退職願を提出した後、何日で退職できるか?

退職のルールを把握しよう

円満退社をするためには……

円満退社をするためには……

まずは退職するときの予告期間について法律上はどのようになっているのでしょうか?

この点では、民法に「期間の定めがない場合は、原則2週間前(月給制の場合は、さらに賃金計算期間の前半)までに申し出る」と定められている以外には特に定めはありません。

労働基準法でも、「会社からの解雇は30日前に予告」と定められていますが、社員からの退職申し出期間は定められていません。

実際には就業規則などの社内規程で、「1か月前までに申し出ること」というように定めがある場合が多いです。退職手続きについては、まずは社内でどのような決まりになっているのかを確認しましょう。明文化していない会社については、法律通り、民法の期間で考えておけばよいでしょう。

ここで、民法上2週間前と定められているなら、社内でそれ以上前に通知することを定めても従う必要はないのでは、といった疑問を持つ方も多いと思います。実際のところはケースバイケースですが、退職時期で裁判を起こすこともあまり考えられないでしょうし、やはり通常は会社の規程に従うことが多いでしょう。

ちなみに、上記の民法の規定は期間の定めがない場合のケースですので、有期労働契約の場合は、原則としてその期間満了までは退職できません

就業規則の事前申し出も通常は無期雇用のみに適用となっています。以下では、期間の定めがない雇用契約の方を前提に話を進めます。

法律の前に、業務の引継ぎ期間から考える

退職願を提出した後、何日で退職できるかということは、2つの視点から考えられます。

一つは、法的な視点です。これは既に書いた通り、民法によれば原則2週間前、会社の規程では多くの場合、1か月前です。確かに、この期間を守って退職願を出せば、法律上は問題は生じないかもしれません。

ただし、退職する際に、法律うんぬんに頭を持っていく前にまず考えなければいけないのは、もう一つの視点である、業務の引継ぎです。

転職するからにはそれぞれの事情はあるでしょうが、それまで働いてきた会社を、自己都合で辞める段階になって、それまで存在すら気にしたこともないような、法律や規程を持ち出すのは素っ気ないですね。就業規則などの規程を持ち出すのは、会社からの強引な引き止めがあったときなどに留めるのがスマートです。

業務の引継ぎにかかる期間は、転職者本人が一番分かっているはずです。

1か月が1つの業務サイクルとなっているなら、引継ぎを完了するのは早くても1か月かかるでしょう。そういった意味では、社内で、1か月前に申し出ることといった規定を設けることには意味があります。

さらに後任の選定期間も考慮する必要がありますので、そのために1週間程度かかるでしょう。この際に、後任を新規に採用するとなると時間がかかるので、ひとまず社内で手配するように会社と交渉することも必要です。

業務の引継ぎの視点からは、いつ退職願を出せばよいかといったことは、人それぞれですが、早いに越したことはないので、業務の引継ぎに要する期間プラス1か月前には出しておきたいですね。

ちなみに、自己都合の退職ではあまりないケースですが、会社が了承すれば引継ぎをせずに辞めることも可能です。この場合、極端な話、即日でも退職は可能です。

円満な退職が、次の職場での成功のカギ

転職する方は、転職時期で頭がいっぱいで、できる限り早く移りたいといったことから、まずは「民法では2週間前に伝えればいい」のように、法律的なことを考えがちです。

しかし、自分の転職時期のことばかり考えていては、あまりに自分本位です。こうした考えは、自分の業務範囲を固定して、狭い視野での仕事しかできないなどの形で、転職先でも顔を出すかもしれません。

転職先を探すときも「内定を受けてから2か月後」というように、引継期間を考慮して転職可能時期を伝えましょう。早く転職したいばかりに、自分の都合だけで転職時期を指定することは避けなければなりません。

円満に退職して、次の職場に気持ち良く送り出してもらうことは、次の職場での成功の必要条件ともいえるでしょう。

会社からの必要以上の期間にわたる引き止めに応じることはありませんが、引継ぎまで責任を持ってやる姿勢が、次の職場に行っても半端な仕事をしない業務姿勢へとつながるのではないでしょうか。

転職時に給与交渉をしていいのは、こんな人

給与(年収)交渉をしてもいい人って、いったいどんな人…!?
給与(年収)交渉をしてもいい人って、いったいどんな人…!?

