スペースワールド、「花火イリュージョン」復活のクラウドファンディング達成ならず – トラベルメディア「Traicy(トライシー)」

福岡県北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が閉園日となる12月31日に開催する、かつて行われていたイベントショー「花火イリュージョン」の復活に向けて行っていたクラウドファンディングに、864人から総額924万7500円が集まったことがわかった。

パークの象徴であるスペースシャトルの実物大建造物の前で、1996年から2007年にかけて開催されていた、音楽、投影画像、レーザー、ライティング、花火が織り成すエンターテインメント「花火イリュージョン」を復活させる計画だった。

閉園日の100日前にあたる9月22日に発表し、11月5日まで寄付を募っていた。支援額は3,000円からで、非売品DVDや入場券などの金額に応じた特典をプレゼントするとしていた。最高額となる10億円の支援で、園内に展示しているスペースシャトルの実物大建造物をプレゼントすることも話題となったものの、購入希望者は現れなかった。支援目標は開催額の半分にあたる1,500万円で、達しなかった場合には全額を返金することとなっていることから、全額を支援者に返金する。

スペースワールドでは、「本来なら直ちに実施しないという結論になるところですが、慎重に検討した上で、後日改めて実施の有無をお知らせさせていただきます。」としている。

12月31日には入園、アトラクション、ショー、イベントを楽しめるフリーパス「グランドフィナーレチケット」を販売する。大人8,000円、小人5,000円、3歳以下無料。豪華アーティストによる「カウントダウンライブ」も行う。















ノートPCの収納に特化した「アンダーザジャックパック」がクラウドファンディングを準備 – Cyclist(サイクリスト)

 サンフランシスコのアパレルブランド「ベータブランド」が手がける厚さ3.5cmの“超薄型”バックパック「アンダーザジャックパック」の日本上陸へ向け、クラウドファンディングの準備が行われている。体にフィットし、反射素材も一部使用しているため、サイクリング用のバッグとしても活躍が期待できる新製品だ。

ベータブランドが手がけた薄型バックパック「アンダーザジャックパック」 (提供写真)

 ノートパソコンに特化した薄さが特長のアンダーザジャックパックは、13インチと15インチのサイズで展開。カラーはグレー、レッド、ブラック、シルバーがラインナップされる。シルバーに用いられているのは道路標識にも使用されている再帰性反射材で、光を反射することで夜間にも自分の存在を後続に知らせる役割を果たす。

ノートパソコンを始め、周辺機器やガジェットなどをしまうポケットも装備 (提供写真)

 メインの大きな仕切りにはノートPCが入り、その他の小さな仕切りには充電ケーブル、サイドポケットには財布やアクセサリーが入るスペースが設けられる。バックパック自体が薄く、ノートPCを入れても本体が膨らまないため、ジャケットや合羽、ウインドブレーカーの下に着用することも可能。雨を防ぎ、盗難防止にも役立たせることができるという。

 クラウドファンディングサイトでは現在、プロジェクトをフォローすることで最新情報を受け取ることが可能。今後、クラウドファンディングにかかる費用など、具体的な情報がオープンになる予定だ。

ジャケットや上着の下にも着れる薄さ(右) (提供写真)
4色展開でラインナップ (提供写真)

関連記事


この記事のタグ

新製品情報

クラウドファンディング「Makuake」に完全密着 AbemaTV新特別番組が生放送決定 – AbemaTIMES

 「Makuake」とは、株式会社マクアケが運営する日本最大級のクラウドファンディングサービスで、誰もがプロジェクトの実行者となり、新しいモノづくりを提案することができる。2013年8月のサービス開始より、3000件以上のプロジェクトを掲載し、1000万円を超える大型の資金調達事例は約70件にもなる。

 同番組では「Makuake」で実施中のクラウドファンディングプロジェクトをはじめ、商品化に成功したプロジェクトの裏側に密着し、実行者の商品に懸ける想いや、成功の秘訣を紹介し、日本の新しいモノづくりを応援していく。

