楽天・立花社長、星野さん死去に「献花台の設置」検討 ファンの要望多数 – Full-Count

楽天の立花陽三代表取締役社長は星野仙一取締役副会長が死去したことを受け、献花台の設置を検討していることを自身のツイッターで報告した。

北京五輪では日本代表監督を務めた星野氏【写真:Getty Images】
北京五輪では日本代表監督を務めた星野氏【写真:Getty Images】

正式決定後に球団公式サイトで詳細発表へ

 楽天の立花陽三代表取締役社長は星野仙一取締役副会長が死去したことを受け、献花台の設置を検討していることを自身のツイッターで報告した。

 立花社長は「ファンの皆さまから、星野さんとお別れする場を設けてほしいというお言葉を多数いただいております」と報告。「献花台等の設置を検討してますので、決定次第、球団WEBサイトで発表します。よろしくお願いします」と綴った。

 また球団公式サイトでも「現在球団では、献花台の設置等も含め、お別れの会を検討中です」とし、詳細は決定後に同サイトで発表するとしている。

 星野氏は膵臓がんによる闘病生活の末に70歳で死去。その早すぎる死に追悼の声が続々と寄せられている。

(Full-Count編集部)

‘); return; } mv_rand = mv_rand – LOGLY_RATIO; if (mv_rand “+”ipt>”); document.write(“

豊田達郎さん死去 元トヨタ自動車社長 – 北海道新聞

 元トヨタ自動車社長の豊田達郎(とよだ・たつろう)氏が2017年12月30日午後7時20分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。88歳。名古屋市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻絢子(あやこ)さん。後日、お別れの会を開くが日時などは未定。

 トヨタ創業者の故喜一郎氏の次男で、トヨタ名誉会長の章一郎氏の弟。現社長の章男氏はおいに当たる。1953年東大工学部を卒業後、トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)に入社。その後米国に留学した。

 82年にトヨタ自販とトヨタ自動車工業が合併して誕生した現トヨタの常務に就任。米GMとの合弁会社の初代社長にもなった。

トヨタ元社長、豊田達郎さん死去 部品共通化など進める – 朝日新聞

 トヨタ自動車は6日、元社長の豊田達郎さんが2017年12月30日に肺炎で亡くなったと発表した。88歳だった。葬儀は近親者で行った。喪主は妻絢子(あやこ)さん。連絡先はトヨタ自動車トヨタインスティテュート(0565・28・2121)。お別れの会を後日、開く予定。

 「発明王」豊田佐吉の孫で、トヨタ創業者、喜一郎の次男。現在の豊田章男社長はおいにあたる。副社長などを経て1992年に社長に就いた。兄の現名誉会長、章一郎さんの後任だった。

 社長時代にはバブル崩壊による販売低迷や新車開発の費用膨張を背景に、部品の共通化などでコスト削減を進めた。日米自動車摩擦の解消にも取り組んだが、95年2月に高血圧症で倒れ、同8月に社長を退任した。

トヨタ元社長の豊田達郎氏死去、米市場開拓に尽力 – 日本経済新聞

 トヨタ自動車元社長の豊田達郎(とよだ・たつろう)氏が2017年12月30日午後7時20分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。88歳だった。連絡先は同社トヨタインスティテュート(元秘書部)。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、絢子さん。

トヨタ自動車元社長の豊田達郎氏

 愛知県出身で、父はトヨタ創業者の豊田喜一郎氏、兄は名誉会長の章一郎氏。

 1953年に東大工学部を卒業し、トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)に入社した。84年には米ゼネラル・モーターズ(GM)と設立した合弁会社の初代社長に就任し、米国市場の開拓に尽力した。88年にトヨタ自動車副社長になった後、6代目社長の章一郎氏の後任として92~95年に社長を務めた。

 バブル経済の崩壊や円高の進行という厳しい経営環境に直面するなか、原価低減を積極的に推進した。高血圧症で長期入院を余儀なくされ、95年に社長を奥田碩氏に譲って副会長に就いた。92年に藍綬褒章、99年に勲一等瑞宝章を受章した。