新しい会社に入社する際、給与(年収)交渉をしたことがある、という人はいったいどのくらいいるのでしょう。お金の話をすると「お金が全てではないし」「そんなことをしたら嫌がられそう」といった声も聞こえてきそうです。しかし一方で、何故自分は給与(年収)交渉しなかったんだろうと、後悔する人も多いようです。

ならば、とにもかくにも交渉をすればよいのかというと、そうではありません。なぜなら、給与(年収)交渉については、して良い人としないほうが良い人、ふたつのパターンがあるからです。

「未経験職」なら給与(年収)交渉はご法度!

元の仕事から他業界にいく、職種を変えるなど、転職先の企業の即戦力となれない人、すなわち、すぐには会社に貢献できない人。この場合は、会社に入ってまずは勉強させてもらう部分が大きいわけです。つまり、給与(年収)交渉についてはしないほうが無難ということですね。

ちょっと考えてみればわかることですが、企業からすれば、畑違いの仕事となると、採用後、半年程度のスパンで成果を出すのは難しいかもと思われているわけです。それに対して、給与(年収)も現職以上に欲しいといった、強い要望を面接の際に出してしまうと、内定はかなり出にくくなります。

転職先企業に「お土産」がある人は、給与(年収)交渉すべき!

転職先企業にお土産があるといっても、決して賄賂などではありません。転職先が現在の仕事(企業)の競合であるといったように、採用することで、企業側に付加価値を提供できるような場合や、自分の強みがほぼ100%生かせて、自分を採用することで、明確に企業に、貢献できると断言できる場合がこれにあたります。

たとえば、営業マンであれば、「自分に」顧客がついていて、ほかの会社に転職しても、顧客を連れてくることができるとか。あるいは、WEBマーケティングのプロであれば、転職先の業界をマーケットとして捉えて成果を出した経験があり、具体的にどうやれば、集客に繋がるのか明確に話をすることができるとか、つまり、マーケティングの目で、今後、働く会社の集客などについて語れるといったように、転職先の企業になんらかの「お土産」を持っていけるのであれば、給与(年収)交渉をして損はないかもしれません。

そうは言っても、なかなか難しい給与(年収)交渉。
次のページでは、給与(年収)交渉の具体的ヒントを紹介します。

「退職願」の書き方と出し方、文例

「退職願」の書き方(退職理由・宛て名・日付など)

「ボーナスをもらってから転職しよう」と考える人、多いですよね。転職するには当然、勤めている会社を退職しなければなりません。しかし、その際提出する「退職願」って案外、どうやって書いたら良いのか、また、いつ出せばよいのかわからないもの。そこで今回は、「退職願」の書き方と出し方のポイントを考えます。原則として退職に関する内容は、会社の就業規定に書いてあります。まずはそれに従うことです。一方で、ベンチャー企業や中小企業の場合、あまり整備されていないケースが多いようです。以下のポイントにしたがって書いてみましょう。

■用紙、筆記用具

白地の縦書きの便せんに、黒インクの万年筆かサインペンで
■書き出し

本文の書き出しは「私事」または「私儀」
■表題

必ず「退職願」とし、1行目のほぼ中央に書きます
■退職理由について

「一身上の都合」とだけ記入
■退職日

上司の方と相談の上、決定した日付を記入
■届け出年月日

退職願を提出する日付を書く (※退職願を書いている日ではありません)
■署名、押印

所属している部署と名前を書き、その下に押印をしてください
■あて名

あて名は社長名。自分の名前の位置は社長の名前より下に
■封筒

白地の縦長の封筒が一般的。表の中央に「退職願」、裏に部署名と氏名を記入

これらを踏まえると、下記のようになります(※クリックすると画像が拡大表示されます)。

封筒の書き方サンプル
封筒の書き方サンプル(クリックで拡大します)

