就活のときチークはどうするべき? 面接官にも好印象を得られる色&入れ方の工夫6選 – エキサイトニュース

あんなに明るかった髪色が、いつの間にかきれいな黒髪に……。こうした同級生の変化に触れると「そろそろ就活の時期か……」と、何だか時の流れに切なさを感じますよね。女子大生が髪型と同時に就活仕様へ変えなければならないのがメイクでしょう。ファンデーションやアイメイクの仕方にも就活生らしさを出すためのコツがあるようです。では今回はそのメイクテクの中でも、チークの入れ方についてどんな工夫をすべきなのか、就活経験のある社会人女子約200人から意見を集めてみました。

■就活メイクで好印象なチークの入れ方はどのようなものだと思いますか?

●就活で好印象なチークの入れ方1 うっすらピンクを入れる

・清潔感と女性らしさが出る(23歳/小売店)
・頬が色づいているほうが健康そう(26歳/その他)
・あまりピンクピンクした色だとバカっぽく見えるが、チークをしないのも身だしなみがなってないと思われそうだから(23歳/通信)
・初々しい感じを相手に与えそうだから(25歳/その他)

●就活で好印象なチークの入れ方2 淡いカラーを入れる

・濃過ぎると、印象がよくなさそうなので(25歳/その他)
・明るい色だと派手になるから(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・おしゃれよりも薄めの落ち着いたメイクのほうが好印象(26歳/建設・土木)
・チークを入れすぎたらすごい濃く見える(24歳/医療・福祉)

●就活で好印象なチークの入れ方3 オレンジ系を入れる

・オレンジ系のチークを塗っていると、血色がよく見えるから(27歳/学校・教育関連)
・オレンジ系のほうが元気のいい印象が与えられると思う(25歳/団体・公益法人・官公庁)
・色が濃すぎるのはよくないと思ったから(23歳/その他)
・オレンジなどを薄く入れる。

就活ではどんな髪型をすべき? 男子におすすめの髪のまとめかた&ヘアスタイル8選 – エキサイトニュース

みなさんは就活のとき、どれくらい髪型を気にしていますか? 「人は見た目が9割」なんて言葉もよく耳にしますが、対人関係における第一印象はとても重要ですよね。特に「企業と就活生のお見合い」と称される就職活動の場面であれば、なおさら身だしなみや外見に留意するべきでしょう。では、男子学生が就活のときにするべきおすすめの髪型には、いったいどんなものがあるのでしょうか? 今回、就活経験のある社会人男性約200人から意見を集めてみました。

■就活のときの男性におすすめの髪のまとめ方・髪型を教えてください。

●就活のときのおすすめ髪型1 おでこ出し

・さわやかな印象を与えるから(27歳/アパレル・繊維)
・清潔感が出て、第一印象が良くなるから(27歳/人材派遣・人材紹介)
・快活な印象を相手に与えるから(26歳/機械・精密機器)

●就活のときのおすすめ髪型2 短髪

・誰でも好印象になる(25歳/団体・公益法人・官公庁)
・短いほうが清潔感がある(26歳/医療・福祉)
・スッキリした印象が出せるから(28歳/学校・教育関連)

●就活のときのおすすめ髪型3 短めの耳が見えるスタイル

・耳が隠れてしまうくらい長い髪だとちょっと、もっさりした印象を与えそう(25歳/マスコミ・広告)
・一番、爽やかに見えるため(27歳/自動車関連)

●就活のときのおすすめ髪型4 ベリーショート 

・清潔感や爽やかさが大切だから(25歳/情報・IT)
・ロン毛は爽やかさがない(26歳/機械・精密機器)
・清潔感をアピールできるから(25歳/機械・精密機器)

●就活のときのおすすめ髪型5 ツーブロック

・手入れが楽だから(27歳/団体・公益法人・官公庁)
・短いほうがセットも楽で、社会人で長い髪の人はいないから(24歳/建設・土木)
・刈り上げていたほうがサッパリしていていいかと(25歳/機械・精密機器)

●就活のときのおすすめ髪型6 坊主

・清潔感があり、覚られやすい(27歳/運輸・倉庫)
・髪の乱れを気にせずに済むから(25歳/機械・精密機器)

●就活のときのおすすめ髪型7 耳出し・前髪上げ

・耳が出ていて前髪が上がっていると爽やかに見えると思うから(26歳/商社・卸)
・短めでさっぱりしていたほうが印象がいいから(26歳/機械・精密機器)
・就活の講座で学んだため(25歳/機械・精密機器)

●就活のときのおすすめ髪型8 七三分け

・真面目に見えて、面接官に好印象を与えられると思うから(24歳/その他)
・清潔感を相手に抱かせることができそう(27歳/学校・教育関連)

男子の就活時の髪型としてもっとも多かったのが、ベリーショートにすべきとの回答。

ASCII.jp:富士フイルム不適切会計、原因はまたも「強すぎる海外子会社」 – ASCII.jp

富士フイルムHDの中核子会社である富士ゼロックスの、さらにコントロールしづらい海外支社で事件は起こった(写真は古森重隆・富士フイルムHD会長) Photo:Masato Kato、123RF

