フリーランスの「お金事情」、一番キツイのは何? – 投信1

企業に雇用されずフリーランスで働く人が増えています。職種も、従来はウェブデザイナーやSEなど、一部の専門的な領域が中心でしたが、最近では営業職や事務職などでもフリーランスで働く人が出てきました。

というと、「同じ仕事で同じ給料なら、フリーランスのほうが柔軟に働ける」「自宅で使った通信費や光熱費も経費に計上できるのでおいしい」と考えるかもしれません。実際のところはどうなのでしょうか。

まれに「会社員は経費が認められない」と話す人がいますが、実は会社員(給与所得者)にも必要経費は認められています。

ただし、実際に使った費用ではなく、見なし経費として所得から控除されます。控除額は給与などの収入に応じて、65万円~最大220万円です(平成29年分)。給与所得控除額は収入に応じて決まります。業種業態、職種などには関係しません。

また、企業によってはパソコン、ケータイ、文具、制服、勉強のための書籍など、業務に必要なものがすべて支給されるところがあるかもしれません。そのような人で「自腹では何も使わなかった」という場合でも、給与所得控除は行われます。

かなりきつい? 国民健康保険料の負担

会社勤めを辞めてフリーランスになった人の多くに共通するのが「国民健康保険料がこんなに高いとは思っていなかった」というコメントです。理由の一つは、会社員であれば、保険料は会社と折半ですが、フリーランスの場合は、それが全額自己負担になること。

国民健康保険料は自治体によって異なります。年収の大小、単身か否か、介護保険の加入の有無などによっても異なりますが、中には年間の保険料の割合が年収の15%以上という自治体もあります。

国民健康保険料は、加入者全員が納める「均等割額」と、前年度の所得額に応じて納める「所得割額」によって決まります。このため、独立して間もなく収入がない場合でも保険料は納めなければなりません(自治体によっては、支払いの猶予や減免の制度があるところもあります)。

フリーランスには雇用保険、労災保険がない

会社員は、いわゆる「4つの保険」に加入しています。「健康保険」「厚生年金保険」「労災保険」「雇用保険」です。前述した健康保険に加え、厚生年金保険、雇用保険の保険料も会社と折半です。さらに労災保険の保険料は会社の全額負担です。

注意すべきは、フリーランスは、国民年金保険と国民年金の加入は義務づけられていますが、雇用保険、労災保険がないことです。病気やケガで仕事ができなくなっても保障はありません。いざというときに備えるためには、貯金をしておいたり、所得補償保険や就業不能保険に自己負担で加入しておいたりする必要があります。

フリーランスは将来もらえる年金額も少ない

日本の年金制度はいわゆる「3階建て」と呼ばれます。全国民に共通する「国民年金(基礎年金)」と「厚生年金保険」のいわゆる「公的年金」が1階・2階部分で、企業によっては3階部分の「企業年金」があります。

企業年金とは、厚生年金基金、確定給付年金、確定拠出年金などで、最近注目されているiDeCo(個人型確定拠出年金)も3階部分に該当します。

会社員であれば、厚生年金の保険料は会社と折半です。ところが、フリーランスは1階の国民年金だけで、厚生年金はありません。

国民年金の支給額だけでは、なかなか安心して老後を迎えることはできません。保障を補うためには、iDeCoのほか、小規模企業共済制度などの活用も検討すべきです。

まとめ

以上のことから、会社員からフリーランスになると、税金や保険の面では、「おいしい」よりも、むしろなかなか厳しいと言えそうです。

ただし、会社勤めをしながら副業をするといったスタイルに変えることで「公的保険などを維持しながら、使える経費も増えた」という人もいます。メリットとデメリットを見極めて、ベストな働き方を選びたいものです。

投信1編集部

個人型 確定拠出年金「iDeCo」特集 (2) 年末調整に滑り込みセーフ!? – iDeCoで所得控除する手続きとは – エキサイトニュース

公的年金にじぶん年金を上乗せできる仕組みとして、注目を集めている確定拠出年金。確定拠出年金には勤務先の企業で入る「企業型確定拠出年金」と、加入者自身が自分で入る「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の2種類があります。

「企業型確定拠出年金」は、導入している企業でのみ加入できますが、「個人型確定拠出年金(iDeCo)」は2017年1月から加入対象者が大幅に拡大し、「企業型」に加入している人も含めて、20歳から60歳未満であれば誰でも加入できる制度になりました。この特集では「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について、ひとつずつ解説していきます。

○税制優遇は1月から12月の1年サイクルで受けられる!

