一寸先は光 − 清く正しく美しく 貧乏青年が遭遇したことは? – ニコニコニュース

 家庭の事情で幼い弟妹を養うために、高校をやめて働かざるを得なくなったら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?不平不満を感じる人もいれば、ひたすら前向きに前進する人もいるでしょう。現実を受け止めて淡々と進む人の方が、目の前にある困難が簡単に解決する場合があります。

 米国インディアナ州で母子家庭に育ったジャクェイル・レーガンさん(Jhaqueil Reagan)は、16歳のときに母親を病気で亡くしました。幼い弟妹を養うために、やむなく高校を中退して働くことになり、わずかなアルバイト代で3人の生活費を賄っていました。しかし2013年、18歳になった彼は失業し、住む場所もなくなってしまいました。友人の家のソファで寝泊りし、4カ月間収入のない苦しい生活を送りました。ようやく中古品を取り扱う店の面接にこぎつけましたが、バスに乗るお金がないため、店まで16キロの道のりを歩くことにしたのです。

レストランのオーナー、Art Bouvierさん(スクリーンショット)

  真冬のインディアナポリス地区は雪に覆われ、道を歩くのは非常に大変です。レーガンさんは寒さをしのぎながら、ひたすら歩き続けました。あるレストランの前に立っていたアート・バウビアさん(Art Bouvier)に道を尋ねると、あと10キロもあるとの返事。大雪だからバスに乗った方がいいと親切に教えてくれましたが、レーガンさんは歩くしかありませんでした。

  しばらくして、車で出かけたバウビアさんは、レーガンさんがまだ歩いているのを発見。不憫に思ったバウビアさんは彼を車に乗せ、食事代を渡して目的地まで送ってあげました。この時、レーガンさんの真面目さと粘り強さに強い印象を持ったというバウビアさん。レストランのオーナーだったバウビアさんは、彼を雇いたいと考えるようになりました。

 その後、面接先から連絡がなかったレーガンさんは、バウビアさんのレストランで働くことが決まりました。この一件がバウビアさんのFacebookから拡散されると、好青年のレーガンさんを一目見ようと大勢の人がレストランに押し寄せました。

バウビアさんのレストランで働くレーガンさん(スクリーンショット)

 バウビアさんはRTV6 Newsの取材に対して、「時給800円のアルバイトの面接のために、真冬の雪道を16キロも歩いていく人は、決して無断欠勤はしない」と確信したと話しています。

 一方、「僕は本当にラッキーでした」と話すレーガンさん。自分が最も困っていたときに助けの手を差し伸べてくれたバウビアさんに感謝の気持ちでいっぱいだと話しています。

バウビアさんが経営するレストラン(スクリーンショット)

 メディアの報道により、世界中からレーガンさんのもとに経済的な援助が届きました。ところが彼は、このお金を自分のためには使わず、職を探す人がより早く生活を軌道に乗せられるようにと寄付しました。有名人となったレーガンさんのおかげでレストランは繁盛し、彼自身も小さな部屋を借りることができたそうです。

(翻訳編集・豊山)

(スクリーンショット/大紀元合成)

広東省に中小零細企業向け資金調達プラットフォーム – Record China

広東省小規模・零細企業金融サービステレビ電話会議によると、同省はすでに中小零細企業向けの資金調達マッチングプラットフォームを全面的に構築しており、条件を満たした中小企業はオンラインで申請書の提出から融資の獲得まで行えるようになった。全プロセスの所要時間はわずか5分だという。
2017年10月末現在、同省の地級都市20市がすでにこのプラットフォームを導入し、工商登録、裁判所の執行状況、水道・電気・ガス料金の支払いなど複数部門にかかわる情報を累計で1億4千万件収集し、実現した資金調達のマッチングは2万4千件、調達金額は6227億元(約10兆6875億円)に上った。同省の小規模・零細企業の融資の平均金利は安定的に低下し、資金調達が難しく調達コストが高いという問題が効果的に解消されており、小規模・零細企業の起業、革新、資産形成を力強く支えている。

過去2年ほどの間に、中国人民銀行(中央銀行)の広州支店、広東省経済・情報化委員会および関連部門が同省をカバーするノンバンク信用情報データバンクを設立し、「データバンク・プラス・サービスネットワーク」モデルを構築して、銀行と企業の資金調達をめぐる効果的なマッチングを実現した。(編集KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