 東芝に続き富士フイルムホールディングス(HD)も決算延期だ。背景には二重のガバナンス問題が透ける。

 ニュージーランドの関連会社の過去決算を第三者委員会で調査するため、通期決算発表を延期。「海外子会社の不適切会計」「決算延期」という東芝と同じキーワードで失望売りが殺到し、株価は一時5カ月ぶりの安値に落ち込んだ。

 事件の発端は、2015年9月に子会社の富士ゼロックスのニュージーランド子会社(FXNZ)で内部告発があったことだ。

 複合機のリース時には、機器代金と保守代金をまとめて売り上げ計上し、実際の資金回収は利用状況に応じて顧客から受け取る手数料で行う。ところが15年以前の数年間、実際に回収できる額より過剰な金額を計上していたことが、その後の富士ゼロックスの社内調査で判明した。その後、16年に現地報道で事態が広く知られ、追訴には至らなかったもののSFO(重大詐欺捜査局)など国家機関も調査に動く騒ぎとなった。

 監査法人からの要請もあり、17年3月にHDで社内調査チームを、さらに今回第三者委員会を設置して調査を行う必要に迫られた。これが一連の顛末だ。

 東芝の不正会計では担当の監査法人の責任も問われた。HDの監査を担うあずさ監査法人が、前任の新日本監査法人が不問に付したFXNZの問題を再度俎上に載せ、さらに第三者委員会の立ち上げにまで踏み込ませたのには、こうした背景もあるだろう。

ガバナンス不在が露呈

 今回の事件は富士フイルムHD内の微妙なガバナンス構造を浮かび上がらせる。

 FXNZは米ゼロックスの英子会社が母体で、設立は1960年にさかのぼる。一方、ゼロックスと富士フイルムの合弁で富士ゼロックスができたのは62年のこと。「オセアニアは長くゼロックスのテリトリーだった」(HD幹部)こともあり、ゼロックスが源流のFXNZを、後から親会社になった“新参”の日本企業である富士ゼロックスがグリップできなかった可能性がある。

 同様のことがHDと富士ゼロックスの関係においても言える。15年に孫会社のFXNZで発覚した事件がHD案件となるまでに2年を要したが、「富士ゼロックスから情報が上がってこず、事件を把握したのは(報道があった)16年ごろ」と前出の幹部は明かす。

 というのも、富士ゼロックスはHDの連結営業利益の約50%を稼ぎ出す“強過ぎる子会社”であり、親会社がガバナンスを利かせにくい微妙な力関係にあるのだ。

 問題の本質は「数年間で累積220億円の損失」という額ではない。海外、そして子会社をいかに統治するかという、グローバル企業なら「当たり前」の経営力の有無が問われている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら



カテゴリートップへ

中小資金調達に新たな手法 株式投資型クラウドファンディング、わずか3時間半で上限達成 (1/2ページ) – SankeiBiz

 非上場株式を発行して個人投資家に出資を募る株式投資型クラウドファンディング(CF)が好スタートを切った。4月下旬に募集があった第1号案件では、開始からわずか3時間半で上限応募額に達した。インターネットを通じて、多くの人から少額ずつ集める手法が浸透すれば、金融機関の融資が中心だった中小・ベンチャー企業の資金調達に新たな道が開かれる。

 第1号案件では請求書データ共有サービスを提供するBank Invoice(バンクインボイス、東京都中央区)が1株40円、上限応募額1500万円で出資を募った。8日は、応募した89人のうち売買契約が成立した87人からの入金が始まり、総額1460万円を調達する。1人当たりの投資額は17万円弱だった。

 バンクインボイスと投資家をつなげたのが、株式投資型CFの運営業者として昨秋に日本で初めて登録された日本クラウドキャピタル(同品川区、JCC)。自社で開発した株式投資型プラットホーム「ファンディーノ」を活用した。

 バンクインボイスは、目標額500万円は紙やPDFで送付していた請求書をクラウド上で相手先企業と共有するシステムの改善に充当すると説明。上限応募額の達成時には、海外特許出願手数料に800万円、セキュリティー対策費に200万円を使うとしていた。

「2カ月に1件程度のペースで募集をかけていく」

中国はなぜ東芝メモリを買いたかったのか – WEDGE Infinity

シリーズ「東芝メモリを買ってほしいところ、買ってほしくないところ」

2017年5月9日

»著者プロフィール

閉じる

湯之上隆 (ゆのがみ・たかし)

微細加工研究所所長

1961年生まれ。静岡県出身。京都大学大学院(修士課程原子核工学専攻)を修了後、日立製作所に入社。以後16年にわたり、中央研究所、半導体事業部、デバイス開発センタ、エルピーダメモリ(出向)、半導体先端テクノロジーズ(出向)にて、半導体の微細加工技術開発に従事。2000年に京都大学より工学博士授与。現在、半導体産業と電機産業のコンサルタントおよびジャーナリスト。微細加工研究所所長。著書に『日本型モノづくりの敗北 零戦・半導体・テレビ』(文春新書)など。

