世界の小売業ランキング2015、Amazonが初のトップ10入り



世界の小売業ランキング、Amazonが初のトップ10入り
ITmedia ビジネスオンライン 4/4(火) 14:47配信

 デロイトトーマツコンサルティングは4月4日、全世界の小売企業の2015年度の売上高上位250社をまとめた「世界の小売業ランキング2017」を発表した。トップ3は昨年と変わらずWal-Mart Stores、Costco Wholesale、The Krogerが占めたが、Amazon.comが調査開始以来初のトップ10入りを果たすなど、新たな勢力の伸びも見られた。

 上位250社の総小売売上高合計は4兆3100億米ドル(約476兆円)、平均小売売上高は172億ドル(約1兆9000億円)、10~15年度における小売売上高の年平均成長率は5.0%だった。

 トップ10のランキングと15年度の売上高は以下。

1. Wal-Mart Stores 4821億ドル
2. Costco Wholesale 1161億ドル
3. The Kroger 1098億ドル
4. Achwarz Untemehmenstreuhand 944億ドル
5. Walgreens Boots Alliance(旧Walgreen) 896億ドル
6. The Home Depot 885億ドル
7. Carrefour 848億ドル
8. Aldi Einkauf GmbH 821億ドル
9. Tesco 810億ドル
10. Amazon.com 792億ドル

 トップ250入りした日本企業数は30社で、前年の28年からは微増。国内企業でトップ100に入ったのは、イオン(14位)、セブン&アイホールディングス(20位)、ファーストリテイリング(67位)、ヤマダ電機(70位)、三越伊勢丹ホールディングス(90位)の5社だった。



 デロイトトーマツコンサルティングは、2017年の小売業のトレンドを「質の良いモノを少しだけ」「(芸能人やブランドの)『フォロー』による経済」「世界におけるリテライゼーション」「オンデマンド・ショッピングとフルフィルメント」「エクスポネンシャルな(指数関数的に成長する)生活」と分析している。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す