iDeCoは、毎月掛金を積み立てつつ運用内容を指示し、60歳以降に年金か一時金の形で受け取る仕組みになっています。公的年金で不足する老後資金を補てんするいわゆる「じぶん年金」を作るための制度です。iDeCoの最大の特徴は税制優遇を受けられること。会社員ではなかなか工夫が難しい節税ができる上に、老後のための資産作りができるというわけです。

iDeCoの最大のメリットは何といっても、その税制優遇にあります。しかも、優遇は「拠出時」「運用時」「受取時」という3つのタイミングで得られます。その効果を見ていきましょう。

(1)拠出時:毎月の掛金分が全額所得控除の対象になる
これは3つの中でも最も大きいメリットです。積み立てた掛金は全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象になり、年末調整や確定申告により納付した税金から所得と掛金に応じて、所得税と住民税が軽減されます。将来のために積み立てをしながら、その年の所得税に加え、翌年の住民税の負担減という効果も得られるわけです。

(2)運用時:iDeCoの運用で出た利益に関して課税されない
通常、金融商品などの運用で利益が出ると約20%が課税されますが、iDeCoの場合どれだけ利益が出ても全額非課税となります。そのため、運用中に得られた非課税の利益分も再投資することで、複利効果を利用しながら効率的に資産が増やせるというわけです。

(3)受取時:年金として受け取る場合も、一時金として受け取る場合も控除が得られる
給付金は、60~70歳の間に年金か一時金、あるいはそれらを併用する形で受け取ることになりますが、いずれの方式でも一定金額以内であれば税制優遇が適用されます。

特に(1)の掛金拠出時の税制優遇は、1月から12月の1年単位で控除されるため、今年度の控除を少しでも受けたいのであれば、今すぐ申し込みをしましょう。1カ月でも2カ月でも今年の税金から控除が受けられるのは会社員にとってうれしいことです。

○口座開設までに2カ月程度かかる

iDeCoを始めるためには、利用金融機関にもともと口座を持っているか否かに関わらず、新たにiDeCo専用口座を開設する必要があります。iDeCoでは加入できる金融機関がひとつに限られているので、複数の候補を比較して、じっくり検討して選びたいところ。

また、第1号被保険者(主に自営業)と第2号被保険者(会社員、公務員〉で必要書類が異なっていたり、ふだんなじみのない情報を記入しなくてはいけなかったりするので、慎重に書類を準備しましょう。必要書類がそろったら利用金融機関に書類を郵送しますが、受付金融機関から更に国民年金基金連合会に送付され、加入者資格の審査にかけられます。この審査に1カ月~2カ月ほどかかるため、口座開設まで2カ月程度を見ておいたほうが良いでしょう。

○年末調整で控除してもらうためには年末調整の用紙のどこに書くの?

iDeCoの大きなメリットに掛金が全額所得控除になることは既に述べましたが、会社員や公務員のうち、本人名義の口座から口座振替で拠出している人は、年末調整をすることで税金の還付を受け取ることができます。年末調整で控除を受けるための、書類の記入方法を確認していきましょう。

iDeCoの掛金は「小規模企業共済等控除」という所得控除の対象となります。したがって、書類の右下にある小規模企業共済等掛金控除の欄にiDeCoの掛金額を記載します。その際に、国民年金基金連合会から送られてくる小規模企業共済等掛金払込証明書も一緒に提出しましょう。なお、この証明書は10月頃に送られてきますが、iDeCoの初回の掛金の拠出開始が10月以降の場合には、翌1月に送付されますので、確定申告が必要になります。

また、同じiDeCo加入者でも、拠出を給料から天引きにしている場合、会社側で社会保険料と小規模共済等控除を合計して控除するため、年末調整での手続きは不要になります。

ただし、収入がない専業主婦の場合には所得控除は受けられないので、拠出時の控除はなく、運用時と受取時の2つの節税メリットとなります。

○まとめ

株式会社回遊舎

“金融”を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」「J-REIT金メダル投資術」、「NISA120%活用術」、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」、「子育てで破産しないためのお金の本」など。

一時は人が押し寄せた韓国ドラマ撮影地、10年経て悲惨な状態に=韓国ネット「日本人観光客が多い頃は良かったけど」「これに税金を使ってたの?」 – BIGLOBEニュース

17日、ドラマ人気に乗じて人を呼び込もうと韓国各地で観光名所化されたドラマ撮影セットの悲惨な現状について、韓国・JTBCが伝えた。写真はソウル、人気韓国ドラマの紹介パネル。