退職願の書き方
退職願の書き方サンプル(クリックで拡大します)

※次のページでは、退職願を出すタイミングを解説します。

転職時に使える!中途採用の志望動機の書き方

新卒採用と違って仕事経験がある中途採用は、おのずと面接で聞かれる内容も違ってきます。一番の違いは、中途採用だと必ず職務経歴と志望動機を聞かれること。それだけ、中途採用を行っている採用企業の立場からすると気になる点なのです。そこで、採用担当者が知りたい理由とどのような書き方をしたらよいかを説明します。

転職時の面接で採用担当者が見ているところ

転職の際には志望動機をきちんと伝えることかが大切!

転職の際には志望動機をきちんと伝えることが大切!

外部から見た会社のイメージとその実情が大きくかけ離れていることはよくあり、採用担当者はそれを認識しています。そのため志望動機から、その人が業界や会社、仕事内容などをキチンと理解しているか、またそれは今後の会社の方向性に沿っているかなどを見ています。

また、応募者が、どれくらい会社に愛着を持って貢献してくれるかも判断しています。

そこで不一致が生じると、その人が入社後にギャップを感じてすぐに退社したり、働いている間も仕事に対するモチベーションが下がるという事態も引き起こします。そこで自分は何をしたいかという具体的な意志を持っている人は、それを実行する可能性も高いため、採用担当者からの評価はよいでしょう。

次に、年齢別や職種別、未経験の場合で伝えたい内容をまとめました。

■26歳までの人が伝える志望動機

この年代は、異業界へチャレンジをする人が多いです。異業界でも生かせる強みと、足りない部分はゼロからでも学んでいく意志を書いてください。業界紙やネットを活用して、業界の特徴や仕事内容を調べていたらそのことにも触れます。

■30歳以上の人が伝える志望動機

「○○してみたい」という、希望だけ書くのはNG。これまでの経験で、どんな部分が次の職場で使えるのかを意識して書いてください。仕事の魅力を単にやってみたい仕事とすることではなく、何で自分が貢献できるのかを書いて欲しいです。

■未経験の特徴

未経験の場合は、業界や職種の実情を知らないだけにイメージや先入観だけで志望している方が多く紛れています。その場合、「こんなはずじゃなかった……」という不幸を招かないためにも、採用担当者は慎重に見極めています。

ですから、会社や業界についてどれだけ理解しているか、理解するために自分でどれだけ調べているかを感じさせることによって、その意欲を理解してもらえるでしょう。

次に実例をみながら考えていきます。

採用担当者に聞いた、即不採用!になる履歴書・経歴書

”悪い意味”で印象に残る応募書類とは?

履歴書

悪い印象の残る応募書類とは?

採用担当者が履歴書や職務経歴書に求めるのは、ビジネスとしてのマナーやルールにかなっていて、かつ、読みやすいよう工夫がなされ、さらに「ぜひ入社したい」という意欲や誠意をもって書かれているものであることです。

しかし、現実には、用紙・文字・レイアウトなど投げやりで粗雑なもの、封筒の宛名が間違っているものなど、常識を疑いたくなるものなどが少なからずあるといいます。せっかく自分をPRするための書類であるにもかかわらず、マイナスの印象を持たれたのでは意味がありません。

具体的に、採用担当者が受け取ったことがある応募書類の悪い見本を挙げてもらいました。中にはウソのような話もありますが、すべて実話です。

女性の応募者からの、花柄の便箋にしたためられた長文の経歴書兼自己PR書。応募書類は企業への「ラブレター」とはいいますが、ビジネス感覚を疑ってしまいます(ソフトハウス)