 12月23日(土)の放送回では、国民栄誉賞を受賞した日本を代表する冒険家・植村直己氏が南極でその靴下を着用したという「もちはだ」の若き3代目・鷲尾岳氏が届ける新しいニットTや、“名門メーカーの名前をもう一度日本に逆輸入したい”という山本聖氏の情熱から始まったプロジェクトであるスマホ用マクロ&ワイドレンズキット「YASHICA」の成功の舞台裏に密着し、どのように実現させたのか、その秘訣に迫る。

 また「Makuake」をキッカケに事業を拡大した国産の時計メーカー「Knot」の新デザインを、未来の時計職人が考案するプロジェクトや、2015年8月に「Makuake」がデジタルハリウッド大学院と連携した“アイデア実現支援プロジェクト”にて、初の採用となった最新型入力デバイス「O2」、酒造りの神様と言われる農口尚彦氏が新しい酒蔵で醸す、希少な初年度のお酒の先行販売プロジェクトなど、現在「Makuake」で実施中のプロジェクトも続々と紹介。さらに、番組発のクラウドファンディングプロジェクトでは、宮城県仙台市にある行列のできるかき氷屋“梵くら”が東京出店に挑戦する。

わずか270g。人間工学に基づいた設計でコート内にも収納できる薄さ2.5 … – PR TIMES (プレスリリース)

UNOⅡを開発したNIIDから新たに人間工学に基いて設計された体にぴったりフィットするチェストパック「FINOⅡ」が日本初上陸!
 

 普段使いのカバンやリュック、チェストパックでは、財布やスマートフォン、SUICAの出し入れに大変な思いをすることもありますよね。

それでいて盗難の危険性も不安…。

「チェストパックは軽いままで、最小限で合理的なバックは無いか…。」

 そんな夢を叶えるべく1年の歳月をかけて誕生したFINOⅡは、初代を購入した多くのお客様の声を元に改良・進化しました! 

 -FINOⅡの驚きのポイント-

 

FINOⅡは270g という超軽量でありながら生地が丈夫で型崩れの心配なし! 

 

2.5cm の薄さにすることで体にフィットしやすくなっています。

そのフィット感はコートやジャケットの下に装着しても違和感なし! 盗難対策もバッチリです。 

中に何が入っているか見えにくいのでスマートに収納できます

 

スリムな形状でありながら実用的な収納を実現! 
 

FINOⅡの素材は、水弾きをしない最新の防水加工で水しぶきが飛び散る心配もなし! 
 

これだけ体にフィットしていれば盗難対策はもちろん、バックをどこかに忘れたり紛失する心配もありません!
 

初代FINOよりも体にフィットするように立体裁断されたFINOⅡは、背負っていることも忘れるほどの体との一体感を感じられます。
 


日常的に使用するカード類は、出し入れがしやすいカードポケットに収納。収納スペースは取り出しやすく改良しました。 

初代を使用したお客様の声により両利き対応で使い易いポケットが実現!
右利きの人も左利きの人にも取り出しやすいように両側にポケットを設置。右からも左からも出し入れできるようになりました!
 

マイクロファイバー革を使用することで、初代よりジッパーの開け閉めが楽になりました 。
 

NIIDこだわりの止め金具も進化して使いやすくなっています。 

 【カラーバリエーション】 

※全て右手仕様です(カバンが体の左側)。

 1.ダークグレー

 

 2.グレー

 

 

3.迷彩グリーン(動画で紹介している迷彩とは異なります。ご注意ください。)

 

実用的でファッション性にも優れたFINOⅡは、普段使いからサイクリングにもおすすめの製品です。

【NIIDについて】

 2014年、Jason LiとHarris Haynieはビジネス向けの機能性の高いバックパックの開発を始めました。 

多様な消費者に合うスタイリッシュな設計を重視しています。 

 