写真を拡大

2017年10月17日、ドラマ人気に乗じて人を呼び込もうと韓国各地で観光名所化されたドラマ撮影セットの悲惨な現状について、韓国・JTBCが伝えた。

仁川(インチョン)国際空港のある永宗島(ヨンジョンド)から船で10分ほど離れた舞衣島(ムイド)。遠目には海辺に立つモダンな家が目に付くが、近づいてみると玄関前に「進入禁止」のテープが張り巡らされ、廃虚のようになっている。

この家は2007年に撮影されたドラマのセットで、地元自治体がドラマ制作会社と提携し同年9月に観光名所として整備したもの。整備には9億ウォン(約9000万円)が投入されたというが、1年もたたないうちに観光客の足は途絶え、結局11年に閉鎖に追い込まれた。今年6月の診断では安全上の問題が明らかになり、来年の上半期には取り壊される予定だ。

島民からは観光客の減少を懸念し撤去に反対の声もあるというが、ドラマのセットは急ピッチで建てられたものがほとんどであることから傷みやすい。03〜04年にクォン・サンウとチェ・ジウ主演で高視聴率を記録したドラマ「天国の階段」のセットも同島内にあるが、建物前のウッドデッキのあちこちに穴が開き窓枠が外れそうになるなど、一歩間違えれば観覧客がけがをする可能性もあるという。また04年にRAINとソン・ヘギョの共演で人気を集めたドラマ「フルハウス」の撮影地も近隣だが、こちらは案内板だけを残して駐車場と脱衣所に変わってしまっている。

韓国コンテンツ振興院が15年に全国の主要撮影場27カ所を調査した結果、毎年1億ウォン(約1000万円)以上の黒字を出すところはわずか5カ所、舞衣島を含む撮影所5カ所を訪れる観光客の数は年間1万人にも満たなかった。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「これに税金を使ってたの?」「そのお金で貧しい人々に小さな家を建ててあげればよかったのに」と税金の無駄遣いへの指摘や、「代表的な展示行政だ」「制作会社がセットを作ればいいこと。政府は何してるんだ」など行政への批判が続出している。

また、「いくら人気のドラマでも人気は持って1年」「ドラマの撮影地を観光地にすること自体おかしい。日本人観光客がたくさん来てた頃は良かったけど」「セットをしっかり作って使い回せばいいものを、手抜き工事のせいで観光も他のドラマ撮影もできない」といったコメントが寄せられるなど、ドラマの人気とは裏腹に、撮影所には否定的な見方が強いようだ。(翻訳・編集/松村)

個人型 確定拠出年金「iDeCo」特集 – マイナビニュース

公的年金にじぶん年金を上乗せできる仕組みとして、注目を集めている確定拠出年金。確定拠出年金には勤務先の企業で入る「企業型確定拠出年金」と、加入者自身が自分で入る「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の2種類があります。

「企業型確定拠出年金」は、導入している企業でのみ加入できますが、「個人型確定拠出年金(iDeCo)」は2017年1月から加入対象者が大幅に拡大し、「企業型」に加入している人も含めて、20歳から60歳未満であれば誰でも加入できる制度になりました。この特集では「個人型確定拠出年金(iDeCo)」について、ひとつずつ解説していきます。

税制優遇は1月から12月の1年サイクルで受けられる!

iDeCoは、毎月掛金を積み立てつつ運用内容を指示し、60歳以降に年金か一時金の形で受け取る仕組みになっています。公的年金で不足する老後資金を補てんするいわゆる「じぶん年金」を作るための制度です。iDeCoの最大の特徴は税制優遇を受けられること。会社員ではなかなか工夫が難しい節税ができる上に、老後のための資産作りができるというわけです。

iDeCoの最大のメリットは何といっても、その税制優遇にあります。しかも、優遇は「拠出時」「運用時」「受取時」という3つのタイミングで得られます。その効果を見ていきましょう。

(1)拠出時:毎月の掛金分が全額所得控除の対象になる
これは3つの中でも最も大きいメリットです。積み立てた掛金は全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象になり、年末調整や確定申告により納付した税金から所得と掛金に応じて、所得税と住民税が軽減されます。将来のために積み立てをしながら、その年の所得税に加え、翌年の住民税の負担減という効果も得られるわけです。

(2)運用時:iDeCoの運用で出た利益に関して課税されない
通常、金融商品などの運用で利益が出ると約20%が課税されますが、iDeCoの場合どれだけ利益が出ても全額非課税となります。そのため、運用中に得られた非課税の利益分も再投資することで、複利効果を利用しながら効率的に資産が増やせるというわけです。

(3)受取時:年金として受け取る場合も、一時金として受け取る場合も控除が得られる
給付金は、60~70歳の間に年金か一時金、あるいはそれらを併用する形で受け取ることになりますが、いずれの方式でも一定金額以内であれば税制優遇が適用されます。

