要な記憶を蓄えておく領域がありますが、その容量は限られています。目の前のものに注意を奪われ、「方向」への意識が弱いと、「方向」の記憶が飛んでしまいます。

「方向」がわからなくなったとき、ついつい地図アプリの地図を見ながら、周りを見回して「方向」を確認しがちですが、それよりも、地図を見ながら歩いてみましょう。そうすると、歩いている「方向」が確認でき、そこからを目的地の「方向」を再確認できます。

まとめ:方向音痴脱却の5つの方法

さて、いかがでしょうか? 

「方向音痴」と嘆く前に以上、ご紹介したような「方向訓練」をちょっとしてみてください。もう忘れている人もいると思うので、以下に簡単にまとめておきます。

1) 身近な場所を利用して、地図を思い浮かべる訓練をする

2) 「ドローンの目」で、シンプルで単純な地図を思い浮かべる

3) 新しい場所で、地図アプリを見ながら「ドローンの目」で思い浮かべる

4) 目的地への「方向」をワーキングメモリに記憶するようにする

5) 「方向」がわからなくなったら、地図アプリを見て歩いて再確認する


これらの方法で、「方向」の達人とまでいかなくても、「方向音痴」から脱却してください!

「合コンで名前を覚えられない人」を解決するワザ

「名前が覚えられない」と「話のきっかけ」を一気に解決

楽しそうに話す男女

どうすれば話のきっかけを作れるのか?

合コンで相手とどんな話をしたらいいんだろう? 
話のきっかけはどうつかんでいけばいいんだろう?

男性、女性に限らず、合コンの前に悩まれている方は多いと思います。

また、合コンの場合、相手が複数ですからなかなか名前が覚えられなくて、それが悩みという人がいるかもしれません。

この二つの悩みを一挙に解決するワザがあります。話のきっかけもつかめて、相手の名前も覚えられるワザです。

それは………

「相手の名前自体を話題にする」

え? それ、「あり」ですか?と、まさにコロンブスが卵をグシャッと割って立てたときと同じ反応だったかもしれません……

相手にとって一番身近で大事なモノ

「自分の名前」

これは本人が物心ついたときからずっと慣れ親しんでいるものです。

だから陳腐な話題かというとそうではありません。名前自体について考えたり、じっくり振り返ったりすることは、なかなかないからです。

では、どのように話題にするのか? 

次のことをたずねてみてください。

それは、名前の「由来」です。相手のご両親がどんな願いを込めて、その名前を付けたかを聞くのです。

その場合、どんな漢字が名前に使われているかが意味を持つ場合もあるので、どんな漢字なのか名刺で確認したり、メモに書いてもらったりしましょう。

名前とはその人の表の顔であると同時に、親との関係を象徴するようなその奥の面に触れる入口でもあります。

名前という何気なく交わしている情報をきっかけに、いきなり深い話に入ることができるのです。

もちろん、「名前の由来なんて知らない」とか「聞いたことがない」という人もいるでしょう。そんなときもあることを行うことで、一気にあなたの好感度を上げることができます。

それは……

一気にあなたの好感度を上げるワザは次ページ

試験前の徹夜は不要?会場でできる「10分漬け」記憶術

試験本番当日での「悪あがき」は禁物

合格発表の様子

最後のあがき、1点が合否をわける

「ああ、今日が試験本番だというのに……まだ覚えていない……」

よっぽど簡単な試験ならいざしらず、大学入試にしろ資格試験にしろ、「もう完璧!」というまで問題集やテキストを覚えて試験に臨める人はほんとわずか。試験本番当日になって、まだ覚えていないところが気になって焦る人も多いのではないでしょうか?

合格・不合格を分けるラインには多くの受験生がひしめきあいます。ほんの数点、そして1点が天国と地獄をわけることもあります。試験が開始する直前まであがきたくなるのは当たり前です。

ただ、あがくにしても悪あがきになると、プラスになるどころか、せっかく覚えていた知識まで混乱させたり、精神的にパニックとなってマイナスになりかねません。

あがくにしても、良いあがき方と悪いあがき方があります。せっかくなら良いあがき方でいきたいですよね?

今回は試験本番当日の良いあがき方と悪いあがき方を分けるポイント、そして、最後の最後で大事な知識を記憶するための「10分漬け記憶術」を解説します。

正しくあがくためにはここから始める

試験会場ではよくこんな人を見かけます。

ほとんど書き込みもないきれいな問題集やテキストを、ひたすら順番にページをめくって目を走らせている……。試験官が「カバンのなかに片づけてください」と言ったあとも、名残惜しそうにめくっている。

これは悪いあがき方です。

「まだ覚えていない……」と焦る気持ちはわかるのですが、ただ闇雲に情報を確認し、入れようとしても、逆に整理されないまま混乱してしまう危険があります。

正しくあがくためには、まず、自分が何を覚えていないのかを明確にしてから、テキストにしろ問題集にしろ見ることです。

そのための行動が「思い出す」

つまり、すぐにテキストや問題集を見るのではなく、自分が何を覚えているのかを思い出してみるのです。そうすると、自分が何を覚えているのか、覚えていないのかが明確になります。

もちろん、その途中で「ああ、覚えていない……」と焦り始めて、とにかくテキストや問題集を見たくなりますが、何を覚えていないかを明確にしないと、先ほど挙げたようにただ情報を入れようとするだけで整理がつかず危険です。

「思い出す」ことであれば、試験会場で席につくまでに、家を出て歩いているときや、電車に乗っている間でもできます。まず、この「思い出す」という下準備をしておいて、試験会場で気になった点を問題集やテキストを開いて具体的に確認していけばいいのです。

そのときは、ただ順番にページをめくるのではなく、どこを読むかが明確になって、必要な箇所だけを読んでいる形になっているでしょう。

ただ、「ここを覚えていない……」と確認しても、なかなか覚えられない、頭に入らないこともありますよね。そのときにはどうすればいいのか? 

次ページでは、カンニングスレスレ?「10分漬け記憶術」をお伝えします。

試験会場で記憶してしまう「10分漬け記憶術」とは? 次ページに!