スケジュール

~2/15 GREEN FUNDING by T-SITEにてファンディング

~3月 「FINOⅡ」調達

4月~ 「FINOⅡ」国内発送開始予定

【クラウドファンディング概要】

・  クラウドファンディングサービス:GREEN FUNDING by T-SITE

・  目標金額 : 600,000円

・  期間:2017年12月5日~2018年2月15 日

・  プロジェクトURL:https://greenfunding.jp/lab/projects/2063

・  主な先行販売コース:

5,720円コース:UNOⅡ購入者限定プラン( 35%OFF)

6,160円コース:【先着100名】SUPER EARLY BIRD( 30%OFF)

7,480円コース:【先着500名】EARLY BIRD(15%OFF)

8,360円コース:STANDARD(5%OFF)

14,080円コース:ダブルパック(20%OFF)

26,400円コース:3個支援すると1個無料

バーチャルピンホール定規 クラウドファンディング残り1か月! 現在Makuakeにて、好評クラウドファンディング中! – ValuePress! (プレスリリース)

バーチャルピンホール定規は、定規にピンホールメガネの機能をプラスした、新しい文房具です。
現在、Makuakeにてクラウドファンディングを実施しており、100名近くの方々にご支援いただいております。
クラウドファンディングは2018年1月11日に終了予定です。

バーチャルピンホール定規は、定規にピンホールメガネの機能をプラスした、新しい文房具です。

普段は定規として携帯し、必要なときはピンホールメガネとして使用することができます。

ピンホールメガネとして使える定規! バーチャルピンホール定規

また、最大の特徴として、「バーチャルピンホール」(仮想孔)の採用により、物理的な孔ではなく、プリントによりピンホール効果を発揮する構造となっています。(実用新案登録第3212792号・商標登録第5996085号)

バーチャルピンホール定規は2017年10月12日よりMakuakeにてクラウドファンディングを実施しており、100名近くの方々にご支援いただいております。

現在、すでに目標金額を達成しておりますが、引き続きクラウドファンディングを行っています。

なお、クラウドファンディングの終了は2018年1月11日を予定しております。

Makuakeによる製品ページ:http://www.makuake.com/project/virtual-pinhole-jougi/

【問い合わせ先】

NPL   代表 永盛 敬将

Web:http://npl.blog.jp/

E-mail:n_patent_lab@yahoo.co.jp

【12月19日まで】“今”に集中するマインドフルネスな腕時計 – Hidden … – PR TIMES (プレスリリース)

Hidden Time Watches –  クールブラック (Cool Black) ローズゴールド (Rose Gold) スノーホワイト (Snow White)Hidden Time Watches –  クールブラック (Cool Black) ローズゴールド (Rose Gold) スノーホワイト (Snow White)


 昨年、ANICORNは、宇宙の惑星軌道「ケプラー」と同じ動きをする時計、ANICORN<K452> のプロジェクトをMakuakeにて実施し、200人以上の方から900万円以上の予約販売を受け付けました。現在、実施中の”Hidden Time Watch”は、今年春にアメリカのクラウドファンディングサイト、KICKSTARTERで48時間以内に目標の約600万円を達成、最終的に約1,600万円を集め、世界中のデザイン・ライフスタイル系メディアで大変注目されました。日本では、新宿伊勢丹にて秋に展示を行い、現在、Makuakeを通じ目標金額の250%を上回る方にご予約いただきました。12月19日(火)が最終日となっております。

 The Trio of Time(トリオ・オブ・タイム:TTT)は、国際的な創造性で時間認識を再解釈する、初の実験的世界ツアーです。世界3都市のローカルデザイナーとのコラボレーションで時計を生み出しており、今後、展開されるそれぞれの時計には、過ぎ行く時間に対するデザイナーの視点を反映したユニークなデザインが採用されます。第一弾は、韓国・ソウルの注目デザイナー・Jiwoong Jung(ジウン・ジュン)氏とコラボレーションしています。

Makuake 日本限定バージョン – Hidden Time Watch エメラルド (Emerald)Makuake 日本限定バージョン – Hidden Time Watch エメラルド (Emerald)