経歴書や自己PRのための文書は、用紙はA4縦の白無地の横書きとし、枚数は基本的に1~2枚、多くても3枚までです。パソコンで作成する方が修正が簡単ですし、読みやすいでしょう。手書きの場合は、市販の職務経歴書を使うことをお勧めします。

用紙が問題になるケースでは、次のようなものもあります。

経歴書用紙として、ルーズリーフノートの1枚を抜き取ったもの、勤務先の社名やロゴの入ったレポート用紙を使ったものが少なからず見受けられます。手近にあるもので済まされると、軽く見られた感じがしますね(建設)

欧米などでは、ビジネス書簡の用紙、あるいは文章に使用するフォントなどから、差出人のビジネスセンス、ときには能力まで探られると聞きます。日本の場合、必ずしも使用する紙にまで気配りする必要はないと思いますが、ノートの1ページを裂いて応募書類にするとか、在籍している会社のロゴ入り用紙を使ったのでは、ビジネスセンスを疑われても仕方がないといえるでしょう。

感熱紙に印刷された職務経歴書。内容自体には問題はなかったのですが、1年後に引っ張り出してみたら、文字がかすんで読めなくなっていました(広告代理店)

これも、使用した用紙にからむ問題です。いまどき感熱紙を必要とするプリンタを使用している人はほとんどいないとは思いますが、もし、感熱紙にプリントするのであれば、普通紙にコピーしたうえで、コピーしたほうを提出するようにしましょう。

書き出しが拝啓から始まっている手紙形式の経歴書をもらったことがあります。A4のレポート用紙で5枚はありました。要点をつかむために赤エンピツで下線引きながら読みました(精密機器製造)

職務経歴書は、項目を整理して箇条書きにすると読みやすくなります。手紙文にすると、どうしても「~しました」とか、「私は~」など不要な単語や文章が混じることになります。そのため、文章で流した職務経歴書ではなかなか要点が伝わりません。せっかくのキャリアも、文章にすると伝わり方が半減する、と考えるべきです。

自己PR書は、形式上文章化することになりますが、その場合でも、「拝啓」「敬具」などの起首や結語、時候の挨拶、結びの相手方の幸せを祈る言葉などは要りません。冒頭に「自己PR書」と記入して、はじめから用件に入りましょう。前文で「どこで相手企業の求人を知ったか」などを記載してから本文につなげていくと、まとまりのある文章になります。

また、自分の長所、短所などは、(1)(2)などのように見出し風にするとさらに読みやすさが増すでしょう。段落ごとに一行空きを入れるのもいいでしょう。

なんと、エンピツ書きだったんです。小学生じゃあるまいしねえ……(レジャー)

筆記具には黒や青インクの万年筆か、細字用フェルトペンが適当です。ボールペンでも構いませんが、質の悪いものだと書いた文字をこすって汚してしまうこともありますので、注意してください。また、こすって消せるタイプのボールペンも使わないようにしましょう。

書き損じたところをいくつも黒く塗りつぶした履歴書。せめて修正液を使ってほしい(服飾雑貨)

書き損じた部分を、線で消したり、黒く塗りつぶしたりした箇所が目立つ応募書類ほど嫌われるものはありません。書き損じたら、はじめから書き直すべきです。

生まれてこのかたの自分史をつづった経歴書をもらったことがあります。波瀾万丈でもない平凡な半生記など読む気にもなれません(教育)

 

自己PR書では、自分の性格や経験を説明するために、ときに学生時代のサークル活動などビジネスキャリア以外のことに触れることにもなりますが、それは応募職種に関連することに限るべきです。求める資質や職務に関連の薄い経験を書き連ねても、何をアピールしたいのかが伝わりません。