[執筆記事]

 中国の武漢にあるXMCは、2020年までに240億ドルを投じて月12インチウエハで月産30万枚の3次元NANDフラッシュメモリの大工場を建設中である。XMCは紫光集団の傘下に入り、2030年までに月産100万枚の規模に工場を拡張する計画を発表した。


 その紫光集団は、東芝メモリの1次入札前に2.4兆円の買収金額を準備したと報じられた。しかし、日本政府が外為法違反を持ち出してきて、中国や台湾に業による東芝メモリの買収を阻止する意向を見せたため、紫光集団は応札を取りやめた。


 紫光集団の趙偉国董事長は、「市場経済を標榜しながら、実際はこれに制限を加えている国家がある」と日本政府を批判し、東芝メモリへの出資は「入札価格を引き上げる道具にされるだけだ。エネルギーを無駄にする価値はない」と切り捨てた。その上で、「中国(の半導体)が世界に追いつくのは時間の問題だ」と自信を見せ、いずれ中国が世界のトップになることを言外に匂わせた(日経新聞4月25日)。


 なぜ中国は、半導体に注力するのか? また、デジタル家電、液晶、太陽電池などは、中国が猛威を振るっている。にもかかわらず、これまで中国の半導体が鳴かず飛ばずだったのはなぜか? そして、低空飛行を続けてきた中国半導体産業は、今後、どのようになると予測されるか?


中国の紫光集団のとんでもない半導体計画


 紫光集団傘下のXMCが3次元NANDに参入し、着々と立ち上げを進めている。しかし、XMCは紫光集団が計画している半導体計画の氷山の一角に過ぎない。米半導体業界誌の吉田順子記者によれば、紫光集団は2020年までに、以下の半導体工場を建設する予定である。


①武漢のXMCに、240億ドルを投じて、月産30万枚の3次元NAND工場を建設する

(この工場は、2030年までに月産100万枚に拡張すると発表している)

②南京に、300億ドルを投じて、月産30万枚のDRAMまたは3次元NAND工場を建設する

③成都に、280億ドルを投じて、月産50万枚のファンドリーを建設する

 (ファンドリーとは、半導体製造専門の工場のことである)


 これらを合計すると、紫光集団は、2020年までに、820億ドルを投じて、月産110万枚の半導体工場を建設するということになる。


 これがどれほどとんでもない計画であるかは、台湾TSMCと比較すれば一目瞭然である。1987年にモリス・チャンCEOが設立したTSMCは、その後30年で世界最大最強のファンドリーに成長した。毎年1兆円規模の投資を行い、約40%の営業利益率を叩きだすTSMCは、世界のファンドリービジネスの60%を独占し、近年は微細加工技術でもインテルを凌ぐ勢いである。


 そのTSMCは、43,591人(14年末時点)の社員がおり、12インチウエハ換算で月産75万枚の生産キャパシティがあり、半導体売上高は1位インテル、2位サムスン電子に次ぐ3位が定位置となっている。


 ここで、紫光集団が成都に建設する予定のファンドリーに目を向けてみよう。2020年までに月産50万枚規模のキャパを建設すると言うことであるが、これは、TSMCが30年かけて築き上げてきたキャパ75万枚の2/3に相当する。それを紫光集団は僅か数年で構築すると言っているのである。

つぶやきで株価急変予測 日生、AIによる投融資判断を検討 – SankeiBiz

 日本生命保険は8日、ツイッターの書き込みなどを人工知能(AI)で解析し、特定の企業の株価急変を予測するシステムの構築を目指すことを明らかにした。インターネット経由で株価を揺るがす情報が短時間に拡散する時代になったことから、最新技術を駆使して投融資の判断の高度化に取り組む。AIによる株価変動の予測を投融資の判断に実用化できれば、生命保険業界で初めてのケースになるとみられる。

 4月に運用部門に発足したITの活用法を検討するチームで実証実験を行った上で、今年度中に実用化について判断する。

 まずは約3500社の上場企業を対象に、過去1年間にツイッターやブログに書き込まれた情報のほか、過去5年分の有価証券報告書などの財務情報の中から、株価に影響するキーワードを抽出する。最終的に、キーワードの使われ方に応じて企業ごとの点数をつけ、株価の騰落リスクを可視化する仕組みを目指す。

 株式の運用をめぐっては、ツイッターなどSNSの普及で、情報が拡散するスピードが速くなったほか、高速取引も増え、株価が急変するリスクが高まった。北朝鮮情勢の緊迫化など、海外発の不確実性も増している。同社では今後も運用担当者が最終的に投融資を決めるものの、AIを活用することで、より素早く正確な判断ができる体制を整えたい考えだ。