特に(1)の掛金拠出時の税制優遇は、1月から12月の1年単位で控除されるため、今年度の控除を少しでも受けたいのであれば、今すぐ申し込みをしましょう。1カ月でも2カ月でも今年の税金から控除が受けられるのは会社員にとってうれしいことです。

口座開設までに2カ月程度かかる

iDeCoを始めるためには、利用金融機関にもともと口座を持っているか否かに関わらず、新たにiDeCo専用口座を開設する必要があります。iDeCoでは加入できる金融機関がひとつに限られているので、複数の候補を比較して、じっくり検討して選びたいところ。

また、第1号被保険者(主に自営業)と第2号被保険者(会社員、公務員〉で必要書類が異なっていたり、ふだんなじみのない情報を記入しなくてはいけなかったりするので、慎重に書類を準備しましょう。必要書類がそろったら利用金融機関に書類を郵送しますが、受付金融機関から更に国民年金基金連合会に送付され、加入者資格の審査にかけられます。この審査に1カ月~2カ月ほどかかるため、口座開設まで2カ月程度を見ておいたほうが良いでしょう。

年末調整で控除してもらうためには年末調整の用紙のどこに書くの?

iDeCoの大きなメリットに掛金が全額所得控除になることは既に述べましたが、会社員や公務員のうち、本人名義の口座から口座振替で拠出している人は、年末調整をすることで税金の還付を受け取ることができます。年末調整で控除を受けるための、書類の記入方法を確認していきましょう。

iDeCoの掛金は「小規模企業共済等控除」という所得控除の対象となります。したがって、書類の右下にある小規模企業共済等掛金控除の欄にiDeCoの掛金額を記載します。その際に、国民年金基金連合会から送られてくる小規模企業共済等掛金払込証明書も一緒に提出しましょう。なお、この証明書は10月頃に送られてきますが、iDeCoの初回の掛金の拠出開始が10月以降の場合には、翌1月に送付されますので、確定申告が必要になります。

また、同じiDeCo加入者でも、拠出を給料から天引きにしている場合、会社側で社会保険料と小規模共済等控除を合計して控除するため、年末調整での手続きは不要になります。

ただし、収入がない専業主婦の場合には所得控除は受けられないので、拠出時の控除はなく、運用時と受取時の2つの節税メリットとなります。

まとめ

株式会社回遊舎

“金融”を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」「J-REIT金メダル投資術」、「NISA120%活用術」、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」、「子育てで破産しないためのお金の本」など。

トランプ氏に棚ぼた26億円 税改革でリベラル系推計、閣僚も恩恵 – SankeiBiz

 トランプ米大統領が先月公表した税制改革の枠組みがそのまま実施された場合、大統領と閣僚が個人的に得る恩恵は莫大(ばくだい)な額に達すると、リベラル系推進団体、アメリカ進歩センター・アクション・ファンド(CAPアクション)が調査リポートで指摘した。

 大統領と共和党の税制改革枠組みはパートナーシップやLLC(有限責任会社)などいわゆるパススルー事業体の構成員の税率を25%と、現行の最高税率39.6%から引き下げるとしている。ホワイトハウスはこの税率変更が中小企業オーナーの利得になると主張しているが、CAPアクションはパススルー事業体から収入を得ている納税者の86%が既に税率25%以下の区分に属していると指摘する。

 トランプ大統領の資産公開資料によれば、大統領は約500の事業体を手掛け、その大半がLLCだという。このため、このパススルー事業体減税による大統領個人の年間の減税額は2300万ドル(約26億円)に達するとCAPアクションは推計する。同様に、デボス教育長官の減税額は最大500万ドル、大統領の娘婿クシュナー大統領上級顧問の場合は最大1700万ドルだとした。

 また、税制改革案の枠組みに盛り込まれた遺産税(相続税)廃止により、大統領と閣僚の約半数が合わせて35億ドルが棚ぼた式に転がり込む見通しだ。

 一方、ムニューシン米財務長官は18日公表のポリティコとのインタビューで「所得上位20%が税金の95%を支払い、上位10%が税金の81%を払っている。このため、全体的に減税する際には中間所得層に減税しながら富裕層に減税しないのは極めて難しい」と語った。(ブルームバーグ Lynnley Browning)