【TTTシリーズ第1弾:ソウルへ】

メッシュ素材ブレスレットメッシュ素材ブレスレット

 TTTの旅は韓国・ソウルで始まりました。ソウルはアジアの主要なデザイン都市です。急速な成長を誇るこの都市は、アートとデザインの宝庫。多数の有能デザイナーが街でスタジオを立ち上げ、地元産業のみならず世界全体に貢献しています。この都市で、私たちANICORNと同じように“時間”に魅了されたプロダクトデザイナー、Jiwoong Jung(ジウン・ジュン)と出会いました。

Jiwoong Jung(ジウン・ジュン)氏Jiwoong Jung(ジウン・ジュン)氏

 彼のプロダクトデザインは、フランス最大のインテリア展覧会メゾン・エ・オブジェで2012年と2014年に特集され、国際的なデザイン・メディアでも紹介されるなど、注目を集めています。Hidden Time(ヒドゥンタイム)は、数字が刻印されたクリスタル・カバーの下に、美しい色のグラデーションが配置されています。時間が経過することで、時間を示すグラデーション着色のディスクが回転し、「隠されていた時間」が姿を現します。この時計は、カモフラージュ効果の現代的解釈を通して、過ぎ行く時間を非表示にし、「今」に集中することを可能にしたのです。

 「自然に時間を経過させる方法を考えるにあたり、私は自然界で生物が身を隠す方法を調べ始めました。

そしてカメレオンの保護色という、最もよく知られた例にたどり着いたのです。彼らの防御メカニズムは一種の視覚的錯覚ですが、2つのものを重ね合わせて自然に一体化させる、シンプルで効果的な方法です」と、Jiwoong Jungは言います。

 

時計の美しいグラデーションが、過ぎ行く時を非表示にします時計の美しいグラデーションが、過ぎ行く時を非表示にします

 「今、この瞬間に意識を集中する」ことで、自分をコントロールすることができたり、的確な判断ができるという点から、ビジネス界・スポーツ界で広く“マインドフルネス”が昨今取り入れられています。この静かな思考は、過ぎ行く時を消し去る”Hidden Time Watch“にも通じるところがあります。

【特徴】
▼活字書体

・回転するグラデーション・グラフィックの上に、クリスタルプリントの文字盤を配置

・Johannes Breyer氏とFabian Harb氏によるダイナモ書体とのコラボレーションにより独自書体を採用

▼幅広い層の方に合うデザイン

ケース径39mm、男女兼用ユニセックスデザイン

316Lステンレススチール密閉ケース

カラーは4種類、Makuake 日本限定 エメラルド (Emerald)/ クールブラック (Cool Black) / ローズゴールド (Rose Gold) / スノーホワイト (Snow White) / 

超薄型 — 厚さ8.7mm

▼ドッキングシステム

ストラップは数秒で交換可能。差し込み部品を引き、カチッと入れて固定する簡単操作

革ストラップは3色、ホワイト/ コーヒー / ブラック

ドッキングシステムドッキングシステム

▼メッシュ素材ブレスレット

スチールを施したミラネーゼメッシュ・ブレスレットは、85行程を経て丁寧に縫い合わせられており、腕にしなやかに沿い、皮膚を快適に保ちます。頑丈で、軽く、どのようなシーンでも着用可能です。

▼スイス製の精度

スイス・ロンダ社製キャリバー515クォーツムーブメントを使用、高精度でなめらかな回転を可能にする、高品質で信頼性の高いジュエルモデルです。

スイス・ロンダ社製の515は、スリムなサイズと長時間駆動を実現した最高品質のクォーツムーブメント・モーターの一つとして知られています。

▼パッケージ

お手元への配送を大切にしている私たちは、The Trio of Time第1弾のために美しい新パッケージをご用意しました。時計と共にお届けするストラップは、スマートドッキングシステムで簡単に組み立てられます。

全ての商品は、香港のスタジオで品質検査を行い、手作業でプレミアム・パッケージに梱包いたします。

パッケージパッケージ

▼スペック

ムーブメント:スイス・ロンダ社製キャリバー515クォーツムーブメント

電池寿命:約45ヶ月

ケース:316Lステンレススチール、直径39mm、厚さ8.7mm、ネジ留め式裏蓋、PVDメッキ

風防:傷に強いサファイアガラス

耐水性:50メートル/ 5気圧

ストラップ:本革(ラグ幅18mm)+ステンレススチール・バックル(スマートドッキングシステム)