自己PR書は、応募企業との接点、希望する仕事を明記した上で、その仕事に必要な能力・資質・キャリアなどをしっかり研究して、自分がいかにその仕事に相応しい経験、キャリアを持っているかをアピールするものです。希望する仕事とアピールしたいことがマッチしていなければ、どんなすごいキャリアを伝えようと意味がないのです。

封筒が小さいため、経歴書を四つ折りにし、さらに半分に折ったものが送られてきました。自分を大事にしたいのであれば、せめて三つ折りくらいで入る封筒を使うべきではないでしょうか(フードサービス)

市販の封筒には、はがきよりも少し大きめのものから、B3用紙を折らずに入れられる大判のものまでさまざまですが、はがきサイズの封筒ではA4用紙を三つ折りにしても入りません。市販の封筒では、A4用紙をタテ二つ折りで入れられる長形1号という封筒がありますが、これだと定形外で郵送料もちょっと高めについてしまいます。定形の封筒では、A4用紙をヨコ三つ折りで入れられる長形3号(ヨコ120ミリ×タテ235ミリ)が一般的だといえるでしょう。

履歴書と一緒に郵送する場合は、一般的な履歴書(B5サイズ)を折らずに入れられる封筒を使用し、A4サイズの職務経歴書は二つ折りして同封するといいでしょう。

押印も署名もない職務経歴書が少なくありません。履歴書と一緒に送るからいい、と思ってのことでしょうが、他の応募者のものと紛れ、誰のものかわからなくなることもあるんです(コンサルティング)

職務経歴書や自己PR書には、それぞれ表題を入れた次の行の右端に、自分の名前を書き入れます。押印はあってもなくても構いません。欧米のレジュメにならい、名前の下に住所・電話番号・作成日などを記入するのもいいでしょう。

ある分野の技術者の募集時。該当する機器にはじめて接したときのこと、仲間とサークルを作って活動していることなどに加え、サークル誌に掲載した記事までコピーを送ってきた人がいます。文章がオタクっぽくて、頭が痛くなってしまいました(情報処理)

いくら自分をアピールしたいからとはいえ、的を外したアピールはするだけ無駄。過ぎたるは何とやらで、場合によっては嫌われてしまいます。

デザイナーなどのクリエイティブ職種では、自分の作品や作品のコピーあるいは写真などを同封することで、力量を的確にアピールすることができますが、不採用となった場合に作品が戻ってこない、デザインを盗用される、などの危険性に十分注意してください。代表的な作品いくつかのコピーを送るに留め、実際の作品は面接のときに持参する、といった方法を考えるべきでしょう。

また、技術系では、自分が関わった製品の設計図などを入れたくなりますが、秘密保持や知財流出など面に配慮が必要です。

日付を修正したり、手垢で汚れた履歴書。明らかに使い回しだとわかって、読む気にもなれません(警備保障)

不採用となって送り返されてきた履歴書を使い回しするのだけは止めましょう。何カ月か前に書いたものの、送らずに手元に置いていた履歴書も、保管状態次第では汚れたり黄ばみが出たりしていることもあります。志望の動機なども、新たに応募しようとする会社、仕事には相応しくないはずですから、手間を惜しまず新たに作成しましょう。

A4用紙に行間なしでべったり書き込まれ、読みにくいことこの上ない経歴書がありました。1枚にまとめようとしたのは理解できますが、2枚に分けてプリントした方がはるかに読みやすくなるはずです(機械設計)

これは、レイアウトの問題ですね。ワープロなどでは、文字の大きさを小さくすればするほど1ページあたりの行数を増やすことができますが、できれば文字の大きさは12ポイント程度、1ページあたりの行数は40行程度に納めるようにしましょう。

同時に、天地左右に各1.5~2センチ程度の空白を設定したり、段落ごとに1行空けるなどの工夫をすると、さらに読みやすくなります。そのことで枚数が増えるとしても、隙間なしで読みにくい文書になるより、ずっと印象はいいはずです。