文学部解体 – BLOGOS

 室井尚さん著「文系学部解体」。

 横浜国大の教授が国の文系学部・学科の縮小・廃止要請に反発する書。

 そのパンクさには敬服。ご出身の京大・西部講堂が産んだロック文化や映画研究会の活動を引き合いに、大学が文化や知識の発信源だったことを説く点には同意します。

 筆者の同級生の紹介。京大卒で初めて吉本興業に入った男や、レコード会社に就職して太田裕美さんと結婚した男。どちらもよく存じ上げる尊敬する先輩たちであります。

 しかし、この本には根本的な疑問があります。

 90年代からの国立大学の「自由化」「法人化」と学長のガバナンス強化を、押し付け・間違いと断じています。

 では「規制維持」「非法人化」がよかったんでしょうか。そしてそのために筆者らはどんな努力をしてきたんでしょうか。

 ぼくが身をおいた大学はMITもスタンフォードも慶應も私学ですが、MITやスタンフォードの文系教員たちに、自由化・法人化は間違いだという意見を、どう説明できるんでしょうか。

 外部から大学に来た教員たちにより、会議の開始時間が正確になるなど厳しく管理されるようになった、法令遵守が求められるようになったとあります。それは単なる正常化と思うのですが。世間にどう主張すれば理解されるんでしょう。

 博士号を持っていない教員が多いが、それは「その人の研究の中身や質とは何の関係もない」とあります。

 マジですか?

 国立大学への税金投入批判に対し、納税者の意志とは関係ないと断じておられますが、それでは賛同は得られません。

 財務省が文科省にかける圧力に対し、大学人が「ウチに税金回せ」と胸を張って言えなければ勝てません。

 いま文系大学が新たにできるとして、インフラや福祉や初等教育の予算を削ってもカネを回すべきだ、とどう主張できるのか、という問いだと思います。

 国は税金は維持しろ。でも考えを押し付けるな。

 ・・これを達成する方策ってあるんですかね。税金を脱して知を守る方策を練るとか、国の考えを改めさせる作戦を練るとか、そういう工夫ってないんですかね。

 ぼくも文系学部解体には疑問はあります。知を守るべきだと考えます。守るべき知の内容も方向も主張に同意します。

 でも、ではどうするのか、どうあるのがいいのか、について、世間を味方につける知恵が求められるんだと思います。

【リーガロイヤルホテル京都】<11・12月限定>季節のラウンジデザート販売 – 時事通信

[ロイヤルホテル]

可愛らしいマカロンのデザートやクリスマスツリーに見立てたデザートも!

 リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区東堀川通塩小路、総支配人・荻田 勝紀)では、2017年11月1日(水)から12月31日(日)までラウンジにて季節のラウンジデザート3種(各単品1,426円、セット1,664円 税金・サービス料含む)を販売します。

 モナムルーズ~恋人~」は、コクを感じるベイクドスフレチーズの上に濃厚チョコレートムースとあっさりマスカルポーネムースを合わせたケーキ。ムースの間に忍ばせたカシスとベリーのゼリーとの相性もぴったりです。「ピスタチオマカロンはマカロンでサンドしたピスタチオのババロアに甘酸っぱい木苺とホイップクリームが合う見た目にもかわいらしいデザート。クリスマスファンタジーは12月1日(金)から25日(月)までの期間限定販売で、チョコレートムースとキャラメルミルクチョコレートムースを重ねて星のチョコレートをあしらいクリスマスツリーに見立てました。ドリンクセットはコーヒーや紅茶、カモミールティーとともにゆっくりとした贅沢な時間を過ごしていただけます。

<11・12月限定>季節のラウンジデザート
詳細については次の通りです。

<11・12月限定>季節のラウンジデザート販売 概要

【実施期間】
2017年11月1日(水)~12月31日(日)
※「クリスマスファンタジー」は12月1日(金)~25日(月)のみの販売

【販売場所】
ラウンジ(1階)
※「オールデイダイニング カザ」内

【販売時間】
10:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
※12月31日(日)はラストオーダー17:00

【価  格】
各 単品1,426円
ドリンクセット(コーヒー、紅茶、カモミールティー)1,664円      

※記載料金は税金・サービス料を含む。

【販売商品】
1.モナムルーズ~恋人~

モナムルーズ~恋人~
2.ピスタチオマカロン

ピスタチオマカロン
3.クリスマスファンタジー  ※12月1日(金)~25日(月)の期間限定

クリスマスファンタジー

※食材の入荷状況により一部メニュー変更がある場合がございます。

■お客様お問い合わせ先■
リーガロイヤルホテル京都
ラウンジ(オールデイダイニング カザ内)
075-361-9226(直通)
https://www.rihga.co.jp/kyoto/restaurant/list/lounge/

企業プレスリリース詳細へ (2017/10/19-17:01)