▼製造スケジュール

製品はすべて、香港の工場で生産・発送されます。スタジオで最終点検し、2018年3月までに時計を、安全にお届けします(日本国内送料無料)。

▼ANICORNチームによる実績

【KICKSTARTER】 ANICORN「Series000」(2014年)

53,447USD(約600万円)達成
https://www.kickstarter.com/projects/221213970/anicorn-a-designer-watch-unique-concentric-disc-sy

【KICKSTARTER】 ANICORN「k452」(2015年) 

153,607USD(約1,700万円)達成
https://www.kickstarter.com/projects/221213970/anicorn-series-k452-watches

【Makuake】 ANICORN「k452」(2016年) 

9,083,000円達成 
https://www.makuake.com/project/anicornwatches/

▼On Vic Corporationについて

2012年より香港を拠点に、デザイナーズ時計の製造・販売を行う(代表:Joe Kwan、Chris Chan)。

ANICORNは、”時間”というコンセプトを思慮深く捉えたブランド・ANICORNをプロデュースしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お問合せ】ANICORN PR 村上 info@anicorn-watches.com

【HP】http://anicorn-watches.com/ 【FB】https://www.facebook.com/thetriooftime/

米国クラウドファンディングで24万ドルを集めたウェアラブルディスプレイ … – PR TIMES (プレスリリース)

Vufineはこれまで世界61カ国に直接販売を行なってきました。2017年からはさらに販売網とサポート体制を強めるために各地域に戦略的パートナーとなる代理店を置き、販売体制を強化しつつあります。これまでの出荷台数は北米エリアが最も多く、続いて日本、イギリス、ドイツとなります。

『Vufine』は機能をシンプルにすることにより、複雑で高価な製品ではなく、手に入れやすく使いやすい製品を目指した高解像度の”ディスプレイ”です。

Pokemon GoなどのARゲームをハンズフリーで楽しむことや、ドローンから撮影を行う際に飛行中の機体と空撮映像を同時に確認しスムーズな撮影を可能にする用途などで利用されてきました。それに加え、近年ユーザーが増えてきている一眼レフカメラでの動画撮影において、カメラを動かすダイナミックな撮影を行う際の映像確認に『Vufine』を使用するケースが増えてきています。SONYの新作ミラーレス一眼カメラα6500の全米キャンペーンではカメラの取り回しやすさのアピールにVufineが使用されました。


購入前に実機を試したいというユーザーの声に応えるため、今後も体験のできるタッチポイントを増やしていきます。日本では、セキドDJI横浜ベイサイド店に加え、10月よりビックカメラの都内5店舗(お取扱店舗:池袋東口カメラ館・有楽町店・AKIBA店・新宿西口店・ビックロ、名古屋2店舗(名古屋駅西店・名古屋JRゲートタワー店)でも店頭体験が可能となりました。

■商品概要

商品名  :Vufine(ビューファイン)

販売価格:25,800円

販売場所:http://www.amazon.co.jp/dp/B01HY18A9U

サイズ   :96 x 20 x 14mm (3.8″W x 0.8″H x 0.6″D)

重さ      :26g (0.9oz)

バッテリー持続時間:約90分

ディスプレイタイプ:LCOS qHD 960×540

ヴァーチャルスクリーン:眼から10cm at 28cm (4” at 11”)

輝度:220 cd/m2

コントラスト比:150:1

リフレッシュレート    :60Hz

URL                 :http://vufine.com/

■Vufine,inc.について

会社名  :Vufine,inc.

URL   :http://vufine.com/

本社所在地:1202 Kifer RoadSunnyvale CA 94086

設立   :2015年3月

代表者  :高坂 悟郎

事業内容 :ウェアラブルデバイスの企画、開発、製造、流通、販売