健康・美容イベント情報 「[美容ビジネスセミナー]販売チャネル別戦略が売れる商品をつくる秘訣 ~業界初!美容ビジネスコンサルト弁理士の最強タイアップ~」 – 健康美容EXPO

【 日時 】2018年 1月 18日(木)13:00 ~ 15:00

【 セミナー内容 】
[ 美容ビジネスセミナー ] 販売チャネル別戦略が売れる商品をつくる秘訣
~ 業界初!美容ビジネスコンサルト弁理士の最強タイアップ ~

あのライバル会社より素晴らしい商品なのに全然売れない…なんてことはありませんか?
※第3回プレミアムビューティー・ヘルスショー2018(東京ビッグサイト東6ホール2018年2月上旬)セミナー決定記念のセミナーです。

【 費用 】3,000円

【 会場 】東京都品川西区五反田3-6-20 いちご西五反田ビル8F
TEL:03-3493-2007 FAX:03-3493-2008

【 対象 】 美容ビジネス関連の経営者及びご担当者の方

20180118_e01.jpg【 講師紹介 】
◎中野 啓子(株式会社ビューティラボ代表)
『化粧品は処方だけ素晴らしくても売れません。その商品企画は他社に真似されていませんか?ズバリ!その商品名で商品コンセプトがお客様に伝わっていますか?10年間で約120社の売上を伸ばしてきた化粧品製造販売 成功の秘訣をお伝えします!』

多摩美術大学 美術学部 デザイン科 グラフィックデザイン専攻 広告デザイン専修/アートセンター カレッジ オブ デザイン (U.S.A.)
〈実務経歴〉
中堅化粧品会社2社に20年、ベンチャー企業2社に2年勤務。パッケージデザイン・商品企画・販促・マーケティング・広報・広告・ホームページ管理運営・お客様相談室・営業企画を歴任。美容業界に34年間在籍。2007年 (株)ビューティラボを設立。10年間で経営支援実績企業は約120社。

—-

◎松下 昌弘(IPP国際特許事務所所長 模倣防止協会会長)
『権利は持っているだけでは、ダメなんです。ビジネス活用して売上を伸ばしていきましょう。』
早稲田大学大学院理工学研究科/IPP国際特許事務所 所長/企業法務知財協会 会長/日本弁理士会、アジア弁理士会/国際商標協会INTA 会員/日本薬科大学 客員教授/政策研究大学院大学 講師
〈実務経歴〉
・企業知財業務のコンサルティング、教育
・特許・意匠・商標・不正競争防止法に関する係争、訴訟、
・税関による差止事件・知財価値評価、調査、契約、発明創出支援

【 申込方法 】
企業名・ご出席者名・メールアドレスをご記入の上、メールまたはセミナー案内 PDF のFAX申込書にてお申し込みください。( info@ippjp.com /  FAX 03-3493-2008 )

【 共催 】
株式会社ビューティラボ/模倣防止協会/IPP国際特許事務所

【 セミナー案内 PDF 】
販売チャネル別戦略が売れる商品をつくる秘訣

働く高齢者 知らぬ間に所得税が重加算され老後破産の恐れも – マネーポストWEB


経済

増税方針を打ち出した自民党税制調査会総会(写真:時事通信フォト)

 今回の税制改革でまずターゲットとなっているのは、年収850万円超の“高所得者”扱いされたサラリーマンだ。2018年から給与所得控除を縮小する方針で、年収900万円で年間1万5000円、950万円で3万円、1000万円では4万5000円ほどの増税になる計算だが、それ以外にも増税の標的となっている層がある。

 それが、「働く高齢者」だ。政府は人生100年時代だと高齢者に“死ぬまで働け”と勧めながら、年金以外に給料など1000万円以上の所得があれば「公的年金等控除」を引き下げることで増税する。「給与控除と年金控除の二重に税の優遇を受けている」というのが理由だが、この理屈は甚だおかしい。ベテラン社会保険労務士が語る。

「それだけの所得がある高齢者は、在職老齢年金の報酬比例部分を全額カットされているはずです。現役時代の給料水準も高いから、おそらく月額16万円、年間200万円近い年金をもらい損ねている。この年金減額分を所得税に換算すると、税率20%以上の重加算税を毎年納めているようなもの。“あなたがたは税を優遇されている”なんていえないでしょう」

 重加算税を課されるのは所得が1000万円を超える人だけではない。在職老齢年金の受給額をカットされている働く高齢者全員が、知らないうちに“所得税の重加算税”を課されているといえるのだ。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

企業で働く障害者49万人超で最多更新 全体の1・97%

 厚生労働省は12日、民間企業で働く障害者の人数は今年6月1日時点で、前年比4・5%増の49万5795人だったと発表した。働く人全体に占める割合を示す雇用率は1・97%で、ともに過去最多を更新した。障害者雇用促進法で定めた雇用率2・0%を達成した企業は19年ぶりに半数を超えた。企業の法定雇用率は来年4月から2・2%に引き上げられるため、厚労省は「今から計画的に採用しようと企業側が積極的になっているのに加え、ハローワークで仕事を探す障害者も増えている」と分析している。

 働く障害者のうち、身体障害者は前年比1・8%増の33万3454人、知的障害者は7・2%増の11万2293人、精神障害者は19・1%増の5万47人だった。産業別でみると、雇用率が高かったのは医療・福祉業(2・50%)、理美容などのサービス業(2・15%)。低かったのは教育・学習支援業(1・59%)、不動産業(1・64%)などだった。

指数を横目にIPOラッシュに関心が向かいそう – minkabu PRESS

◆明日は4社のIPOを控えている

13日(水)の日経平均は、手がかり不足で横ばいの想定です。

12日(火)は、積極的な買い材料が少なく、4日ぶりの反落になりました。ただし、TOPIXはプラスを保ち、高安まちまちで方向感のない結果でした。

明日は米国のFOMC結果発表を夜に控えていますから、引き続き、様子見ムードに傾きそうです。

日経平均は23000円が壁になって上値が重そうですが、下値は5日線が支えそうなので、狭いレンジでもみ合いの想定です。

一方、明日はIPO(新規上場)を4社控えていますので、指数よりも新規上場銘柄に関心が向かいそうです。

特に、佐川急便を傘下に持つSGHD(9143)が東証1部に上場します。知名度が高い大型IPO銘柄ですので、動向が注目されそうです。

【関連ニュース】
E2ab5e284

市原義明 (いちはらよしあき)

株式会社ストックゲート 執行役員兼営業部長

「リーガロイヤルホテル小倉」の元・運営会社が特別清算開始、新運営会社の下で営業継続(帝国データバンク)

 (株)RRHK(TDB企業コード:810283832、旧商号:(株)リーガロイヤルホテル小倉、資本金1億円、福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-2、代表清算人五弓博文氏)は、12月11日に福岡地裁小倉支部より特別清算開始決定を受けた。

 当社は1992年(平成4年)6月に(株)リーガロイヤルホテル小倉の商号で設立、93年4月にJR小倉駅北口に立地する地上30階建てのシティホテル「リーガロイヤルホテル小倉」の運営を開始した。同ホテルは、全295室(収容人員590名)の客室のほか、会議室や宴会場、和・洋・中の各種レストラン、婚礼施設、フィットネスクラブなどを備えていた。駅直結の好立地を背景としてビジネス・観光需要を取り込むなど、北九州市内でも有数のハイクラスホテルとして知られ、2002年3月期は年収入高約55億2100万円を計上した。

 しかし、周辺に立地した後発のビジネスホテルとの競合を余儀なくされていたうえ、景気悪化の影響で企業・団体の宴会需要が低迷。婚礼についてもハウスウエディングなど他施設との競争が激化するなどで減収傾向の推移が続いていた。この間、各種宿泊キャンペーンを展開するほか、最上階のフレンチダイニング&スカイラウンジ「リーガトップ」を改装するなどで宴会・婚礼需要のテコ入れを図っていたが、宿泊・婚礼などにおいて単価の下落もあって連続欠損を余儀なくされ、有形固定資産の減損損失処理を行った2011年3月期には大幅な債務超過に転落していた。2014年3月期に約41億3300万円にまで落ち込んだ年収入高は、その後の景気回復により好転の兆しを見せたものの、親会社が2017年7月に財務健全化を図るべく当社に対する貸付金を債権放棄する方針を固めたことから、親会社からの借入金等を除く全事業を9月1日付で設立した(株)リーガロイヤルホテル小倉(同住所)に分割譲渡。当社は同日付けで現商号へ変更し、9月30日に株主総会の決議により解散していた。

 負債は約69億円。

 なお、清算したのは旧事業会社で、「リーガロイヤルホテル小倉」は新運営会社の下、現在も営業を継続している。

 また、九州・沖縄地区では2月に特別清算開始決定を受けた南国興産(株)(鹿児島県、負債79億100万円)に次ぐ、今年2番目の負債規模。